野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さいっ! 忘えだっだ!!
じだなや、おえ。 しょしなや。

いきなりイミフな文章だと思ったアナタ、ついでだから訳してみてなw
まぁだからといって、何も出ませんが^^;

ということで、間が空いてしまいましたが・・・。
先週の散策のお話、続きです。


地震から半年、いろんな思いを廻らしながら歩いた、フィールド。

そろそろ山から下りてきてもおかしくないのに、空にはトンボの影も薄く。
聴こえるのは、虫たちの静かな鳴き声ばかり。
すでに姿を消してもおかしくないはずの、ハグロトンボ。
気温が上がれば、まだ夏だといわんばかりのセミの声。


110911 トラマルハナバチ

  寝ていたのか弱っているのか、トラマルハナバチは動きが鈍く。
  触っても飛ばず、脚を上げて形ばかりの抵抗をし。

  
110911 コムラサキ

  角度が悪いのか、コムラサキの翅には小粋な江戸紫を見ること叶わず。


110911 ハエトリグモ

  獲物を捕らえてちょっと得意げな、ハエトリたん。
  

110911 クワカミキリ

  梵字川の川べり、桑の木のそばにクワカミキリ
  硬い上翅の片方は失われ、柔らかい翅はもはや折りたたむこともできず、
  身体はいびつに損なわれ、おそらくは間もなく命尽きる夏の虫。
  それでも最後の抵抗でもあるかのように、懸命に蠢いていた。

  
110911 ジャコウアゲハ幼虫

  沢山のイボイボを生やした、キモカワイイ小さな小さなジャコウアゲハの幼虫。
  この仔はこれから大きくなり、今年最後の成虫となって空を舞うのか。
  それとも、来年の空を見るために生まれてきた仔なのか。
  虫たちの季節は、命を継いで巡る。


夏という季節の終わりの淋しさは、
夏をあらわす虫たちの死、力尽きていく姿を見るにつけ殊更に強く思うようになった気がする。
彼らが去る、そして次の季節の虫たちが舞台に上がる。
分かってはいるけれど、そこに無常の寂しさのようなものを感じてしまうのだ。
スポンサーサイト
何週間ぶりですかね、散策へ出るのは。
お盆やら風邪っ引きやらで、ようやく身の空いた週末。
気付けば8月も最後の日曜となっていて、夏も盛りをとうに過ぎ朝晩涼しい季節。


110828 アブラゼミ

  梵字川の土手道を歩いていると、地べたでバタバタいう音が。
  アブラゼミが朝露にまみれ、あるいは力尽きようとしてもがいている羽音。
  セミたちの季節も、終わりに近い。


110828 ツマグロスケバ1

  例の空き地にさしかかると、木陰の薄暗い葉の上に、異物。
  なんだろう? ハエかな。
  最初そう思った、だがなんとなく違和感、なので触ってみると・・・・・。
          ピーーーン!
  跳んだ、・・・・痛っ!
  

110828 ツマグロスケバ2

  そいつはウンカのように跳びはね、俺の顔にぶち当たる。
  そしてそのバウンド?を利用し、なぜカメラのレンズの上へ・・・・・なんじゃコイツ。
  あとで調べてみると、ツマグロスケバとかいう、やっぱりウンカの仲間らしい。
  しかし・・・・・例の空き地、あいかわらずヘンなモノ居るなぁw


梵字川の鉄橋下は草ボーボーで通り抜けられず、しょうがないのでUターンし、
ばあちゃんの集落まで戻って、そこから田んぼ道で合流点まで向かう。
ついでに、親父たちのお墓に寄っていこう。


110828 フタモンアシナガバチ

  墓所には、お盆の墓参りんとき見つけてあった、フタモンアシナガバチの巣が。
  しかし・・・・・なんで皆さん、頭隠して尻隠さず、なんすかね。


110828 ミヤマアカネ1

  岩見川の土手道を往けば、一定の間隔をおいて、よく会うミヤマアカネ
  その一定の間隔、というのが縄張りをしめすものなのか、寡聞にして知らないが。


110828 ミヤマアカネ2

  舞えば翅も含め全体が薄赤く見え、留まればその繊細さ優美さにほれぼれする赤。
  ミヤマアカネは本当に美しい、トンボです。


久しぶりに歩いた野は、いつのまにか夏から秋への気配。
虫たちの面子も替わりつつ。
ということで、この日の散策のお話、続く。
決着のついたノコギリクワガタの試合を見たあと、三角地帯を抜けようと道を戻る。
ちょうど出口に差し掛かったとき、目の前に何かがボトッと落ちてきた。


110724 クワカミキリ1

  ほんとマジで垂直落下してきたw
  なんだと見たら、カミキリじゃないですか。
  しかもデカイ。


110724 クワカミキリ2

  そして、目もデカイ。


でかいカミキリの身近な代表、ゴマダラさんよりもデカイ。
ただゴマダラさんよりは若干細身な感じ・・・・ま、若干ですが^^;


110724 クワカミキリ3

  そして・・・飛んだ!


