野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えっせ!ほっせ!

    えっせ!ほっせ!










どっこいしょ(クマバチ)


    えっこらどっこいしょっ!









よっこらせっ(クマバチ)


    ほぅら よっこらせっ!









あと少しっ!(クマバチ)


    あ  と  少  し  ! 









登頂成功!(クマバチ)


    やったー!登頂成功!!


  え?なーんでこんなに苦労したかって?


  それはね、


 ハゲ(クマバチ)


     ハゲ  トシだからさっ!






試し掘りした日から、だいぶ経ってしまった。
ここ2、3日天気がよかったので、今日こそ全部掘り起こすぞー!
と、思っていたのだが、寝坊した
スロースタートだったけど、とりあえず掘るだけ掘ったのでよし。
明日から皮むきだ。

サトイモ畑   
 サトイモは1棟マイナス2株分残ってる
 すなわち 13株だ


 

サトイモ(根元)  サトイモ葉刈り取り
 これを、先ずはとりあえず葉を全部刈り取る
 掘り起こす時に掴みやすいように
 根元から20cmくらいは残しといた方がいいかな

なんだこいつは!?↑ なんだこいつらは!? →  でんでん
                         ま、キニシナイw
      
サトイモ株起こし  ほろげた芋も拾いましょう
   
 株から10cmくらい離れたところにスコップ差して、起こす!
 ジャガイモみたいに、株から離れたところにポコッと芋ができるわけではないので
 もっと近くに差してもいいかも
 掘り起こしてほろげた芋も、ちゃんと回収しましょう

サトイモ根を切る 髭剃りヒゲソリ
 根はポキポキ折って取ってもいいけど
 鎌で刈ったほうがラク
 ついでにここで親子孫、
 バラバラと一家離散にさせる








親芋は一枚茎を剥く  親芋と種芋 
 親芋は外側の茎(葉?)一枚を剥いておく
 何故って、一番外側の茎はデロデロに溶けてることが多いんでな
 あとで気持ち悪くならないように、との思いやり (誰に?)
 あと、種芋が尻尾のように付いてるんで、これも削除

サトイモ全収量 本日収穫分
 子・孫と親は別々にしといた

 あと、これ全部皮剥くのか・・・
 

 
共和党選挙キャンペーン ジョンイル君が準主役に抜擢される!?
 米共和党の選挙キャンペーン用ビデオに
 北の将軍様が出演しております。
 
 といっても主役はオルブライトさん
 そう、クリントン政権時の国務長官です
 この人、テロリストの引き込み役やったり
 タイヤ交換したりと大活躍!


全体的にコミカルな作りになってるけど
民主党が甘いことやって北朝鮮 (と、テロリスト) をつけあがらせたんだ、と
たぶんに共和党の民主党に対するネガティブキャンペーンだとしたって、
アメさんはやることが露骨w
日本じゃ、こんなことできないだろなー。
俺的にはこういうシニカル・ヒストリー・アワーなの好きだけど、
ホントに放送しちゃうんだろか、と心配になるような内容です。

ネタ元 :
 「Zucker Takes On Democrat Appeasement」 (YouTube ) より
 
ブログ始める前までは、「なんかブンブン飛んでるなー」 くらいにしか思ってなかったけど
こうしてみると、いろんなハナアブがいるんだな。
そもそもみーんなハチだと勘違いしてた頃に比べたら
すごい進歩だと思うゾw

キイロナミホシヒラタアブ キイロナミホシヒラタアブ 
 こんなにはっきり黒と黄の縞々見たら
 やっぱりハチだと・・・思わないのかな、普通は

 しかしよくもまぁ足をありえない角度に曲げて
 羽のお手入れとは、恐れ入ります







 
ホソヒメヒラタアブ   ホソヒメヒラタアブ
 ホソヒメヒラタアブ
 アップにすると、すごくきれいなヒラタアブだってわかるけど
 右の写真のように、実はこんなに小さい
 (花の中心の黒いところの直径で、ちょうど1cm)

キタヒメヒラタアブ   イヌタデ とキタヒメヒラタアブ
 キタヒメヒラタアブ
 こちらもこれまた小さいけどきれいなヒラタアブ
 ホソヒメに似てるけど、胸部の辺周 (羽付いてるところとか) が黄色く縁取られてるので、区別してみた
 違ったらゴメン

ホシメハナアブ ホシメハナアブ
 写真写りが悪くて、よく見えないとは思うけど
 眼が 「星目」 なんですよ
 なんていうかなー、
 紙やすりに刷毛でさっと色水を刷いたような模様?

