野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月10日。
チャコが、神様の元へ旅立ちました。

昨日、週末は金曜日。
いつも以上の残業に帰宅が遅くなり。
部屋へ上がると、普段なら出迎えてくれるはずのチャコがいない。
ただ、声はする、ベッドの下の隙間から、悲痛な声が。

灯を点けると、部屋中に粗相の跡が。
何があったんだ!?
ベッドの下を覗き込むと、助けてと言わんばかりの貌。
そして、這って出て来た、前脚だけを使って。

チャコは、下半身が麻痺していた。

動けない体で、前脚だけを使って移動し、なんとしても俺の傍へ居ようとする。
そして、痛いよう苦しいようと、救いを求めて鳴き声をあげる。
呼吸は荒く、胸が大きく荒く上下する。
下半身が麻痺しているから、抑えようはなく。
俺はなにもできず、ただ一晩中、チャコをなだめ傍にいて抱いてあげることしかできなかった。

まんじりともせず、夜明けにうつらうつらとしたくらいか。
動物病院の診療時間が始まり、連れて行く。
結果は、人間でいうところの心筋梗塞、
血栓が下半身、太ももの付け根に詰まるという、猫に起きやすい重篤な症状。
そして、経過時間からおそらくもう、だめだろうとの。

肋骨の奇形(漏斗状なんとか)もあり、肺も負担が掛かり水が溜まっているとのこと。
下肢の壊死も始まっており、入院投薬してもおそらく回復(再び歩くこと)は望めないだろうと。
このまま、苦しみを長引かせてでも延命を選ぶことがよいものなのか。


チャコは、俺が営業職をしていたときに、ご贔屓さんから貰った、山形生まれの猫。
彼女を見た人は誰もが驚く、なんて美人な猫だと。
飼い主の贔屓目だけだとは思わない、齢13を超えた今でさえ、まるで子猫のような童顔フェイスの別嬪なのだから。

そう、俺んところへきて、もう13年以上も経ってたんだ。
山形から、秋田へ。
数字にすれば長い歳月、だけど、あっという間の年月。
決して、長いとは思えなかった、チャコと添って暮らした日々。

病院で何時間、見守り彼女を撫で続けたことだろう。
診ていただいた先生も、看護婦さんも、悲しんでくれた。
縋るチャコと、どうしようもなく何もできない自分と。
あまりの苦しみ様に、もう頑張らなくてもいいからと、心引き裂かれるような思いで彼女を撫で続ける。
そして彼女は、痛みを苦しみを遠ざけ、穏やかに逝った。
俺を置いて。

世間でいうところの老齢猫だから、いつかはその日が来るのは分かっているつもりだった。
だけど、本当は解っていなかった。
最後の最後に苦しみを訴えて、俺に縋って、そしてあっけなくも穏やかに解放されたかのように、
チャコは逝ってしまったのだ。

チャコを送った今も、こうしてPCに綴りながらも、
振り向けば当たり前に彼女が居るような気がする。
ストーブの前で丸まるどころか、長々と伸びているチャコが。
チャコ何してるかな? ドコ居るかな? と探してしまう自分がいる。
そして彼女を撫でようと、自然とスツールから腰を浮かせ“チャコの居場所”に向かおうとする自分がいる。

彼女の居ない生活に馴れ、居ないことに気付いても涙しない日が来ることが、あるのだろうか。


チャコとの星の数ほどの思い出は、俺だけのもの。
今はただ、チャコを失ってしまった悲しみに、哭くことしかできない。

それでも願わくば、
彼女の最後の痛み苦しみの時間が短く済んで、その苦痛から解放されて、
神様の御許にあってゆるりと、癒されていることを願いたい。

チャコ、こんな不甲斐ない俺といつも一緒にいてくれて、ありがとう。
神さま、チャコをお返しします、どうか彼女をよろしくお願いします。


俺の手元から旅立った彼女の貌は、安心しきった様子で、
穏やかにただすやすやと、眠っているかのようだった。
スポンサーサイト
土曜日。
前日残業し、どうせ天気も悪いだろうし疲れてるしと、朝寝坊。
ところが雨はなし、しかし風が強い、やっぱり散策は取り止め。
代わりに庭をうろつく・・・・・・また虫に刺された。
なんだろなー今年の庭はやたら蚊?ブヨ?がいる、フィールドでは一度も刺されたことがないのに。