110724 クワカミキリ4

  が、その大きさ(というか重さ?)が災いして、すぐに落下。
  ふたたび高みに登ってから、飛翔(むしろ跳躍?)に挑戦です。
  けど・・・・重たいから高いとこ=細いとこに登ると、葉はすぐに枝垂れるんだよなぁw
  そうして何度か失敗したあと、ようやくフラフラと飛び立っていきました。


あ、この大きなカミキリさん、後で調べたらクワカミキリというんだそうな。
そういや確かにクワの木から墜落してきたわw
・・・・・梅雨ですね~。
って、あれ? 梅雨明けしたんじゃなかったっけ、そうとう前に。
とはいえここしばらく、梅雨のさなかのようなスッキリしない天気。
そして今日、帰宅するときゃ滝のような豪雨。
まるで梅雨末期のごとき天気。
まぁこれで、カラカラに乾きすぎてた大地が少しでも潤ってくれれば、いいんですけどね。

さて、日曜日のこと。

梵字川と岩見川の、合流点は三角地帯。
釣り人が切り開いてくれた小道を歩いていると、脇の古いヤナギの樹から、
ガサガサバキバキいう音が聞こえた。
クマではない、そんな近くから聞こえた時点で、俺はここにいないだろうw
もっとささやかな、とはいえ発生源からすれば相当に大きな音を出していたのは、


110724 ノコギリクワガタ1

  ノコギリクワガタの、決闘でした。


へぇ、こんな真昼間からケンカかい。
近年、大型甲虫を見る機会が減ってたから、しかも決闘の最中を見られるとは、なんとも珍しい。


110724 ノコギリクワガタ2

  体格もノコの大きさ形も、ほとんど差がない両者。
  正直言って、見分けがつかないくらい。
  強いていえば、体色が若干違うかな、というくらい。


110724 ノコギリクワガタ3

  とにかく長いこと組み合っていて、しかも一旦離れてもすぐに追いかけ組み合う。
  振り落としても、すぐに追いかけまた組み合う。
  何を争ってたんだろう・・・・・というか、しつこいw


110724 ノコギリクワガタ4

  最終的に、体色の濃い方(がっつり挟んでる方)が、勝ったようです。
  しばらくは負けた方も同じ樹にいましたが、そのうち歩いて別の樹に移っていきました。


110724 ノコギリクワガタ5

  その、負けた方の、去る前のお姿。
  まだ興奮冷めやらぬ感で、カメラを向けただけで威嚇しレンズを小突く。
  (右のノコの先端が欠けています)


110724 ノコギリクワガタ6

  で、勝者の方。


110724 ノコギリクワガタ7

  こちらもまだ興奮冷めやらぬ感。
  でも・・・・どうやら別に蜜場争いをしていたようではなさそですな。
  そばの樹液には見向きもせず、試合後はウロウロしてましたから。


虫の大きさからしてみれば広大な空間の、これまた何本もあるよな樹のなかの一本。
そのピンポイントな場所で偶然にも、いまや滅多に見られなくなったノコの決闘に遭遇。
なんともラッキーな朝でした。
7月半ばの散策。
例年ならばまだ梅雨の真っ最中、だけどこの時期になれば出てくる虫さんもいるわけで。


110718 ゴマダラカミキリ1

                  ―――兄さん、あっしに構わんでくだせぇ。
  実際には、摘んだら小さな声でギーギー言ってましたけどねw
  そう、ゴマダラカミキリです。
  

110718 ゴマダラカミキリ2

  このゴマダラさん、一生懸命アシの葉を登るんですわ。
  ところがヤツは重たい、途中で葉が枝垂れ、反転しそれを登ると葉が直る。
  で、また反転し葉を登る、葉枝垂れる・・・を繰り返してました。
  何やってんだ?こいつw


110718 ハグロトンボ

  鉄橋の下の鬱陶しい藪には、ハグロトンボがうじゃうじゃ潜み。



110718 ジャコウアゲハ幼虫1

  その同じ場所には、グロ可愛いジャコウアゲハの幼虫が。
  でね、そのイボイボ、どうなってるのか触ってみたんですよ。


110718 ジャコウアゲハ幼虫2

  するとあ~ら不思議、というかアゲハというだけあるな、肉角がにょっきり。
  しかし全然臭いがしません、これまた不思議、意味ないんじゃ?
  それよりも、体のイボイボだけで充分威嚇になってると思うぞ。


110718 スジコガネ?

  クマさんに遭遇したあと、笑う脚で競歩のような歩みをしていたところ。
  例の不思議な空き地の横、笹薮に目を惹く黄金の輝き。
  スジコガネかサクラコガネか、いずれにせよ薄暗いなかで場違いなほどにキラキラしてました。  


それにしても、梅雨が明けてから長いなぁ。
そろそろ一雨、降ってくれないものだろうか・・・・・。

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。