 でもこれじゃあ一瞬、ハエ?って
 思っちゃうかもね





フタスジヒラタアブ フタスジヒラタアブ
 じっとしててくれないんでかなりブレてるけど
 かろうじて背中の特徴的な紋が撮れた
 
 っていうか、葉っぱに留まってはみたけれど
 おっとと落っこちそう、ってところか
 (ちょっと腰が引けてるw)







ホシツヤヒラタアブ ホシツヤヒラタアブ
 陰になってしまった・・・スマン
 
 長くてデカイ吻で、花の裏から蜜吸ってます
 なにも、表にまわって堂々と吸えばいいのに
 奥ゆかしいというか、恥ずかしがりやというか
 え? 余計なお世話だって?






あと、やたらでかくてオレンジっぽいハナアブもよく来る。
ナミハナアブとにらんでるんだけど、
警戒心むき出しで50cm以内には近づかせてもらえない・・・
向こうにしてみたら、いいメイワクなんだろな。
むしゃむしゃ(カマキリ)
 
  むしゃムシャむしゃムシャ・・・














あ、なんだ?(カマキリ)
  

   あ、なんだ?









む、見たな~!(かまきり)
  

   むぅ、見たな~












 
何見てんだよ(カマキリ)
 
  何見てんだよっ!
  あっち行けよっ!!!
  それとも何か?
  ヤルってのか!?








かまってらんねーや(カマキリ)
 
 
   けっ!かまってらんねーや













食後は身繕い(カマキリ)
 

   食後はキチンと身繕いして、と
   顔もちゃんと拭いたし、
   おっとと・・・
   大事な鎌のお手入れもしなくちゃ











あ、足が気になる・・・ん?
 
  ふぅ、満腹、マンプク
  ちょっと一休みすっか



 トンボ・・・あ、足が気になるけど
     ・・・大丈夫だよね?ね??
チンゲン菜大きくなって 先に育ててたチンゲン菜が減ってきたので
 そろそろ次の分を植えようと
 種をまいたのが、先週のこと

 あれから5日ほど経って・・・








チンゲン菜五日目 もう芽が出てた
 押し合いへし合い
 地面が盛り上がるほどに頑張ってる










チンゲン菜食べごろ 
 さて一安心
 それではこっちはもう食おうかな
 丸々太って、食べ応えありそう
     

         ・・・あっ!? 

お先にイタダキマス 「お先に頂いとります ニヤリ

   
   先を越されたかっ!!!
ダイコン畑 ジャガイモ収穫後に植えてた大根が、だいぶ大きくなった
 ここに2棟、あとちょっと離れたところに1棟

 去年は親父の入院やらで、秋の畑の世話をする人もいなく
 大根にいたっては全滅だったんで
 今年の盛況ぶりは嬉しいかぎり



とは言えやっぱり
ナガメ     青虫onダイコンっぱ
左 : ナガメ (カメムシ)         右 : アオムシ

オンブバッタonダイコンっぱ     なんかの黒い幼虫
左 : オンブバッタ             右 : なんかの黒い幼虫
   ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
こーんな奴らがいてウレシイ訳がない

ここは一発、
アマガエル   とか   アシナガバエ に、頑張ってもらいたい!
左 : アマガエル                 右 : アシナガバエ
もちろん、
ネコハエトリ ネコハエトリ様にも頑張っていただきたいっす
 
