野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連休明けて、すでに3日。
あれしとけばよかった、これもしとけばよかった、とちょっと充足感の足りなかった連休と反省。
まぁ過ぎてしまったものはしかたがない、週末までがんばりますか。


その、連休後半は、みどりの日。
今年初のワラビをゲットした、散策の戻り道のこと。
梵字川のブロック護岸の上を歩いていると、脇の草むらにデッカイ野○ソが。


110504 シマヘビ黒化型1

  と思ったら、ヘビ。
  それもシマヘビ・・・・・・やたら黒い。
  いわゆる「シマヘビ(黒化型)」というやつですかね。


110504 シマヘビ黒化型2

  もちょっと寄ってみた。
  そばにいるもう一匹のシマヘビ、こちらはやたら白い。
  白黒2匹して、なにしてるんすかね。


じつはこのとき、うっかり写真には撮らなかったけど、
1mくらい離れた場所にもう一匹、それが赤いのなんの。
白黒赤と三色揃い踏みのシマヘビ君たち、どうしてこうも色の差異がでたんでしょうかね。


110504 シマヘビ黒化型3

  白いシマヘビ君には早々に逃げられたので、黒化型さんをターゲットに。
  なんと、シマヘビといえば赤いオメメが特徴的なのに、
  黒化型は目も黒いんですね。
  そして、チロチロ出してた舌も、真っ黒でした。


110504 シマヘビ黒化型4

  手を出したら、さすがに逃げられました。
  体の後ろ半分は縞も見えず、真っ黒。


110504 シマヘビ黒化型5

  まぁ逃げても、俺は追っかけるんですけどねw
  存分にその黒さを見せてくれたあと、やれやれという感じで穴に潜っていきました。
  真っ黒クロスケ君、ありがとー。  


そういえばあの震災から、ちょうど2ヶ月の今日。
季節はずいぶんと暖かくなりました。
時の経つのは早い、だけどじりじりと時の過ぎるのを待っている人たちもいる。
この春の陽気が、辛く強張った皆の心の裡をも温めてくれることを、切に願う。
スポンサーサイト
土曜日。
山菜の下見がてら散策に出ると、土手道でスルスルと動く物体発見。
わおっ! と見たら、シマヘビ君。
この日は風が強かったものの、気温は朝から高め。
そうか、ヘビも出てくる気候になったんだなぁ。


110423 シマヘビ1

  しばらく歩くと、またもシマヘビ君。
  こちらは微動だにせず、温まったススキの枯葉の上で日光浴?
  さてどこにいるか、判るかな。


110423 シマヘビ2

  珍しく逃げてかないんで、近づいてみた。
  赤い艶やかなオメメが、とってもキュート。


110423 シマヘビ3

  左に寄ってみて、さらに近づいてみた。
  と、このあとさすがに逃げられ・・・・・シッポを踏んで確保しようとする俺w
  だがしかし、シマヘビ君ものすごい力で前進しシッポを靴の下から抜こうとする。
  手足もないのに、どうやって踏ん張ってるんだ?どうしてそんなに力が出るんだ?
  なんだか申し訳なくなって(というかシッポ千切れたらコワイので)、足を上げ逃がしてやりました。
  ごめんよー。
・・・・・すごい雨。
おかげであの暑い日々は何だったのか、というくらいに涼しいんだけど。
この雨のせいで今日予定していたイベントも、ちょっと残念なことに。
まぁそのハナシは後日にでも、本日はこないだの週末のお話です。


日曜日の散策。
岩見川の土手道から、親父たちの墓所を通り抜けて農道へ。
砂利敷きの道を歩いていると、何か小さな小さなモノがチョロチョロ走ってた。


100905 カナヘビ1

  さて、どこに居るか判るかな。


100905 カナヘビ2

  そう、カナチョロことカナヘビ君。
  しかもこれまで見たヤツでは最小、へぇ~こんな小っこいの初めて見つけたよ。


100905 カナヘビ3
 
  すばしこくて全然捕まえられないんだけど、なぜか接写だけはさせてくれるw
  小さいだけあって、まだまだオコチャマ顔だね。


100905 カナヘビ4

  そして上から見ると・・・・・頭デッカw
  眼の部分が盛り上がって、まるで何か違う爬虫類のよう。
  はやくその幼児体型から卒業して、立派なオトナになれよ~。


さて今日の雨、明日も降るという・・・・・家から出られないんか。
ま、いいかな、ネットで大人買いしちゃったコミック、ちょうど着いたとこだしw
たまには部屋でのんびりと、朝寝なんかも楽しんでみようかなぁ。
  
