野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、「これなんて蜂?」 に載せていた蜂の名前が判明しました。
2ちゃんの昆虫板で訊いたり、そこから誘導された双葉ちゃん♪の虫板で聞いた結果、「コンボウアメバチ」 らしいとのこと。
一応、再掲しときます。
あ~スッキリ!

コンボウアメバチ コンボウアメバチ  
 情報を得たのはいいが、
 画像を確認するのに手間取った
 あまり写真撮る人いないのかな
 こんなにきれいな蜂なのに
 
 (大きい画像は「これなんて蜂?」の
 記事で確認してください)

 
 


 
スポンサーサイト
吾輩は酒飲みである。飲兵衛ではまだ無い。どこで間違えたか、家族はみな下戸なのに酒飲みに生まれついた。隔世遺伝ということにしておく。

ということで、酒飲みにはツマミが欲しい。

一人暮らしが長かったせいか、自炊といえば 「ツマミを作ること」。
毎晩、自作のツマミで晩酌がリラックスタイムだった。
最近はおふくろが晩飯作るんで、ツマミ作ることも減ったけど。

で、今晩はちょっとしたツマミを紹介。

ドライトマト  酢大さじ1
夏の間に作っておいたドライトマト(左)と、お酢を大さじ1杯くらい準備
湯戻し ドライトマトの湯戻し
 鍋にたっぷりの湯を沸騰させ、
 お酢とドライトマト5・6枚をぶち込む
 すぐ火を止める
 そのまま10~15分くらい放置

 ※鍋はアルミ製でないのを使う
  アルミとトマトは相性悪いそうな
 ※酢を入れるのは、トマトの煮崩れを
  防ぐ効果があるそうだ



湯戻し前後 左:湯戻し前 右:湯戻し後
 写真では変わり映えしてなさそう
 実際は結構ふにゃふにゃである

 粗熱を取りつつ水分を飛ばしたら
 (キッチンペーパーで吸い取ってもいい)







チーズ載せてオーブンへ とろけるチーズを載せる
 チーズがはみ出して下に落ちると
 天板が焦げるので慎重に載せる

 ついでにこないだ作った
 ドライバジルも粉々にしてパラッと
 振りかけたりして

 このままオーブンへ
 チーズがとけたらOK
 だいたい180℃で10分くらい?
 ここらへんはいい加減(酒飲みだからw)

焼き上がり 完成
 チーズがとろけつつ、トマトが
 からからにならない程度に
 焼き上げるのがベスト
 これはちょっと乾いてるけど・・・
 火加減がムズイな

 このままツマミにしてもいいし、
   
       ↓

       ↓

パンにのせてもOK パンに載せても(・∀・)イイ!!
 たまたまあったフランスパンに
 載せてみた
 食べてもトマトの皮が
 全く気にならない

 ちょっと思ったんだが
 食パンを押しつぶして
 その上に載せて焼いたら
 ・・・なんちゃってピザ?


またしても虫の話でナンだが

真昼の決闘:オンブバッタ編 女を巡る戦い : オンブバッタ編
 大根の葉の上で繰り広げられる 
 仁義なき戦い
 一人の女 (の背中) をめぐり
 男達は死闘を繰り広げる
 果たして勝利の美女が微笑むのは
 どちらの男なのか!?
 
 動画です
 ここをクリックしてください


※10/02追記※ ムービー画像、大きくしました

今朝方に畑で見つけた、オンブバッタのバトルです。
小さいくせに (余計なおセワだw) 結構激しい決闘を展開してた。
乗っかられたメスこそいい迷惑。

思わず携帯で動画とったのはいいけれど
画面が小さくてスマソ (だいたい3分くらい)。
最初は威嚇ばっかりですが
2/3くらい経過してから、取っ組み合いのけんかが始まります。
オチは・・・なんとも情けないかも。
画像大きくしてあるんで、サムネイルで載せています。
に詳しい方、クリックして拡大・確認してください。
 ↓ ↓ ↓ ↓
なんてハチ? 
 ふらふらとガガンボみたいな飛び方してたので、追っかけて接写。
 いろいろ検索かけてみたけど、どうも当てはまるがいない。
 体長 2.5~3cm
 ヤセバチにしてはカラフルだし、アメバチ? ヒメバチ
 うーん・・・。
 どなたか、「これは○○だっ!」 と特定していただけるとありがたいんですが。
 情報求ム!