 こちらは頑張らないネコ
    頑張らないネコ


そんなこんなで、
ダイコン成長具合
 今のところ、こんなに順調に育ってる

 あとひと息だ!
秋なんで、庭の草木も実をつける。
花は検索すると、けっこう画像が氾濫してるけど
実になったのって、あんまりない。
これなんの実?って、実から調べられないのだ。
だから、載せておく。
なんたって、備忘録だかんな。
 
モントブレチアの実  モントブレチア全景

モントブレチア (檜扇水仙) の実  (色=オレンジ)
水仙」 とあるが、アヤメの仲間
春~初夏に濃いオレンジ色の花が咲き、ほっといても雑草のように増えていく
クシャクシャにひしゃげた歪な実、この写真がなかなか検索に引っ掛からなくて、一番同定に苦労した

ヒイラギの実  ムラサキシキブの実

左 : ヒイラギの実 (色=赤)   右 : ムラサキシキブの実 (色=紫)
メジャーどころですな
っていうか、いつ花なんか咲いてたんだろ

シランの実 シランの実  (色=茶)
 もしかしたら、これからもっと色が変わるかも?
 花も風流だが、実も侘び寂びを感じさせる、この渋さ
 枯れ具合が、冬が近いことを感じさせる





ダルマヒオウギの実 ダルマヒオウギの実  (色=黒)
 あのきれいな花から、こんな真っ黒な実が出来るんだな
 (花は 9/7 の項を参照のこと)
 以前、おふくろがこの実をドライフラワー?にしてて
 「何の花の実?」 と聞いたら
 「花なんか見たこと無い!」などと言っていたが
 別物だとでも思っていたんだろうか
 なるほど花からはイメージできない実の有様だ
 一株で2度ウマイ、お得な植物ではある 









モロヘイヤの実 お ま け
 モロヘイヤの実  (色=緑)
 形はオクラに似てる
 かの有名な健康野菜の実
 実は (花も) 「どくいりきけん たべたらしぬで
 ・・・まあ死なないかも、死ぬかも
 なので、収穫したときと食卓に上がったときのダブルチェックはかかせないw
 
季節柄、家の庭もだんだんと花が減ってきた。
秋の深まりを感じさせる、つーか寂しげな花しかなくなってきたけど、
それでも虫たちは集まる。

イヌタデ とキタヒメヒラタアブ イヌタデキタヒメヒラタアブ
 とても小さい花に、これまた小さい虫
 常にホバリングしてるんで、
 静止してる姿を撮るのは結構ムズイ
 七宝焼きかラスター彩のように
 美しいアブですな  







孔雀草とヒラタアブ 孔雀草ヒラタアブ
 上のキタヒメヒラタアブと似てるけど
 なんかちょっと違うようなんで
 同定してません
 しかし、孔雀草の花もヒラタアブが
 相手だと、巨大に見えるw
   






孔雀草とアシブトムカシハナバチ 孔雀草アシブトムカシハナバチ
 足太昔花蜂、ですな
 初めミツバチかと思ったけど
 特徴がこっちに近いので同定
 ミツバチよりちょっとだけでかい
 おまけに少し毛深い

 このあと、ミツバチと鉢合わせして
 少々やりあっておりました




ハナムグリ 白蝶草ハナムグリ
 鮮やかなグリーンの背中と、そこに散らばる
 黄色い星がきれいなカナブンの一種
 ただし、花粉まみれである

 朝早かったので、花に潜って寝ておりました
 (突付いて起したケド)






コマルハナバチ サルビアコマルハナバチ
 こいつも忙しなく飛び回って
 ちっとも黙っててくれないw
 しかし毛深いですな
 最初、黒い大きな物体が飛び回ってたんで
 クマンバチかと思った
 
 クマンバチといえば
  
     ↓

     ↓  

クマンバチ スターチスクマバチ (クマンバチ)
 全く動かないので、死んでるのかと
 なにもこんなところで・・・と思ったら
 ちょっと突付いたら触角を動かした
 ・・・寝てたんですな
 しかし茎がしなるくらいに重そう
 しかもぶらぶら風になびいてて
 これで安眠できるんだろか 




