野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は昨日、部屋に戻ったら床にトンボの死骸がふたつ・・・
家のネコが捕ってきたらしい。
わざわざ部屋に持ち帰るな! と やさ~しく諭したら、
今日はさすがになかった。エライゾw

オオアオイトトンボ

オオアオイトトンボ
これはネコが捕ってきたトンボとは別だけど
こんな時期にイトトンボ? とちょっと驚いて接写。
イトトンボ = 夏の風物詩 だと思ってた)
調べたら、この種は秋のトンボなんだってね、へー。
   ※ 体長4.5cmくらい。 
     他のイトトンボと違って、留まったとき羽は閉じずに広げたままが特徴
スポンサーサイト
孔雀草とアシブトムカシハナバチ 先日、アシブトムカシハナバチとして紹介した蜂、
実はハキリバチだったんじゃないか?と考え直している。      コイツ ⇒
というのも、犯行現場があり証拠も残っているのに、
どうしても実行犯が確保できないのだ。
検索すると、人着はほぼ一致。
こいつか?こいつなのか??

さて、まずは残された証拠とやらを見てみよう。

ツルバラ○切り葉
 ツルバラの葉
 典型的なハキリバチの犯行
 きれいに丸く切り抜いた様は
 まるでコンパスを使ったよう
 芸術的でさえある
 
 ところで、俺はハキリバチつったら
 バラの葉だけ選んで切ってると思ったんだが




ハキリバチにやられた萩
 シロバナハギ もやられてた
 葉が小さいのか、中央の太い葉脈に
 カットを阻まれて円になってないゾ
 何でもかんでも○に切らなきゃいけない
 ってワケじゃないのか
 ちょっと失望した






コマユミ○切り葉
 コマユミの葉も犠牲に
 葉の大きさは上の萩とかわらんくらいなのに
 これに限って切り取る円周を小さくして
 丸くおさまってる
 さては、学習したのか







ヒペリカム○切り葉
 ヒペリカムよ、お前もか・・・
 奴はちょっと厚めの葉でもいいらしい
 ここまで来ると、まるで見境無しの様だが
 実は共通点がある
 それは 「犠牲“葉”の裏表には
 毛が生えていない」
 そうか!

 ・・・いや、まてよ



スモークツリー葉
 じゃあ、なんでスモークツリーの葉は
 被害にあわないんだ?

 条件ぴったりだと思うんだけどなー









ちなみに、ハキリバチは気に入った一種類の葉だけを刈るそうだ。
(バラなら、ひたすらバラの葉からだけ切り取る)
とすると、ここには少なくとも4個体のハキリバチがやってきている、ということか。
現在、犯人は複数、それも4匹以上、というところまで捜査は進んでいる。
 

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。