ついでなんで、他のも載せておこう (名前判明分)。
キボシアシナガバチ
 キボシアシナガバチ
 にしては、ちょっとでかかったが
 
 ベストショットを撮ろうと
 パシャパシャ接写してたら、
 「しまいにゃ怒るど( ゚Д゚)ゴルァ」
 と威嚇されてしまった・・・
  アーンイヤーンコワーイw




トックリバチ
 トックリバチ
 ちょうど何かの幼虫を捕まえたところ
 腹に抱え込んでる白いのがそれですな
 忙しそうなトコロを撮ったので
 ちょっとブレてるけど、ご勘弁






 スズバチ
 スズバチ
 日向ぼっこでもしてるんでしょか
 ご休憩中のようです
 
 このあと、てけてけと葉の先に
 歩いていったと思ったら

      ↓
      
      ↓

      ↓

スズバチ水飲み中
 近くのサトイモの葉に飛んでいき
 葉に溜まった雨水を飲んでた
 も喉が渇くんですな







 
 セイヨウミツバチ
 セイヨウミツバチ
 ごく普通に見かけるミツバチ
 青?紫蘇の花から蜜を回収中
 ・・・来年はまた 「赤緑」 な紫蘇が
 生えるんだろな つД`)








撮影中にキイロスズメバチもやって来てたけど
さすがにちょっと近づけませんわ
(ってか コッチクンナッ!状態なわけだが)。
ところで、
まもなくサトイモの収穫ということで、じゃあ冷凍庫のスペースを確保しなきゃならんということになった。
しょうがない、トウモロコシを少し出すか。

夏の間に収穫・冷凍してた黒モチキビを (とりあえず食う分だけ) 茹でることにした。
この 「黒モチキビ」 は我が家では昨年から植えている品種だが、
とても懐かしいトウモロコシでもある。
子供の頃、ばあちゃんが作っていたのが、これと「ハニーバンダム」。
どっちも昔の品種だな。
そして俺は甘いハニーバンダムよりも、硬くてモチモチした黒モチキビ (秋田では「モチキミ」 と呼ぶ) の方が好きなガキだった。

ところが、いつしかモチキミは植えられなくなり種も無く、そうしてばあちゃんも亡くなって、子供の頃の思い出とともに 「黒いトウモロコシ」 はもう二度と手の届かないもの、きっと“絶滅”したんだ!と俺はあきらめていた。

またあの食感を愉しみたい。
思い立ったら、の勢いでネットを検索し、見つけた種苗店が 「サッポロノウエン」 さん。
黒いトウモロコシの他にもいろいろ珍奇な (失礼w) 野菜を扱ってるではないか!?
以来、こちらでは他の野菜の種苗もお世話になっている。有難う様です。

茹でる
 冷凍のまま塩水から茹でる
 沸騰したら2~3分で火を止める
 ※NHK「試してガッテン」を参考に
 したが、実の硬いモチキビでも
 OKみたい







トウモロコシ白黒
 茹で上がり
 手前は未熟なやつ
 最初は白いんですねぇ
 その隣のが完熟?に近い状態
 これだけ黒くなると
 さすがにチョット硬いかも
 理想は最奥の灰色まだら状態で
 収穫したやつかな



 黒粒
 見ため全体黒い粒
 一個一個みると、外側だけが黒い

 コメにもうるちともち米があるように
 トウモロコシにもうるち・もちがある
 普通お店で売ってるのはうるちですな







黒トウモロコシ
 ちなみに、収穫したての時の写真
 ・・・異様だw
 
 トウモロコシは交配しやすいので
 こいつと他品種(黄色いのとか)を
 近くで植えると、実は黄色と黒の
 まだらになります
 今年は黒もちきびだけ植えたので
 (歯っ欠けはあるけれど)
 ご覧のように真っ黒、カンペキです


今晩から天気が崩れるというので、
土が乾いてるうちにサトイモを試し掘りすることにした。

サトイモ株      切り株
左 : サトイモの株。 大きく茂った葉がジャマなので
右 : 鎌で葉を刈り取った後、

掘り起こし 今回は試し掘りなので、
 シャベルで探りながら掘る
 思いのほか、株が小さい
 サトイモはやたら水遣りが必要なのだが
 今夏はメンドウであまりやらなかった
 (昨年までは親父が毎日散水してた)
 天気予報の「雨降る」宣言はシンジラレンと
 一応言い訳しとく
 