 
なにも教養大の学祭だけが散歩の目的ではなかったので、
道すがら見つけたものを幾つかUP。

元・森林組合の建物 (今は国際教養大が使ってるらしい) の裏
     ↓ ↓
プラザクリプトンの裏に広がる散策道
(天皇陛下が数年前に宿泊したときに 「お気に入り」 になった小道か?)
     ↓ ↓
国際休養大 学祭会場
     ↓ ↓
七曲の湧き水 (戸島清水)

というルートが、今日の散歩道。

アケビの実 アケビの実
 幾つか採ってきた
 山に行かなきゃ手に入らない上に
 長いこと中身しか食えないと思ってたが、
 実は皮もりっぱな食材だとは
 進学で県外に出てたときに初めて知った
 某県では普通にスーパーで売ってたりする 
 苦味が強いので、嫌いな人は嫌いかも
 明日にでもアケビチャンプルーにしてみっか




アオツヅラフジの実 アオツヅラフジの実
 青い実がひときわ目立つ
 ツル状だし、はじめ山葡萄かと思って
 よく見たら違った
 葉っぱは両面に産毛が生えててやわらかい感じ
 雌雄別株だそうだ
 おふくろが 「食べれないよ」 とか言っていた
 
 




山椒の実 山椒の実
 似たようなのに 「イヌザンショウ」 と
 いうのがあるが、
 葉の形と実の数で勝手に判断w
 ホントは針の付き方で区別できたそうだが
 そこまで確認してこなかった
 ・・・でも齧ってもあまり山椒っぽく
 なかったから違うカモ





アゲハチョウとツツジ アゲハチョウ
 戸島清水の入り口の植えてあるツツジの花に来てた
 ツツジって、秋も咲くんだな
 アゲハはかなり小さく、モンシロチョウくらいの大きさの上、
 羽もだいぶ擦り切れて赤と青の紋もなくなってたから、
 最初は別の蝶かと思った
 
 でも、こんなに一生懸命生きてる
 それこそがこの美しさを生み出してるんだと思う





やっと、雨があがった。
そこで3、4日まえに新聞チラシが入ってた、国際教養大学の学祭に散歩がてら行ってきた。
おふくろと犬は徒歩、俺はもちろんチャリ。
帰ってきたら、TVで 「北朝鮮、核実験実施」 のニュースがやってるではないか!?
チクショー、また出遅れたか (何故かは9/6の記事に)。

まぁ、それは置いといて。
学祭といえば、出店である。
だいたい、自分の大学の文化祭にすらまともに行ったことがないのだから、
あとは何をすればいいのかわからない。
(そもそも、センセイが学祭期間に実習を当ててたくらいだw)
ま、そんなわけで出店で買ったものをUP。

トルコアイス 伸びたトルコアイス
 
トルコアイス
国際教養大学、というくらいだから各国の名物料理の出店が出てる。
学生も国際色豊かなハズなんだが、なぜか殆ど見かけない。
トルコアイスの出店も、どうやら日本人の学生さんがやってるようだ。

フルーツ缶の下にアイスが埋まってる。
左は、どれだけアイスが伸びるのか試してみたところ (モデル=おふくろ)。
正直あまりおいしくなかったようで、あとで会場から離れたところで犬にやってた。

バナナのから揚げ食べてみる バナナのから揚げ
 
バナナのから揚げ
コーンフレークか何かのコロモを付けて揚げて、粉砂糖を振りかけてある。
旨い!
コロモのかすかな塩っぱみと、バナナの甘さが絶妙のハーモニーを奏でていて(・∀・)イイ!!
ちなみにインドネシアの出店。

あと、ピロシキも買ったが、写真撮り忘れた。
味は (以下自粛
学祭パンフ 学祭のパンフレット
 そうそう、入り口でこれ貰ったんだっけ。

 会場はチャリ乗り入れできなかったので、
 入り口の受付テントの柱に縛りつけさせてもらった。
 受付のオニイチャン、防犯サンクス!


