野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の秋田魁新報に、なんかトイカメラの記事が載っていたわけだが
おふくろがそれを見て、居間の引き出しから古いカメラを引っ張り出してきた。

今からかれこれ40年前、カメラ屋に勤めた同級生から買わされたものだという。
当時の値段で1万円。
今の物価に直すと、3万円くらいか。

「これって、まだ使えるんだが?」
んなこと俺に聞いてもわからんわい。

フジカハーフ全景 フジカハーフ (1965か66年物)
 1本のフィルムで倍の写真が撮れる
 というオトクなカメラ
 12枚撮り用のフィルムなら24枚撮れる
 (実際には27枚くらい撮れる)
 原理はワカラン

 持ち主が取り扱いに無頓着なので
 あちこち傷だらけ
 俺が小学校半ばあたりまで
 使っていたのは覚えてる


 
フジカハーフ背面  フジカハーフ上部

左 : 背面。ここをパカッと開けて、フィルム交換。
右 : 上部。時代的にフィルムは自動巻上げじゃないんだな。

フジカハーフ下面  フジカハーフ機能不明

左 : 下部。誇らしげに 「MADE IN JAPAN」の文字が。
右 : これの機能がさっぱりわからん。持ち主もわからん。何に使うんだ?

上記4画像はサムネイルです。大きく見たい方は画像をクリックしてください。


フジカハーフレンズ部 レンズ部
 ここをクリクリして焦点を合わせるらしい
 オートにも出来る・・・んだろか

 「SEIKOSHA-L」ってのはシャッターの
 ブランドか何かか?
 ちょっと調べてみたけど、
 よく解からなかった
 




取説もなし、持ち主はメカ音痴な上に大雑把な性格とくれば
こいつは性能を生かされないまま40年を過ごしてきたんだろな。
ちょっとかわいそう。
スポンサーサイト

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。