野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年の後半あたりから、そろそろかな、なんて思ってた。
今の機種を買ってまる5年、その5年の間にケータイはどんどん進化し。
なのでいざ機種変しようと思っても、その進化に追いつけてない俺は、ただ???なばかりでいた。

それから数ヶ月、連休の初日。
店頭でブツを品定めし、パンフを家で吟味し、ネットでレビューを漁りまくり。
翌2日目、ラッセル散策から戻って、そして決心。


110108 山ほどガイドブック

  ということで、買ってまいりましたおニューの携帯電話。
  スマホも憧れたけど、多分俺は使いこなせない^^;
  それにスマホはまだ発展途上で不安あり、しかも月々の料金形態高いし。
  なので、ベタなケータイを。
  しかしイマドキのケータイは、ガイドブックが沢山あるなぁ・・・・・・読んでもワカランからスルー。
  

110108 携帯を開く

  で、買ってきた機種は、N-02C。
  今までのもNだったし、そのニューロポインターが決め手で今回もN。

  
110108 ボタンイルミ

  ボタンのイルミも思いのほか綺麗、今まで白ばかりだったけど、今回黒にしてヨカッタかも。
  

110108 画面

  画面は前のよりデカイ、当然。
  だがしかし・・・・・このヒツジは何だ? うざい。
  なので即行で?コンシェル解約(購入時の必須で付けられていた)。
  そして速効でお気に入りの壁紙を(何かはナイショw)。


110108 マイクロSD4ギガ

  付属品として、microSD 4GBと、


110108 景品

  ヒツジのストラップ、それになぜかドコモダケのトランプ。


ここにきて、取扱説明書が見当たらないことに気付く。
何冊もあるガイドブックはしっかり持たせたのに、機種専用のマニュアルを忘れたのか?
そう思って、購入店に電話してみると・・・・・・。


110108 取説

  「本体の箱の底に収納してあります」 と言われ、取り出してみるとあった。
  ってか、薄っ、小さっ。
  今まで分厚いテキスト本みたいだったのが、ここまでコンパクトになってるとは時代かなぁ。
  ・・・・・・これしかないのに、俺はそれ見てやってけるんだろか。


110109 携帯カメラから

  翌日、屋根の雪下ろし中。
  画素数が千万画素を超えて、俺のデジカメの2倍以上というから、
  どんなものかと思って試し撮り。
  いまいち使い方が解からないまま、メールでPCに飛ばして載せてみた。
  ・・・・・・俺の扱い方が間違ったのか? それほど綺麗ではないような。


5年半ぶりに携帯電話を新しくしてみたものの、
その間の進化に振り切られている俺が、はたしてどれだけ使いこなせるものやら。
ここで “このケータイは、これこれこういうスグレモノ” と説明できていない状態からして、
先が危ぶまれる、俺のデジタルライフである^^;

そしてあれから、一週間。
モード(web)はさんざん弄んではいるものの、それ以外の機能は未だにサパーリ。
ま、通話とwebさえできれば、いいかなw
スポンサーサイト
100807 すのこTV台

  皆さん覚えているだろうか、
  6月の始めころ、すのこで “かませでぇぐ” して、オリジナルTV台を作ったことを。
  それがようやく、役に立つ日が来ました。


思えば2ヶ月、せっかく作ったTV台なのに、
本来の役目を果たせず、ただ単なる物置棚と化していた。
だがどうしてもお盆前にはニューテレビが欲しい、そしてすのこTV台には本業に戻っていただきたいw


100807 AQUOS32インチ

  というわけで土曜日、どうせ盆前の買出しで忙しくて散策にも行けないしと、
  午後から時間をみつけて電器店へ。
  何がいいかとは考えず(ただソ○ー製だけはヤ)、見た感じ映りが綺麗なのを選んできた^^;


100807 すのこ台に乗せる

  さっそく台に乗せてみる・・・・・・で、でかい。


100807 包装を解く

  梱包をはがしてみた。
  お、いい感じ、大きさもピッタリじゃん^^
  しかし要らなくなったBSチューナーやらビデオデッキ、どうしようかな・・・・・。


100807 「かんたん!!ガイド」

  「かんたん!!ガイド」が入ってた、デジモノにはこれが無くちゃ始まらない(俺にとっては)。


100807 B-CASカードを入れる

  なになに? 「B-CASカード」を入れるんだな、って何だこれ。


このあと、電源確保のため急遽部屋の配線取り回しをし直し。
予定よりも大幅に時間がかかってしまった・・・・・しかし止めたらTVが見られない、頑張る俺。


100807 転倒防止ステー

  薄型TVはもちろん、薄いので倒れやすい。
  なので転倒防止はきちんと。
  こういうとき、すのこ台だと木製でネジ止めもラクだね~(自画自賛w)。


100807 設置完了!