今日で3日連続の雨。
しかも、しこたま寒い。
 PCで暖をとる猫 
 家の猫は、困ったことにPCの上で暖を取る
 あの巨体をよくもまぁ、この狭いスペースに乗っけられるものだと
 感心してしまう。

 猫だけあったかいのはズルイので、
 今年初めてストーブを点けることにした。


身繕い1   身繕い2  キレイになった
 すぐにストーブの前は乗っ取られた。
 おもむろに身繕いを始め、
 ハイ、肉球もこのとおりきれいにナリマシタ

 そして、その後はお約束通り
        ↓
居眠り猫 オヤスミですね
 (注)ストーブが小さいのではありません
     こいつはホントにでっかいんです!
 
     (世間では「デブ」ともいいます) 
ジョンイルの大爆笑 《 ジョンイルの大爆笑 》
 いまやすっかりお馴染み、時の人となった
 北朝鮮の将軍様 「ジョンイル君」 の
 パロディーFLASH
 北朝鮮らしいブラックジョークが何ともいえない
 風味を添えています。 
 BGMに乗ってすっかり歌えてしまうところが
 おのれの歳を思い出させるけどねw
 



 世の中、核だ制裁だとなにやら物々しい雰囲気になってますが、
 こんなフラッシュが作れて巷に出回るのも、日本が良くも悪くも平和で自由だからなんだと思うよ。

     ということで、さぁ皆さんご一緒に
       「ジョ、ジョ、ジョンイルの大爆笑~!」
                                       (リンク元:面白フラッシュ倉庫.jpさんより) 
前回の続き。

さて、第一の難関をクリアしたところで
今度はアップローダーを探すのに苦労した。
今はやりのYou Tube はロードするのに時間がかかりすぎ。
かといって、検索にかかるのは変なサイトばかり。
ようやく見つけたのが、「らくちんFLVメーカー」 というサイト。
詳しくは該当サイトを見ていただくとして、そちらを利用したFC2ブログへのUPの仕方を画像付きで紹介。
 
PCに落とした携帯動画をブログにUPする
「らくちんFLVメーカー」ログイン後 1.「らくちんFLVメーカー」 にログイン 
 と、する前に、まずは登録して会員になる
 (無料。登録しましたメールが来る)
 ログインしたら、「新しい動画をアップロード
 をクリック

 その後は指示に従ってステップを
 踏んでください
 ※画面の大きさはこの過程で変更可
  小なら携帯画面くらい
  中で一般的なQuickTimePlayerくらい

  しかし大きくした分だけ画質は荒れる


FC2で使うタグ 2.タグの発行 
 UPした動画のタグがもらえます
 ここで、FC2ブログで使えるのは
 「ポップアップウィンドウ用」 の方
 「埋め込み用」 は上手くいかなかった
 (俺のやり方が間違ってたらゴメン)

 タグをコピーしたら、






タグを「本文」欄に貼り付ける
 3.タグを貼り付ける 
 ブログの管理画面に入り、記事の「 本文」 の欄に貼り付ける
 ここでは 「動画はこちら」 という文字にURLボタンでリンクした

 プレビューで確認してみる
 「動画はこちら」を踏んでみて、ちゃんと別窓開いて再生されるか確認
 どうやら成功!


以上、俺なりのやり方で試行錯誤の連続、最終的にこの方法に落ち着いたので紹介してみた。
これからも精進の毎日だが、こんな些細な成功例を報告することで、
誰かのいつかの助けになればいいな、と思う。


ブログを始めて1ヶ月。
この間いろいろと勉強になることが多かった。
ただ見るだけの側から、見せる側になって初めて学んだこと・知ったこと、そして試行錯誤の連続。
そのなかで、俺がおぉ~!とカンゲキした技を一つ紹介。
(俺みたいなブログ超初心者向けですが)

携帯で撮った動画をPCで見たい
          用意するもの・・・携帯(DOCOMO N901iC)、miniSD、カードリーダー、PC(WindowsXP)
とっさに撮った携帯動画をブログに載せたいというとき、
よくある方法が「メールで動画アップロードサイトに送る」というやつ。
だけどこれにはデメリットがある。
 × 動画が長い (ファイルが大きい) と、メールで全部は送れない!
     機種によるとは思うが、あくまでも俺がチャレンジしたらそうだった。
そこで、携帯のminiSDを使う。
 ○ 長い動画を直接PCに取り込んでしまうことが出来る
     自分のPC上であらかじめ動画の出来を確認できる。失敗してたらポイ。 

