野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにも教養大の学祭だけが散歩の目的ではなかったので、
道すがら見つけたものを幾つかUP。

元・森林組合の建物 (今は国際教養大が使ってるらしい) の裏
     ↓ ↓
プラザクリプトンの裏に広がる散策道
(天皇陛下が数年前に宿泊したときに 「お気に入り」 になった小道か?)
     ↓ ↓
国際休養大 学祭会場
     ↓ ↓
七曲の湧き水 (戸島清水)

というルートが、今日の散歩道。

アケビの実 アケビの実
 幾つか採ってきた
 山に行かなきゃ手に入らない上に
 長いこと中身しか食えないと思ってたが、
 実は皮もりっぱな食材だとは
 進学で県外に出てたときに初めて知った
 某県では普通にスーパーで売ってたりする 
 苦味が強いので、嫌いな人は嫌いかも
 明日にでもアケビチャンプルーにしてみっか




アオツヅラフジの実 アオツヅラフジの実
 青い実がひときわ目立つ
 ツル状だし、はじめ山葡萄かと思って
 よく見たら違った
 葉っぱは両面に産毛が生えててやわらかい感じ
 雌雄別株だそうだ
 おふくろが 「食べれないよ」 とか言っていた
 
 




山椒の実 山椒の実
 似たようなのに 「イヌザンショウ」 と
 いうのがあるが、
 葉の形と実の数で勝手に判断w
 ホントは針の付き方で区別できたそうだが
 そこまで確認してこなかった
 ・・・でも齧ってもあまり山椒っぽく
 なかったから違うカモ





アゲハチョウとツツジ アゲハチョウ
 戸島清水の入り口の植えてあるツツジの花に来てた
 ツツジって、秋も咲くんだな
 アゲハはかなり小さく、モンシロチョウくらいの大きさの上、
 羽もだいぶ擦り切れて赤と青の紋もなくなってたから、
 最初は別の蝶かと思った
 
 でも、こんなに一生懸命生きてる
 それこそがこの美しさを生み出してるんだと思う





スポンサーサイト
やっと、雨があがった。
そこで3、4日まえに新聞チラシが入ってた、国際教養大学の学祭に散歩がてら行ってきた。
おふくろと犬は徒歩、俺はもちろんチャリ。
帰ってきたら、TVで 「北朝鮮、核実験実施」 のニュースがやってるではないか!?
チクショー、また出遅れたか (何故かは9/6の記事に)。

まぁ、それは置いといて。
学祭といえば、出店である。
だいたい、自分の大学の文化祭にすらまともに行ったことがないのだから、
あとは何をすればいいのかわからない。
(そもそも、センセイが学祭期間に実習を当ててたくらいだw)
ま、そんなわけで出店で買ったものをUP。

トルコアイス 伸びたトルコアイス
 
トルコアイス
国際教養大学、というくらいだから各国の名物料理の出店が出てる。
学生も国際色豊かなハズなんだが、なぜか殆ど見かけない。
トルコアイスの出店も、どうやら日本人の学生さんがやってるようだ。

フルーツ缶の下にアイスが埋まってる。
左は、どれだけアイスが伸びるのか試してみたところ (モデル=おふくろ)。
正直あまりおいしくなかったようで、あとで会場から離れたところで犬にやってた。

バナナのから揚げ食べてみる バナナのから揚げ
 
バナナのから揚げ
コーンフレークか何かのコロモを付けて揚げて、粉砂糖を振りかけてある。
旨い!
コロモのかすかな塩っぱみと、バナナの甘さが絶妙のハーモニーを奏でていて(・∀・)イイ!!
ちなみにインドネシアの出店。

あと、ピロシキも買ったが、写真撮り忘れた。
味は (以下自粛
学祭パンフ 学祭のパンフレット
 そうそう、入り口でこれ貰ったんだっけ。

 会場はチャリ乗り入れできなかったので、
 入り口の受付テントの柱に縛りつけさせてもらった。
 受付のオニイチャン、防犯サンクス!


牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。