  そしてスイッチオン!チャンネル設定も終了。
  おお、画面がデカイ! そしてなにより、音がイイ!


100807 説明書

  ここにきてようやく、説明書なんかを開いてみるw
  ・・・・・・解らん(´・ω・`)
  なんだかいろんな機能があるというのは分かった、だがそのどれだけを使うだろう俺。
  ふと、初めてデジカメを買ったときの困惑を思い出した。
  ま、いいや、そのうち必要になれば覚えるだろw


そんなこんなで、ようやく自分の部屋も地デジ化完了。
あとは・・・・・TVをゆっくり見るための、袖付き座椅子なんかが欲しいなぁ(部屋が狭くなるけどね)。
“かませでぇぐ”牛柄の奮闘記、後編です。

さて組み立てだ! と釘を出したのはいいが・・・・・・。
どうやって打ったらいいんだろう、いや金槌はある。
問題は、この立体的なものを打つのに支えとなるものがない、ということだ。
うーむ、じいちゃん家の木挽き台(モチロン手作り)が羨ましい、なにか代わるものはないか。
じー・・・・・・キラーン!


100605 脚を取り付ける

  小屋の中を見渡して、目に入った脚立、これだ!
  踏み台とすのこの間にモノをかませ、高さ調整。
  よし、これで無事に釘が打てるぞ。


100605 組み終わった脚

  で、脚の取り付け完了。
  俺の腕がいいのか(自画自賛w)、ガタツキはない。
  しかしこれだけじゃ、難だ。


100605 脚を支える横木をつける

  なので脚に、支えとなる横木を取り付ける。
  そしてその横木には、切り分けたすのこの余り板と、平板を差し渡す。


100605 下段の板を組む

  こんな感じ。


100605 横から見たの図

  脇から見ると、こんなふう。


ここまできたら、ほぼ完成。
あとは紙やすりをかけて、ささくれを削ったり角を丸くしたり。
削れた木の粉が舞い上がる・・・・・・うーんいい香り。
だって、


100605 素材はヒノキw

  なにせ、材料がヒノキですからw


完成品を小屋から家の玄関に移す。
すると、おふくろが出てきた。
    ――― あら、いいのが出来たこと。
         ちょっと、アタシにも何か作ってよ、すのこ買ってくるから。
かませでぇぐ牛柄、どうやら早くも1件受注してしまったようですw


100605 TVボード完成

  そして部屋に設置、そう今回作ったのは、TVボード。
  地デジ化に向けそろそろ新しいTVが欲しい、だがテレビ台がない。
  しかも市販のそれは、高いわりに気に入るものがない。
  ならば作っちゃえ! というわけだったのさ^^
    ※注 すのこは桐製だとヤワすぎてNGです、ヒノキ製のがオススメですよ。
  どうです、 市販品の半額のお値段で、しかも元はすのこというw 世界にひとつのテレビボード
  あなたも、作ってみませんか?


あとは、テレビを買うだけだw



   《 お ま け 》

TVボード設計図

  作成するにあたり、あらかじめ設計図なんかを・・・・・。
  と思って、エクセルのオートシェイプを利用して慣れないモノを描いてみましたw
  CADのようには正確でないですが、こうやってイメージを膨らませるのって楽しいですよね。
おふくろのじいちゃんは、器用な人だった。
なんていうか、何でも手作りしたがるんだな。
俺の覚えてる(作ってるトコを見たことある)のだけでも、
臼と杵・トウフを作る型・大黒さんの彫像・なんちゃって金閣寺w・小屋の中のロフト・風除室、
などなど今すぐに思い出せないものも、いっぱいある。
おふくろのハナシだと、自分ちの小屋、家の浄化槽や井戸水を汲み上げるモーターの設置までしたそうな。
そしてそれは今でも現役である、じいちゃんが亡くなったあとも。

そんなじいちゃんのようなヒトのことを、世間(秋田?)では“かませ大工” という。
本職ではないのだが、頼まれれば「でぇぐしごど」を出来る人、というか。
そしてその血は、子世代を飛び越してお前に行ったんだよ、そうおふくろは言う。

というわけで、やってきました牛柄的でぇぐの時間w
記事にはしていませんが、これまでにテーブルや花瓶台、プリンタ台とかを作ったり、
水周りの修理はなぜか俺担当、家の外壁の柱や境界のペンキ塗りも俺担当です。
で、今回のお題は、というと。