洗う・髭剃り 水洗いして髭剃り
 根っこは鎌を下からあてて切ると
 割ときれいに取れる
 
 水洗いすると手が痒くなるんで
 あとで酢で手を洗うのがオススメ 







収量 一株の収量が少なかったので
 2株掘った
 それでもたったこれだけ
 去年まではサトイモ好きな親父が
 2棟植えてたんだが 
 今年はあまり食べる人がいないので
 例年の半分の1棟だけ(少なかったカモ)
 果たして全体の収量は
 どれくらいになるのか  
 一年分採れるかなぁ



さて、掘ったのはいいが
これがいつ食卓に上がるかは
料理人たるおふくろのみぞ知る・・・(余は芋煮を希望する)
ってことで、ドライバジル

トマトを植えたときに、おふくろが 「トマトとバジルを一緒に植えると、虫が付かなくていいんだって」とか聞き込んできて、
今年初めてバジルを植えてみた。
いわゆる 「なんとかプランツ」な組み合わせだな
(なんとか、が何だったかは忘れた)。
実際あんまし虫は付かなかったが、なにもバジルだけのお陰ではなかろうと思う。
それはいいとして、植えたものは使わなきゃならん性分。

ペーストもいいんだけど、手軽に、かつ収量と今後の用途を考えて、
ドライバジルを作ることにした。
バジル
 バジル
 トマトの木と木の間に挟まれて狭そう
 日当たりもよくなく、あまり成長しなかった
 各苗から数枚ずつ収穫
 さっと水洗いして泥などを落としましょう







バジル乾燥前
 洗ったバジルの葉
 キッチンペーパーで水気を取った後
 再度キッチンペーパーに重ならないよう
 並べ、レンジでチン
 しっかり乾燥させる







バジル乾燥後
 乾燥完了
 からからになったが、
 香りはちゃんと残ってる・・・ハズ
 生の青臭さはなくなった
 ちなみに左上に見えるのは
 一緒にチンして再生させた乾燥剤
 粒も青くなってる





バジル保存
 ジップロックに保存
 葉っぱ原型のままでも
 砕いてしまってもかまわん
 さっきの乾燥剤も一緒に入れとく


 さっそく、昼飯のピザに振りかけて
 おいしく頂きました



ここで、収穫した野菜の保存に、と俺が使ってみてよかったなーってモンを紹介しておきたい。
なんせ収穫したって、都度食べ切れんからなんとか保存しとこってこと、家ではけっこう多い。
そうやって、我が家の冷凍庫はパンパンになるわけだ。
しょうがないんで、他の保存方法を考えてみた。
「 乾燥保存 」 だ。

今使ってるのは、「なんでも乾燥シリカゲル」 って奴。
よくお菓子とか乾物とかに入ってる乾燥剤みたいなもんだけど、
これは繰り返し使えるのが気に入ってる。
使用前後
 左 : 使用前  右 : 使用後
 使用前は粒が青い
 湿気てくると、赤くなるんで判る
 そんでもってレンジでチンすると
 また青くなって、再度使用できる
 貧乏性の俺にはピッタリ






ドライトマトに使用中
 ドライトマトに使用中
 夏の間に作り貯めたドライトマト
 ジップロックに保存してたけど
 どうやら穴が開いてるらしくて
 早くも粒が赤い
 チンしなくては





 
なんでも除湿シリカゲル
 「 なんでも乾燥シリカゲル 
 ホームセンターとかでも似たようなのが売ってるんだろけど
 広い店内を探し回るのはメンドイ (買い物嫌いだし)
 てことで、ネットでゲットした
 小袋 × 20個入りで400円弱
 宅配代のほうが高いかも知れん・・・




               ↑ の楽天市場で 「乾燥剤」 で検索すると出てくるから
               詳しい商品説明はそこで確認してください
               ( 突き放してるか? )

で、なんでこんなに長々と乾燥剤のこと書いたかというと
今日はドライバジルの仕込み?をしたからだ。
ってことで、続くw
 
2週連続で 「電車男」 がテレビで放映されたわけだが。
そんで、2週連続でテレビの前に陣取ってしまったわけだが。
途中ハズーとか何なんだこれは!とか毒づきながらも、
最後にゃ年甲斐もなく涙 (と、鼻水) 流してたりして。

