野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月最後の土曜日の散策。
しばらく前から超藪化して通れなかった、梵字川の突き当りから降りる河川敷の小道。
この日も期待せずして行ったら、なんと誰かが道を切り開いていてくれた。
誰だろう? 奇特なヒトがいたもんだ・・・・・と、気付いた。
そうか、カニ籠漁の季節か。
見れば数メートル置きに籠が沈められている、掛ってるかどうかまでは見れんかったが。

久しぶりにくぐった鉄橋、その位置から見る梵字川・・・・・ん? なんか様子が。
なんと堰堤下の水量が減っているではないか、岩見川の水門開けたのかなぁ。
そういえばこの時期と思い出す、ウグイの堰堤ジャンプ越え、見れるかな。


100925 梵字川のライズ1

  さすがに堰堤での滝登りジャンプは見れませんでしたが、
  堰堤から下のせせらぎでは、盛大にライズが始まっていて。
  しかしなんでこんなにビチビチ跳ねまくってるんだ?


100925 梵字川のライズ2

  ウグイたちなのかなぁと思ったものの、例の特徴的な赤みが見られない。
  とはいえ他に思いつく魚もいないし、きっとウグイなんだろう。

  
100925 カワセミ
 
  近くの枝では、カワセミ君が虎視眈々w


100925 梵字川のライズ3

  場所を替えてライズを見ていると、川床の黒い影がゆらりゆらりと形をかえて移動する。
  そしてライズは、その影の上で盛んに行われていた。
  そう、この黒い影とは、魚の群れ。
  まるで水族館で見る鰯の大群のような密な群れから、弾き飛ばされたかのように次々とライズが起こっていた。
  ・・・・・あぁ、投網ができたら大漁だったろうなw



100925 不明種1

  その場所の、岸に生えたおおきな樹の上に、何か見慣れぬ小鳥さんが飛んできて。
  遠目に見てホオジロかな、でもモズちんも鳴いてたしなぁ。
  何だか判らないまま、近づいてみる。


100925 不明種2

  ・・・・・近づいたところで、サッパリ判らん。
  一見ハクセキレイ若にも見えるけど、行動様式というか仕草は全く別物。
  大きさはホオジロくらい、左右に振る頭の動きはカシラダカちっくw
  一体、誰なんでしょうかねぇ。


この日の散策の最後、スゴイモノを見ちゃいました。
家も程近くなり、近所の家の庭。
急にヒヨたんたちが騒ぎ出し、ハクセキレイも慌てたように飛び出した。
一体何が起きたんだ? と見ていたら、大きな白茶けた鳥が。
なんと、オオタカがヒトん家の庭でヒヨドリを縦横無尽に追っかけまわしてました。
田舎基準では大して広いともいえない庭で、狩り。
オオタカも逞しく生きてるんですね(シッパイしてましたけど^^;)。
  
  
スポンサーサイト
土曜日が休出だったため、またしても週休一日だった先週末。
前の日寝たのは9時過ぎだというに、起きたら7時、それでもまだ眠い。
だけどどうやら外は晴れ、こりゃ散策に出なくちゃ、と。

風はほとんど無く、梵字川の水は先日の大雨で増水中。
合流点の近くの広い淵となったところ、その葦の茂みに漂流ゴミが溜まった場所に、


091108 サケの死骸

  サケの死骸が。


季節柄、もう来てるのは分かってたんですけどね。
なかなか休みと天気が合わず、実際に梵字川で見つけるのはこの日が初めて。


091108 サケ1

  梵字川の堰堤(段差)の上には、サケの姿が。
  増水中の梵字川は、堰堤の段差もなくなって登りやすかったんだろな。


そこから視線を真っ直ぐ対岸に、


091108 サケ2

  やはりサケの姿、しかもカポー。
  堰堤の上は水流の影響で川床が砂利敷き、サケの産卵にはうってつけ。
  体を寝かせ、ニンゲンでいうところのバタ足で、一生懸命に産卵床作り。
  しかし増水した川は水の流れも速く、バシャバシャしてる間に自身が流されて行きますw


そうして何度かバタ足を繰り返し、出来た産卵床。
そして、小刻みに震えて、産卵。
サケが産卵している瞬間を、初めて見ました。


091108 サケ3

  産卵した瞬間から、集まってくるウグイの群れ。
  せっかく生んだ卵を獲られまいと、追い払いつつ急いで砂利を被せにかかるサケ。
  二匹の協同作業は、見ていて心の裡に迫るものがありました。


このあと彼らは、どれくらい生きて我が子達を守れるだろう?
彼らが守った子等が川を降り、ふたたび還るその日まで、
梵字川はその姿を変えることなく、在り続けていられるのだろうか。
増水して濁った水の下のあちこちで、ヒトには見えないだけで沢山のサケたちが
次代に命を託す行為をしていればいいと思った、今年のサケの季節。
ちょうど一週間前の、お話もういっこ。


オトシブミ(仮)さんの災難を見届けた(?)あと、ふと立ち上がると・・・・・。


090628 キクスイカミキリ

  俺のワイシャツに、キクスイカミキリさんが。
  おーい、どっから来ていつのまに留まったんだ~?