100724 チャチャ1

  しかたがないので、小屋に避難。
  犬が、這いつくばってた。


100724 チャチャ2

  何をしてるのかと思ったら、ガムか。
  器用に前足を使って押さえてる。


100724 チャチャ3

  ただひたすら、カムカム。
  見てるとだんだん、ヘンな顔になっていき、


100724 チャチャ4

  たぶん本人はヘンな顔なってるってこと、自覚してないんだろなw

 
100724 チャチャ5

  ホントはね、こんなに凛々しいワンコなんだけどな^^;
  

いつのまにか、7月も末。
とはいえずいぶん前から、気分は8月真っ盛り。
そりゃそうだ、梅雨は早々に明けちまったし。
もうすぐ8月、夏祭りが目白押し。
でも早い夏の訪れに、バテ気味で祭りどころじゃないトコもあったりして。
全国的に見れば秋田は随分涼しいんだろけど、あ~、それでも早く涼しくなんないかな。
ども、ご無沙汰しとります牛柄です^^;
いやぁこの月末月初、何だったのでしょかねー。
2月最後の土曜日は、ほぼフル休出。
さて雪もあらかた融けたことだし、明日はタノシイ散策だ!なんて思ったその日の晩、
父方のばあちゃんが倒れて救急車で運ばれた、というニュースが。
しかも倒れたのはその前日、おまけに頭に来ることに、
そのハナシをばあちゃん家からではなく、叔父の嫁さんからの電話で知ったという。
・・・・・ま、これ以上は詳しく書きませんけどね、腹が立つから。
で、その電話の時点で、翌日の散策中止、急遽病院に見舞いに行くことに。

散策という冬場の絶好の運動不足解消ができなかったまま、週日。
月初の多忙さに加え、折からの大寒波。
朝起きりゃ蛇口はもちろん、タオルや歯ブラシまで凍りつき、コップは棚から剥がれない、
風呂を洗えば1時間で氷が張ってるという冷え込み。
当然、外は地吹雪・・・・・通勤帰宅はホワイトアウト、よくぞ道路から “脱線” しなかったもんだと、毎日自画自賛w
そして昨日も休出・・・・俺の “休み” は?

この暴風と大雪の中、散策に出たら遭難するだろうなー。
先週末までにはあらかた無くなったハズの積雪も、逆リセットされちゃったし・・・・・。
そう思ったので、今週もフィールドウォッチは無し。
しかたなく(体が鈍らないように)家の除雪をする。


100207 チャチャ1

  犬小屋から、さらに小屋から出てきた、我が家の犬。
  今除雪中だから、遊べないから。

 
100207 チャチャ2

                    ――― なんか、面白いことないかなー

  じつはこのとき、俺も犬も気づいてなかったのだが、
  なんと小屋の柱につながれていたハズの、綱のカギが外れていたのだ(ナゼだ?)。
  しかし犬は気付いちゃいない、普段つながれているときに出て来れる範囲にしか身を乗り出さない。
  身に付いた習慣?って、哀れなもんであるw 


100207 チャチャ3

                       ――― くぅ~、タイクツ

  お前もイイトシなんだから、外に居ないで小屋ん中で丸まってれば?


100207 チャチャ4

                   ――― なんか掘り出しモンないかなー

  何も埋まってないと思うゾ、すぐ下コンクリだし。


100207 チャチャ5

                   ――― 除雪が終わったなら、はよ遊べ!