今や、いわずと知れた2ちゃんねる発祥のお話。

⇒続きを読む

クロスワード
 《 クロスワード 》 
 ナンクロ、カナクロとかも言うよね。
 ヒント無しのクロスワードパズルです。
 Easy・Nomal・Hard の3ステージでクリア。
 

 しばらく前からハマリまくりで
 つい時間を忘れてエンドレスで延々とやってしまうんだけど
 hardステージでは、ときどき ヽ(`Д´)ノ と暴れたくなりますw
 
 ヒント無くても、意外とマス埋めできるもんだな、と、まぁ自画自賛してみたり。
 少しは脳みそも活性化されるかも知れん・・・


 
 
シソの話である。

「紫蘇」 って言うくらいだから、別にムラサキでいいんじゃないか?
などと言うなかれ。
現実には 「青ジソ」 と 「赤ジソ」 があるわけで、
各々使い道も違うだろ?
味も違うはず (多分)。
この二つが混ざったらどうなるか。

困ったことに、シソは交配しやすいのだ。
交配したからって、きちんと 「青 × 赤 = 紫」 になるわけじゃない。
こんな感じになる。
赤紫蘇
 一応、赤ジソ
 葉の表は黒っぽい緑
 裏は本来の赤ですな
 花はちゃんと赤ジソの体裁を
 保ってる (かな?)
 味は・・・どうなんだろ






青紫蘇・葉の裏
 元・青ジソ
 表は青くても、裏側は薄紫?な葉っぱ
 ちなみに、不味い
 シソ独特の香りよりも
 青臭さのほうが勝ってる感じ
 交雑することで、特性が減退したのか?
 生では美味しくないので
 家ではテンプラ以外に使い道ナシ




↑ ↑ ↑ は前年のこぼれ種から (雑草のごとく) 成長した奴だから、
多分に去年の段階で交雑したんだろな
 
《本日の教訓》
 よい子は種類の違うシソを近づけて栽培しないようにしましょうw
多分、こいつ等のせい!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
28☆天道
 ニジュウヤホシテントウ (長い名だな)
 二十八星天道虫、テントウムシダマシとも
 
 只今お食事中
 葉だけでなく、実も食うから
 始末が悪い
 歯型は面白いんだけどね
 でもやっぱしメイワク


 

ナス模様
 食われたナス
 今年はナスが殆どみんな苦くて、
 食卓に上がっても誰も食べようとせん
 ナゼなんだ?と推察するに
 この跡があると、確実に苦いナス
 跡のないきれいなナスは苦くない
 ってことに気が付いた
 ・・・手遅れなんだけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。






28☆天道の幼虫
 ニジュウヤホシの幼虫
 チョットばかりでなくキモいので、 縮小画面でお送りしてます
 心臓の悪いカタは拡大しないでくださいw

 こいつのせいで、何の収穫が嫌かといって、
 ナスを採りに行くのが一番イヤになった
 だって、ナス畑から出ると、体中にこんなキモイ奴がくっついてくんだぜ
 おまけにすぐ汁出すし・・・ゲエェェェエだっ!
むかごの山

正体は 《 むかごの山 》でした。

案の定、今朝はたくさんのむかごが落ちてたね。
これは棟半分くらいの分。
蔓にはまだまだ付いてるんで、これからも用心しなきゃならん。
しっかし、集めたのはいいけど、どこに捨てようか・・・
トマトの支柱が倒れた。
4本。
せっかく先日、ジャングル状態から人工林にまで回帰させたのに、
元の木阿弥だ。
まぁ全部じゃないからよしとして、それでもこれを建て直すのは一苦労である。
足の置き場もなく踏ん張りの利かない畝の上。
倒れたトマトの幹は重い。
その重いのを引き起こし、支柱にハンマーを振り下ろす。
ヒジョ~に不安定な格好は、はたから見たら滑稽だ
植え付けの時に、もっと地中深く杭を打っておけばよかったと、ハゲシク後悔・・・。