相変わらずちっこいなぁとマジマジ見てたら、うろうろし始める。
・・・・・さっさと飛んでいかんか。
まぁそのうち飛ぶだろうしと、そのままくっ付けて歩くw
前の週にコイたちを見た辺りには、


090628 コイ1

  まだ居ました。
  

前に確認したあと雨が降って、遡上したコイはさらに数を増やし。
見てるとぞくぞく昇っていきます。


090628 コイ2

  しかし手前のコイ、なんだか模様が変だなぁ。
  もしかして・・・・・マゴイじゃない!?


090628 コイ3


  このコイたちよりもちょっと上流、3・4メートルくらいのところ、
  そこはコイの溜まり場・・・・・というかむしろ盛り場w
  なにせさらに上流からドンブラコと流れてきたカルガモにぶつかり、
  びっくりして飛び立つカルガモ、その後は川が騒乱状態でバシャバシャ鯉大暴れ。


090628 コイ4

  そんな3・4メートル先の騒擾にも乗らず、こちらはノンビリ。
  並ぶとよく判るその違い・・・・・もしかして手前の、鏡鯉(ドイツ鯉)
  ウロコの並びがまさしくそんな感じ、まさか俺の子供時代に見たヤツの生き残りか。
  なんとも逞しいヤツラだ。


コイを見たあと、さらに進むと、ばあちゃん家の集落の人たちが集団で現れた。
どうやらこの日はムラの草刈の日だったらしい。
あとで晩飯を食いにきた伯父に聞いたら、草刈を始めたら川にコイが沢山。
それも手づかみで捕り放題な感じだったので、
草刈そっちのけでみんなで川に入ってコイ捕りしたそうなw
捕まえたコイはそのまま魚屋行き、捌いてもらって草刈後の打ち上げで刺身にして食ったとさ。
・・・・・え、コイのサシミって・・・・・・皆さん腹、大丈夫だったんだろか。
そんでもって、あのドイツ鯉も食っちまったんだろか・・・・???
昨日上梓の記事から、ちょっと遡って。

土曜日の散策。
寝坊したせいで、すでに気温が上がってきている中を歩く。
梵字川の土手道を、先輩の家の裏まで来たときだった。


090620 コイ1

  ふと川面を見下ろすと、コイ
  そうかー、コイが上がってくる季節になったか。


090620 コイ2

  梅雨なのに全然雨が降らないせいで、水量はいつもより少ない。
  そんな浅くなった川、勢いつければ飛び越せそうな狭い川に、
  丸見え状態で、コイ。


090620 コイ3

  こちらはどうやらカポーらしい、大きい方は50cm弱、小さい方は40cmくらいか。


090620 コイ4

  コイたち、この時期になるとよく梵字川で見られるんだけど、
  きっと産卵のためにわざわざ岩見川から上がってきたんだろな、あの堰堤を越えて。


そういえば、梵字川はコイ釣りの隠れた名所。
堰堤の下の川幅が広がったあたりは、さぞや釣り人たちが入ってるに違いない・・・・。
と思ったら、この日は全然居ず。
かわりにコイたちはウジャウジャいましたけどね、あ、見えるのは釣れないのか。


090620 コイ5

  残念なことに、今年はあの黄金のコイを未だ見ず。
  あいつみたいに1m級なのは居なかったけど、殆どが50cm弱クラスのコイたちばかりでした。


水量が少ないせいで、登るにはキビシイ程度の段差ができてた梵字川の堰堤。
空梅雨のようなお天気も、今夜これからまとまった雨量が望めそうという。
少しはコイたちも、遡上するのがラクになるのかな。
梵字川の土手道は、線路にぶち当たるところで唐突に終わる。
そこからは川岸に下りて鉄橋をくぐり、合流点へと向かうわけだ。
そのちょうど川岸へ降りた地点、川が緩やかなカーブを描く場所。


081108 ウグイの群れ

  葦の隙間から川面を覗くと、ウグイの群れが見えた。
  その数、見えるだけで2・30匹くらいか。
  けっこうの数が頻繁に水面へ顔を出し、なにかエサとなるものを捕らえているようだ。


081108 ヤマメ

  その群れには、ヤマメも混じってた。
  ウグイは個体の大きさがまちまちなのに (10~20cmくらい)、
  なぜかヤマメは皆、ほぼ同じ15cmくらい。


081108 ヤマメとウグイ

  まだ幼い個体たちだからだろうけど、ウグイとヤマメが一緒に群れなって泳いでるのって面白いw
  彼らの群れを見かけるたび、フライやりてぇ~と思うんだけど・・・・・。
  見える魚は釣れないっていうからなぁ (´・ω・`)


記事とは全然カンケーありませんが。
1ヶ月ほど前から秋田では、日曜の昼間に 「たかじんのそこまで言って委員会」 って番組をやってます。
ネットではよく噂になって気になってた番組、今は毎週タノシク見てるわけですが。
その番組でこないだの日曜日、水木一郎氏が出たんですよ、ヒーロー物の主題歌とか歌う。
で、彼の歌った歌・・・・イントロ聴いてピンときた! ネイガーじゃん。
そう、彼の持ち歌?には、「豪石超神ネイガー」 の主題歌があるわけで。
その・・・・替え歌を披露してくれましたw
番組によると、なんでも替え歌を流す際に相当の苦労があって、「ネイガー」 に行き着いたとか。
さてはて、あの流れた曲の元歌を、全国のいったいどれだけの人が知ってるんだろう?
見た/聞いたヒト、居ますかねぇ。

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。