ここで問題が。
普通にminiSDをカードリーダーで読み込むと、「 ○○枚の画像があります」と出て、あれ?動画は???となってしまったのである。 ← ここが第一の難関
これは、次の段階で解決することができる。 
以下、画像付きでフローを紹介。

MiniSDを読み込む 1.スキャナとカメラウィザードの開始
 MiniSDをカードリーダーで読み込むと、
 こんな画面がでてくる
 ここで、「上級者向け」ってところを
 クリックする








動画のフォルダ 2.miniSDに入ってるフォルダ
 実は、miniSDにはこんなにフォルダがある
 ここで 「SD_ VIDEO
 って奴を見てみる
 動画が入ってるはず









今回読み込んだ動画    名前を変えて判りやすく 
3.動画のフォルダを開く
 ほらあった!
 ここで、判りやすいように名前を変更しておこう (右の画像)
開くと別窓で再生 4.画像を開いてみる
 ダブルクリック、または
 右クリック⇒プログラムから開く
  ⇒Quick Time Player で開く

 すると、プレイヤーが別窓で出てくる
 再生してちゃんと撮れてるか確認してみよう

 ※再生画面の大きさは携帯で撮ったままの
  大きさになってる
  これはあとで変更できる
 
 

別のフォルダに保管 5.動画を別のフォルダに保管する
 4.の時点ではまだminiSD上にあるので
 PC内のどっかに引越しさせる
 マイドキュメントにでもいいし、 
 今回は新しくフォルダを作って
 そちらに保管した








新しいフォルダを作って移動後 6.引越し完了
 とりあえず、「動画」 というフォルダを
 作ってそこに保管してみた 
 

 ここまで来ればあと一息、前半終了だ





 ということで、
 長くなったので後編に続く

しばらく前から庭に飛んできてた変なトンボ。
いや気づかなかっただけで、毎年当たり前に来てたのかもしれないが。

毎日トンボの顔を覗き込んで、はや2週間。
聞き込みにまわる刑事の気分で、もはや発見もあきらめかけた頃・・・
やっと写真に収めることができたんで、UP。

マユタテアカネ上  マユタテアカネ真上

こうして見ると、なーんだ普通のトンボじゃん、アキアカネとか?と思われましょうが、いやいや違うんですよ警部。
こいつの顔をよーくとご覧なってください。
マユタテアカネ正面 マユタテアカネ
 どうやらホシは変装してるようです
 ほら、マユゲを太くしたりして
 これでも変装してるつもりですかね
 まったくフテェ野郎だ

 ・・・じゃなくて、これがホントに素顔
 マユゲじゃなくて鼻穴に見えるんだけど
 しかし笑える顔だw




マユタテアカネ変な顔 さらに変な顔
 口元をだらしなく開いて、お間抜け顔
 実際はお口パクパク状態の一瞬










マユタテアカネ横 横から見ると
 あまりマユゲが目立ちませんな
 ほとんどアキアカネって感じだが
 アキアカネよりもちょっとだけ小さい
 ような感じがする

 大人しく捕まってくれてありがとう
 このあと、そっと元居たとこに帰しました





ちなみに、下の 左 : ナツアカネ 、 右 : アキアカネ (どちらも以前撮影)
ナツアカネ   アキアカネ


以上、小さい画像はサムネイルです
2ヶ月目を前に、多少変更かけました。
よーし、だんだん馴れてきたぞー!
伯父 (と、おふくろと犬) に付き合い、散歩に出かけた。
といっても、俺はチャリだったが。

道々、川では遡上してきた鮭を発見し (初めてみた)、鮎?ウグイ?の投網漁をみたり、
山栗の食った跡とデカいフンを発見したり
(頼む、誰かサルとかカモシカだと言ってくれ!  まさかク(以下略))。
はたまた犬にちょっかい出されて興奮したヘビに遭遇したり。