そんなことより、目下の心配は長いもだ。
さいわい、棚は倒れていなかったが、問題は 「むかご」 である。
しかも、今年もわんさか付いている。
これが風で落ち、そのままにしておくと、翌年の畑は悲惨だ。
俺が保障するw
春は 「芋のジュウタン」 間違いなしだ。
なんでこんなに生命力旺盛なんだ!ってくらい、今年の春は毎日むかごの芽を摘んだ。
もううんざり、輪作の意味ナシ状態。
えせ芋畑の中に、申し訳なさそうにブロッコリとスナックエンドウが生えている姿は涙をそそるし、
おまけに畑の管理能力まで疑われてしまうだろう。
・・・それが今年の俺んちの光景だった。
だから、同じ轍を踏まないためにも、
この台風が去ったら竹箒を持って畑に向かうつもりである。

むかご
 むかご 
 今年も豊作?です

 しかし・・・はっきり言って迷惑だっ!








むかごの芽
 むかごの芽たち
 殆ど取ったつもりでも、次から次へと
 生えてくる
 サトイモも大きくなったし、
 だいぶ減ったから放置状態







そんなのって、多いよな。
カタカナでだーーーっと書かれると、意味わからん!ってのが。
単に読解力がないだけだ、なんて言わんでくれ。
そんなのを、うちの庭からチョットご紹介。

ダルマヒオウギ
  ダルマヒオウギ ( 達磨檜扇 )
 北国・秋田には場違いなほど
 トロピカ南国な花
 なのに原産地は日本~中国
 しかもアヤメ科
 葉の形が公家の使う 「檜扇」 に
 似てることから付いた名前だそうな
 しかし、なんで達磨?
 
 勝手に増えてあちこちに咲いてるが
 綺麗だから許す!

⇒続きを読む

夕飯時のテレビは大抵、NHKのニュースである。
今日はオウムのニュースを見て、おふくろが 「そういえば、あれはなんだったのかねえ」 と切り出した。

ときは松本サリン事件の起こる前。
当時の雄和町で、怪しげな集団が住み着いた一軒家があった。

⇒続きを読む

別に 「うほっ!」なワケではない。

先週、自民党総裁選にからんでいろいろ検索してたら、おもろいフラッシュに当たったのでUP
多分 「これ知ってるよ」 て人も多いと思うけど、
俺的にばっちりツボに入ってしまったんで、誰かに紹介したくてたまらないんだよな。
部屋でひとり夜更けに爆笑してしまいました。

実録・男の勲章
 《 実録 男の勲章 》
 「重くてたまらないフラッシュ工房」さんの
 特集 麻生太郎をこれでも本気で総理にしたい
 と願うコーナー 
から頂きました
    ↑
 こちらのタイトル画像もオモシャイです
 
 懐かしい歌にのせてお送りします
 ぜひ口ずさみながらご覧くださいw
 ※大きいので、全画面表示で見たほうがいいかも
 

 
今朝、干していた唐辛子が2、3コ下に落ちていた。
あるていど乾燥してくると、最初に編んだ紐が緩んでくる。
で、根性無しな奴は落下する、というわけだ。
唐辛子干しも、あるイミ競争社会に似ている。

まぁ放置しとくわけにもいかないでの(勿体ないし)、
最初から編み直すことにした。

編み紐
 まずは、適当な長さの紐を2本
 それぞれ半分に折る










 

⇒続きを読む

そうそう、

昨日、おふくろから「(高野槙)庭に生えてるよ」と言われたとき、
ついでにミョウガ花咲いてきたから~と収穫をせかされた。
とてもじゃないがそんな気力はなかったのでスルーしてたが、ときは待ってくれない。
だもんで、今日さっそく畑に向かった。

うちには半坪ほどのミョウガ畑がある。
畑というより、隣の敷地とを隔たる垣根の一部と化している。
そして油断すると、ミョウガは年々勢力を拡大していく。
その繁殖力たるや、侮ってはいけない。
現にばーさんちのミョ(以下略
まあ、どうせ隣はどっかの会社の倉庫だし、いっか。

茗荷の花
 ミョウガの花
 これはこれで綺麗だけど
 花が咲くと中身スカスカになるし
 食味が著しく落ちるのでアウト








⇒続きを読む

風邪を引いた。
それとも、昨日の秋田バトンで頑張りすぎて知恵熱でも出たんだろうか。
まぁただ寝てるのも暇なんでテレビを見ていたら、親王さまのお名前が決まったとの報。
あわせてお印には「高野槙」が選ばれたという。
はて、高野槙とは何ぞや?と思ってたら、おふくろが「庭に生えてるよ」とのたもう。
さっそく(熱があるので)完全防備で写真を撮りに行ってみた。