  凄まんでもいいから、ってかキツネか狼みたいw

しばし犬と雪上サッカーして遊ぶ。
ムダに広い敷地を除雪してクタクタなのに、犬はそんなことお構いなし。
・・・・・・しかし、ヤツは飽きっぽかった。
なので、ふたたび小屋に繋ぐ。


100207 チャチャ6


                 ――― あー、早くオカアサン家から出てこないかな

  え、俺じゃ役不足でしたかい(´・ω・`)


じつはこのとき、犬はしばしば玄関ではなく仏壇の方に向かう、そして吼えるを繰り返していた。
この行為は・・・・・前にも同じような状況があったはずだ。
この行動に俺はちょっと焦り、その後予定してなかったばあちゃんの見舞いに急遽行ってきた。
・・・・・ばあちゃんは、1週間前よりも元気になってたw
今日は親父の月命日、もしかしたら犬の奇妙な行為は、帰宅した親父に向けられてたものかもしれない。
ってか、だったらいちいち吼えるなよ(汗
あすあす12月だというに、仕事の忙しさは一向に落ち着かず。
このまま師走の山場に突入かと思うと、ゲンナリしてしまうこのごろ。
そんな今日も今日とて休日出勤、こんな調子じゃ今冬の鳥見が危ぶまれてしまう・・・。
ま、それはおいといてw

先週の日曜日の、散策の帰り道のこと。


091122 ノラ猫1

  散策の帰り道、そろそろ家に近くなってきた土手道。
  1匹の猫がテケテケ歩いていました。
  しかも、俺に全然気付いていませんw


091122 ノラ猫2

  お、何か見つけたようだ。

  全然気付いてないようなので、大胆にも近寄ってみると・・・・・逃げられますた(´・ω・`)


091122 ノラ猫3

  といっても、ちょろっとその場を離れただけ(狩りの邪魔してスマン)。
  これは非難の顔、なんでしょか。

  この猫、やたら口数が多い。
  しかもずっとこの顔で、ニャーニャー言ってるw


091122 ノラ猫4

  この後はだたひたすら、こんな顔しか見せてくれませんでした。
  ってか、ずっと目つぶってたよ? 
  シロフクロウ(=お地蔵さんw)じゃあるまいし、まさか威嚇の表情だったりするのかねぇ。


さーて、明日も冷え込むそうだけど、今から散策が楽しみだ~^^
えー、先回上梓しました、我が家の犬の “ひとりごと”。
あちらにチラッと書きましたが、誰もツッコんでくれないのでw
というか、会社の同僚に話したら、ぜひ見たいと。
なのでリクエストにお応えして、と。

その日は、親父の命日でした。
墓参りの前にひと散策終えた俺は、近いけど車でお墓まで行こうかと。
そしたらおふくろが、「チャチャ連れて散歩がてら行こうよ」 と。
そして、アレの出番です。


081207 お出かけスタイル

  おふくろお手製の、チャチャのコート/キルティング仕様。
  赤い、しかも柄物ですw
  いやじつはリバーシブル・・・・・というか、
  ほんとは反対面の紺色地の方が表になるハズだった。
  そうして着せて、脱がせたら・・・・抜け毛がびっしり(表にしてたのに)!
  付いた抜け毛は取れず、だったらいっそのこと裏地にしちゃえと。
  結果、ハデな柄地を見せびらかし、犬は毎日お散歩です。

散歩のときは胴輪にしてるので、服地の真ん中に穴があいてて、
そこからフック⇒リード。
服自体は、俺にはワカラン技法で本体(犬)にくくりつけられている。
さて、準備も整ったし、散歩・・・・じゃなくて墓参り行こか。


081207 お出かけスタイル2

  おまえ・・・なんか目がウツロだぞw
   (このあと墓へ行き、墓前とご先祖様にお供え物をした瞬間・・・以下想像にオマカセw)


本犬がこのスタイルを気に入っているかどうかは・・・・・???
ただどうやら暖かいと思ってるようだし、雨や雪にもあんまり濡れないようだし、
ま、いいんじゃないかw
その調子でこの冬を乗り切れ!

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。