本日、東北も梅雨明けしました!
ってか、早すぎるし。
え、もう? ってな感じ、まだまだこれからが本格的な降りになるハズ、って思ってたし。

そんなわけで(?)、週遅れになってしまいましたが、先週の土曜日のハナシ。


(本来)梅雨の今の時期、世間では草刈が大はやりである。
梵字川の河川敷(住宅地限定)、道路の路肩、田んぼの畦なんかもう、とにかく草刈しまくり。
それにはもちろん理由があるわけで、おかげで俺も散策がラク。
なにせ藪を漕がなくてもいい、歩きやすいし(そんなに)汚れなくなる。
梵字川と岩見川の合流点は三角地帯、その内陸側の縁も、田んぼに沿って草刈がされてあった。


100711 マムシ1

  そんな、草刈されて見えてしまったのか、あらぬことに野グソが。


100711 マムシ2

  と思ったら・・・・・あ、アイツか!


気付いたのは、あと一歩先踏み下ろせば、という位置まできて。
そういや以前会ったとき、アイツは大人しかったよなぁ、
いやあのころは知らなかっただけだろ、今は流石に・・・・・。
なーんて思いがめまぐるしく駆け回る。
そうこやつ、マムシでした。


100711 マムシ3

  そして今回はというと、けっこう活発(?)なお方のようでして・・・・・・。
  動きが機敏、ってか俺キケン。
  半歩下がろうか、しかしコイツを超えていかないと俺帰れないし。
  そんな迷いの動きが、どうやらヤツを刺激したもよう・・・・・どうみても俺に向かって動いてくる(汗
  と、マムシは確実に俺に向かってきてるのに、体がどんどん見えなくなっていく。
  どうやら、地面の隙間(穴)に潜っていったようでした、ほっ。
 

そういや今年は冷夏、なんて予報も少し前にはあったはず。
・・・・・連日暑いんですけど。
なんだか予想通りには進まない、今年の気候。
くっそー、毎日々々セミがウルサイ!
俺におけるイシミカワやノブドウの苦手度なんか、
こちらを嫌いな方に比べたら、屁みたいなものかもしれない・・・・(特におふくろw)。


連休は月曜日の散策。
曇ってはいたものの、ときおり薄日の差す陽気。
梵字川の土手道、路肩の葉の上にドバミミズ(太っいミミズのこと)が、くねってた。


090921 カナヘビ

  と思ったら、カナヘビの子っこ。
  いや~、マジでミミズと思ったぜ^^;


土手道を鉄橋との突き当りから降り、川岸の藪を漕ぐ。
・・・・・・誰も通らんのだろうな、ホントに藪。
鉄橋をくぐり、ようやくブロック護岸の上にたどりつく。
と、


090921 ヤマカガシ1

  ヤマカガシが、日向ぼっこをしているトンボ狙いで這い出てきた。


そのヤマカガシ、もちろん俺にも気付いたわけで。
さてトンボを獲ろうか、逃げようかと・・・・・・なんとバックした!
ビックリですわ、ヘビってバックできるんだねー。
あ、ここでいうバックとは、体をくねらぜて縮んで引っ込むってことじゃないですよ、
体は直線にしたまま、後退するというか・・・・どういう仕組みなんだ?
まぁそれでは逃げ足も遅くなるので、


090921 ヤマカガシ2

  最終的にはUターンしていきましたけどね^^;
  ちなみに狙われてた当のトンボさん、
  ヘビの方は先に逃げちゃったのに、俺が至近距離に来るまで飛び立とうとはしませんでした。
  ヘビに狙われてたこと知ってんのかな、それとも竦みあがってて動けなかったんだろか。
  ともあれ、俺はかのトンボさんの命の恩人、ヒーローかもしれないw
   (ヤマカガシには申し訳ないが^^;)


気付けば明日は、もう10月。
今年も残り、3ヶ月ですね。
夏が来なかったのに、もうすぐ雪の季節かと思うと・・・・・。
いや鳥さんの楽しみがあるかと思えば、冬も苦にならなくなったかな。
しかし・・・・とはいえ今朝は寒かった。
しばらく前から「どんぶく」(綿入り半纏)を着てるんですが、さすがに今朝は寒くて、
出勤のとき車にヒーター入れましたからねw
あ、もちろんまだ部屋ではストーブなんか焚いてませんよ、今からそれじゃ真冬なんか耐えられませんから。
でも・・・・さすがにそろそろ扇風機、仕舞おうかな^^;

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。