精一杯アゴを張り出して頭を三角にし、尾をガラガラヘビのように激しく震わす姿、
さらにはうろこをずらして模様を変えてまでして、
と、ここまで描写すればまるでマムシのようだが、実はシマヘビ君。
かなりお怒りのようだった。スマンカッタ。

おおよそ10km弱の道のり。
犬も人もお疲れさまでした。

今日見かけたやつで、写真に撮れた (間に合った) もの
カラハナソウ(毬花) カラハナソウ 
 昨日ちらっと書いた、日本固有種のホップ
 道路っぱたにわんさかあった
 もう時期遅れで枯れ始めてるけど
 調べたら、カラハナソウ酒なんて
 作ってる人もいるらしい
 多少の苦味はあるのかな






ガガイモの袋実 ガガイモの袋果
 これがさらに茶色く乾燥してきて
 パカッと割れると
 中から綿毛の付いた種が出てくる
 昔はばあちゃんとかがその綿毛を集めて
 針山とかに利用してた
 あの綿毛は触りがいがあって気持ちいい






マタタビの実 マタタビの実
 サルナシがいっぱい生っていたんで
 採ってこようかと思ったが
 手が届かず断念
 しかたなく傍にあったマタタビGet
 家の猫にやろうかと持ち帰った
 (持ち帰るのは自家消費できる
 程度にしましょう)






さっそく猫にやってみた
猫にマタタビ   猫にマタタビ2

ごろごろ酔いまくるのかと思ったら、葉っぱをカジカジ―――、フン!
・・・それでお終いでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。
元・ばあちゃん家 (今・伯父さん家)で見つけた、
うっかりすると見落としそうな 「秋」 のいろいろ。

コハゼ コハゼの実
 紅葉が進んできて、実も黒く色づいた
 食べごろですな

 このままでもいけるけど
 俺はジャムの方が好き
 パンはもちろん、豚のソテーとかに
 添えても(・∀・)イイ!!




 
カリンの実 カリンの実
 俺にとっちゃ、お酒の材料
 
 木に生ったカリンの実って初めて見たけど
 付き方がなんかヘン
 間違っちゃいないか?
 こうなのか???
 (ちなみに他の実もこんな付き方してた
  これで正しいんだろな)




ここで、食べれない実をふたつ (小さく載せたりして)
ツルマメ  野ブドウ

左 : ツルマメの実。まるで小さな枝豆。実は食えたりするのかな。
右 : 野ブドウの実。山ブドウと違って食べれないそうだが、
    昔はこの実を何かの薬にしてたそうな (おふくろ談)。

カナムグラ雌花 カナムグラの♀花
 おふくろが 「ホップが生えてる!」と
 騒いだので、何だと思ったら・・・
 違いますよ、れっきとした 「雑草」 です
 例の 「トゲが痛痒いヤッカイモノ」 だろうに

 ま、確かにホップ属ではあるけどね






カナムグラ雄花 ちなみにカナムグラの♂花
 雌雄異株で、♂株が多く♀株が少ないらしい
 ♀株を見つけてホップだと騒いだのも無理ないか
 普段あまり気にしてないもんね


近似種に日本固有のホップである 「カラハナソウ」 というのがあるが
これはいわゆる 「ホップ」 と見かけがそっくり。
以前、近くの山に自生してたはずだけど、最近は確認してないや。

アザミの仲間 アザミの仲間
 杉林の中でひっそりと咲いてた
 アザミは同定が難しいので
 なんていう種類なのかワカラン
 少し前にも、男鹿で新種のアザミが
 発見されたなんてニュースあったし







変な草の実 変な草の実
 写真映り悪いですが、
 よーく見てみてください
 軸元に実の付いた剣のようなのが
 実が熟すとパーンと?跳ね上がって
 まるで大風にあおられた傘の骨状態です
 なんていう草かは知らんけど
 精一杯生きてます、って雰囲気に
 目頭が熱くなる思いですw




お ま け
カマキリ♀ カマキリ
 カマキリにも幾つか種類があるらしい
 そうと知っていればちゃんと見てきたのに
 ってかその体勢、苦しくないですか?