100605 材料

  材料はこちら、ホムセンで購入してまいりました。
    すのこ (85×46.5×3.7)  980円
    角材  (180×5×2.7)   650円
    平板  (91×12×1)    455円
    釘 45mm 一袋        100円
    スクリュー釘 38mm     100円   計 2,285円 也


100605 寸法通りに切る

  こちらをまず、寸法通りに切断。
  すのこは板一枚分を切り離し、平板はすのこの長さに合わせて寸詰め。
  角材は35cm×4本と、30cm×2本に。


100605 荒やすり

  ここで役に立つのが、金属用のブロックやすり。
  目が粗いので、大雑把な研磨に大助かりです。


100605 切断面のバリ

  切断面にできたバリを、上のやすりでそぎ落とし。


100605 釘2種類

  そして、いよいよ組み立てです。
  じいちゃんと違って知識がないもので、念のため釘はこの2種類を用意しました。
  ところが、ここで問題が・・・・・。


というところで、ちょうどいい具合に次回に続くw

「そうだ、ワイドにしよう」もいいよいよ最終編、
はたして牛柄の元にワイドな生活はやって来たのか!?

前回、ディスプレイデバイス(ドライバ?)の最新版をダウンロードまでしましたよね。
その続きです。


SISダウンロードフォルダ

  ダウンロードしたフォルダを開きます。
  ちなみに俺は、なぜか MyDocument に格納しとりました、他のファイルが写っててハズカスィ^^;
  まずは真面目にレジュメを読み・・・・・ふむふむ、インストールする前に古いバージョンを削除か。

  

アンインストール

  ということで、
   「スタート」⇒「すべてのプログラム」から、先に入ってる古いバージョンを Uninstall。

※注意※
前回も書きましたが、メーカー製パソに予め入ってるものを勝手に削除したりするのは、自己責任で!
マネして失敗しても、俺のせいじゃアリマセンぜ旦那。


SISダウンロードフォルダ2

  そして改めまして、先ほどのフォルダを開けます。
  するとあ~らビックリ(?)、たくさんのワケワカランファイルがいっぱい。
  その中から、○で囲んだ「setup」とかいう四角いアイコンをダブクリ。
  あとはPCにインストール頑張ってもらいましょう^^;


元の解像度

  インストールが終わったら、いちおう「画面のプロパティ」を見てみましょう。
  前のバージョンのときは最大解像度は 1024×768 でした。
  しかしバージョンアップしたあとは、その解像度はランクダウン。
  最大解像度は 1600×900 になってました。


が、しかし! ここで問題が。
今回購入した DELL ST2010モデルは、最大解像度が1600×900、
今回更新したディスプレイデバイスのドライバも、最大解像度は1600×900に変更となっている。
そこでだ、実際に「画面の解像度」を最大(1600×900)にしてみると・・・・・。
ブラックアウトする(涙
どうしてもダメ、原因は浅学な俺には分からずお手上げ。
しょうがないので、タテヨコ比で一番歪みのない解像度の、


新しい解像度

  1280×720 で使うことにした(´・ω・`)
  ま、以前のモニターよりは字が大きくなるし(?)、いいかな。
  しかし何で最大解像度にできないんだろう?
  そんでもって、最大解像度のとき、映るのがどれくらい美しい画像になってたんだろう?
  

バージョン

  ちなみに「製品情報」はこちら、Ver.3.91になってる。
  PCメーカーからのダウンロードだと、3.83止まりとなっていたはず。


新しい解像度の見た目

  そして、参考人ヒヨたんも、この通り。
  ・・・・・デブッチョだったのは、元からかw


1024×768のデスクトップ     1280×720のデスクトップ

  左:解像度が元のまま(1024×768)、右:新たに設定した解像度(1280×720)。
  え、違いが分からないって?
  クリック拡大して、並べて見てみてくださいよ^^;


そんなわけで、牛柄のPCモニターは無事、インチアップ&ワイドになりました。
しかし、最大解像度が使えない、といった問題点は解決せずに今に到る・・・・。
何方か、どうしたら良いか分かる方、いませんかねぇ? (尻切れトンボ気味に終わったりして^^;)


《付則》
PC : FMV ESPRIMO D3240 FMVXD0B62
OS : ウィンドウズXP Professional
モニター : DELL ST2010 (20インチワイド/スピーカ無/最大解像度1600×900)
ディスプレイドライバ等 :SIS/671 (Ver.3.91に変更済み)

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。