が、失敗してた。
念のためというか、ついでに取った写真で成功してたのをUPしておく(だから風邪引いてんのに何やってんだ俺)。
シロバナハギ
 シロバナハギ
 ミヤギノハギの亜種。
 結構長いこと咲いてる。

⇒続きを読む

少しは見やすくなっただろうか。

製作者さん、Thanks!
「■ 放 浪 記 ■」のmomongaさんから面白いモンを頂きました。
さっそくやってみます。


秋田バトン
Q1. 十和田湖は秋田県のものだと思っている
    半分こ、でないのかな? 
Q2. 秋田新幹線と秋田自動車道に望みをかけている。
    うわっ!秋田新幹線、乗ったことないっす(つД`) 
Q3. 名詞の最後に「っこ」をつける。
    自分は使わないけど、親の世代では使うんじゃね? 
Q4. 秋田こまちより、本荘由利でとれるササニシキのほうがおいしいと思う。
    どんな味がするか、たまにはあきたこまち以外のコメも食ってみたい・・・かな? 
Q5. 「け」と「く」で会話が成立する。
    哀しいかな、我が家では日常の風景である   

⇒続きを読む

収穫である。
そして収穫は俺の担当である
藪に突っ込んでもかぶれない腕を見込まれて(?)、他の仕事はともかく、これだけは他者の追随を許さない。
しかも、収穫時期を見逃さない的確な判断力を要する。
トマトでいえば、何処の枝がどっちへ伸び、どの葉の陰に果が隠れているかまで記憶し、完熟時期を見極める観察力、虫を恐れずに密集した枝葉を掻き分けて腕を伸ばす、己の勇気までもが試されるのである。

⇒続きを読む

天気も良かったし
(だいたい9月に入ってまで33℃近くまで気温上がんな>>東北)
20060909175158.jpg

加工用トマトが赤くなったので、収穫
品種はワカラン

20060909174521.jpg

こんなのが

⇒続きを読む

今日がじーさんの命日だとはすっかり忘れてて、
昨日あわてて漬け込んでた鳥はむを仕上げた。
もっとも、「8日に叔母さん達来るから、なんか変わったモン出せるようにしといて」と前々から言われてたのだが。
なんで来るのかは、今日まで忘れてた。
ていうか、全然思いつかなかった(じーさんゴメン)。

で、俺が選んだのが「鳥はむ」である。

⇒続きを読む

http://www.gamedesign.jp/flash/whitejigsaw/whitejigsaw.htmlWhite Jigsaw
ジグソーパズルです。

ゲーム画像のアップの仕方がわからないので、URLだけで勘弁してちょ(やり方知ってるかた居ましたら、教えてください)。
9/11追記:画像UPしました

絵柄も何にもない真っ白なピースを組んでいくんですが
1ステージ毎にピースが増えて難しくなります(当然か)。
これがまた目がチカチカするw

⇒続きを読む

何か昨日今日とうれしい話題が続く。
今日は日本中がこのニュースに沸き立った。
「祝☆親王誕生」
紀子さま、秋篠宮さま、天皇・皇后両陛下、そして日本、おめでとう!
俺の素直な気持ちだ。

号外が出るようなデカいニュースにリアルタイムで接する、というのは昭和天皇崩御のとき以来だ。

⇒続きを読む

階下から「パチパチパチッ」と拍手する音が聞こえたんで、何かと思ったら。
あぁそうか、おかんBS見てたんだな。
すぐに始まったローカルニュースでも、トップは「TDK初優勝
おめでとう!

俺んちには毎日、伯父が晩飯を食いに来る。
で、来るなりTVのチャンネルを奪う(毎度ながら遺憾だ)。
今日はBSで社会人野球の決勝戦を見ながらの飯だった。

⇒続きを読む

「・・・やってみようかな」と思い始めてから、はや半年。
ようやく踏ん切りがついた、
ていうか第一歩を踏み出したてとこでしょうか。
まぁどこまでやれるかは、そのとき次第(気まぐれなんで)。
結果オーライで行こっと。

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。