以上、小さい画像はサムネイルでお届けしました
昨日の秋田魁新報に、なんかトイカメラの記事が載っていたわけだが
おふくろがそれを見て、居間の引き出しから古いカメラを引っ張り出してきた。

今からかれこれ40年前、カメラ屋に勤めた同級生から買わされたものだという。
当時の値段で1万円。
今の物価に直すと、3万円くらいか。

「これって、まだ使えるんだが?」
んなこと俺に聞いてもわからんわい。

フジカハーフ全景 フジカハーフ (1965か66年物)
 1本のフィルムで倍の写真が撮れる
 というオトクなカメラ
 12枚撮り用のフィルムなら24枚撮れる
 (実際には27枚くらい撮れる)
 原理はワカラン

 持ち主が取り扱いに無頓着なので
 あちこち傷だらけ
 俺が小学校半ばあたりまで
 使っていたのは覚えてる


 
フジカハーフ背面  フジカハーフ上部

左 : 背面。ここをパカッと開けて、フィルム交換。
右 : 上部。時代的にフィルムは自動巻上げじゃないんだな。

フジカハーフ下面  フジカハーフ機能不明

左 : 下部。誇らしげに 「MADE IN JAPAN」の文字が。
右 : これの機能がさっぱりわからん。持ち主もわからん。何に使うんだ?

上記4画像はサムネイルです。大きく見たい方は画像をクリックしてください。


フジカハーフレンズ部 レンズ部
 ここをクリクリして焦点を合わせるらしい
 オートにも出来る・・・んだろか

 「SEIKOSHA-L」ってのはシャッターの
 ブランドか何かか?
 ちょっと調べてみたけど、
 よく解からなかった
 




取説もなし、持ち主はメカ音痴な上に大雑把な性格とくれば
こいつは性能を生かされないまま40年を過ごしてきたんだろな。
ちょっとかわいそう。
すっかり忘れていたが、稲刈りの時期は栗拾いの時期でもある。
ガキのころは、大人 = 稲刈り、子供 = 栗拾い ってのが
秋の休日の決まりごとだった。

一応、我が家にも栗の木が1本だけある。
ばあちゃん家から貰い受けたやつだ。
10本近くあったはずのばあちゃん家の栗の木は、今はもう1本もない。
俺んちのが、唯一の末裔というわけだ。

落ちてたクリ 忘れていただけ、やっぱり落ちてる
 
 土手際に木が生えてるんで
 落ちた栗は斜面か、下の用水路に
 転がってることが多い
 ちょっと間違えると
 俺も用水路に転落しそう

 




シマヘビ横顔  シマヘビ

ふと気が付いたら、シマヘビ君登場
体長80センチくらい?
近くにコオロギとアマガエルがいたんで、狙ってたのかもしれん
(なんかどっかで聞いたような組み合わせだな)
赤い目と赤い舌がとってもキュートw
カメラのライトを点けたら、熱に反応したのか近づいてきた
俺は餌じゃないよ・・・
(注意 : ヘビが苦手という人のためにサムネイルでお届けしてます。
      大きく見たい方は画像をクリックしてください)

実入りイガ イガごと落ちてるやつは 

       ↓


       ↓


       ↓

       ↓


火バサミでこじり取る 火バサミでこじり取る!
 ホントは両足 (靴) で踏んで
 採るのが正しい・・・と思う
 今日は裸足にサンダルだったんで
 火バサミ使いました
 (自宅なんだから履き替えてこいってか) 







クリ本日収穫分 本日収穫分
 拾ったの、竹棒で叩き落としたの
 半々くらいかな
 もうあと竹棒で届かないような所にしか
 実がなってないんで
 残りは落ちてくるのを待って拾うしかない

 今のところ、虫食いは一個もなかった
 まだまだ収量は少ない
 今年は遅いようだ

 しばらく干してから食べる予定

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。