野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝は珍しく、俺がの散歩に出た。
朝なので、ショートコースである。
家のは朝夕の2回、散歩が日課だ。
そして、必ず一度の散歩に2回は大をする。
すなわち、一日4回の大だ。

ところが今朝に限って、1回もしなかった・・・。
どうした!?

それはさておき、は主人公ではない。

ニホンハッカ? ← ニホンハッカ?     オランダハッカ? → オランダハッカ?

道々見つけたのだが、どちらもミント系だとは思えどはっきりと種名がわからない。
いずれにせよ、雑草状態で誰も見向きもしないような、そんな足元の草花。

コウリンタンポポ  ホソバアキノノゲシ

左 : コウリンタンポポ    と、   右 : ホソバアキノノゲシ
色違いの似ったくさい花だけど、違うんですね、これが。
どっちかってーと、コウリンタンポポの方が茎の毛といい苞といい芥子に似てる気がする、そう思うのは俺だけ?
ホソバアキノノゲシは、花よりも蕾 (苞) のほうがデザインが凝ってて可愛い。

畦に実る稲 ススキに絡んだツルマメ

 左 : 畦に実る    と、   右 : ススキに絡んだツルマメ
多分、田植えの際に余った苗を畦に放置した結果なんだろけど、
よく実をつけたナーと感心。
田んぼはきれいに刈り取られても、畦のはやはり見捨てられるのか。
きっとこういうのは後々スズメの餌になるんだな。
そしてツルマメ
これでもか!ってなくらい実をつけて、まぁススキさんの立場も考えてあげりゃいいのにw
そうそう、ツルマメって枝豆のご先祖様なんだってね。よく似てるわ。

ススキといえば、

これなんて袋?
 こんなもん見つけた
 どちらさんの仕業かわかりませんがね、
 そりゃまあ見事に折りたたんで、形成しとります
 その巻き、三重ナリ
 中になにが入ってるんでしょうかねー
 見てみたいですねー
 でもそっとしとこ





キンミズヒキ  キンミズヒキと犬

キンミズヒキ の実
引っ付き虫な草の実
でも草丈が高いので、とかの背丈の低い動物には付きそうにもない。
とすると、身近な対象は・・・ハッ!人間か!?

チカラシバの実  チカラシバ

チカラシバ
ただの雑草と言ってしまえばそれまでだけど
偶然、実が付いてるやつを発見。
・・・あまり見たことないよね? ( ← 同意を求めたりして)
それにしても、チカラシバってネーミングもなんだかな。
俺的には興奮した 「ネコノシッポ」 の方がしっくり来るんだが。

最後に、役に立つ (らしい) 野草をひとつ

ナギナタコウジュ
 ナギナタコウジュ
 シソ科だそうで、強い芳香を放つそうだが
 俺にはまったく臭わなかった。
 花が片側だけに付くのを見立てて
 薙刀の名がついてる

 乾燥させて風呂にいれると
 腰痛etc に効くらしいが
 ちょっと試す勇気はない
スポンサーサイト
昨日おふくろが 「庭の大改造・秋の部」 をやったらしい。
というか、ころころ庭の景観が変わっているので 「秋の部」 というよりは
「春から“今もって”改造中」 の方が正しいかもしれん。

で、例のダルマヒオウギの黒い実が、刈り取られてバケツに差してあった。
昨夜の時点では、いたって普通。なんの変わり映えもしない。

しかし一夜明けてみると、
何かの巣?卵?  何かの巣?卵?2

何だこりゃ!?
こんなもん、昨日の晩にはなかったぞ!

縦長2cmくらい×幅1.5cm位、ふつふつと泡だっているような感じ。
恐る恐る触ってみた。
ん?硬い・・・かな。
ウレタンか何かのようだ。
虫の巣?卵?いったい何なんだ?

エイリアン系だったらイヤなんで、これ以上追究しないことにした。
しかし一晩でこんなヘンなもの作り上げるとは、
恐るべし○○! ( ← 何だか判らんから伏字にしとく)


牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。