FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

※注意※
今回の記事には、ショッキングな画像が含まれております。
お食事中の方、気の小さい方には、いちおう心の準備をしておくことをオススメします^^;


土曜日の散策。
合流点から岩見川の川原を廻り、ハンパクサイところから河川敷に上がった俺。
なんとか農道まで戻ろうと、藪を掻き分けているときのことだった。


090404 枝に挟まれた異物

  ふと見上げると、木の枝にヘンチクリンなものが。


ハヤニエだろか、でも今までそんなモンなかったよな。
ってか時期じゃないし。
実とか枯葉があった記憶も無い。
一体なんだろうと、やることはひとつw

枝をしならせ手元へ手繰り寄せ、それを見ると、

    ↓    ↓    ↓     ↓     ↓    ↓


090404 ネズミの欠片1

 わ、肉片・・・・・。


毛はパヤパヤダイ(と言って、通じる方言なんだろか)。
しかし生々しいな、この赤身。
もしかして新鮮なんだろか、ちょっと突付いてみた・・・・・小枝でw
 (いくら俺でも、素手では触れませんがな^^;)
表面は乾いているけど、弾力充分。
反対側(お見せできません、もっとアブナイ感じだったので)も、まだ生乾きだ。


090404 ネズミの欠片2

  さて何の肉・・・・というか何の動物でしょう。
  そう思って観察すると、小さな小さなお手々付き。
  あー、ネズミかぁ。
  しかし疑問なのは、なんでこの部位だけが、枝に挟まって宙にあったのか。
  誰の食事跡か判りませんけどね、肉残しちゃいかんよ肉。
  なんでこんなハンパな残し方するかなー。


閑話休題。
この日は珍しく、フィールドにヒトがいた。
梵字川の鉄橋んところの空き地に、車が留まっていたのだ。
して川岸に下りると、釣り人が。
しかしこのおっさん、マナーが悪い。
川岸は獣道のようになっているのだが、その真ん中にデンと腰を下ろし、道を譲る様子も無い。
しかたないので俺は、藪の中を迂回。
帰りにも居て、やはり道を譲らず。
しかも、車の傍には投げ捨てたゴミが増えていた(怒
もちろん俺は “天に代わってお仕置き” しましたけどね(車のミラーにゴミを挟んできた)。
いやそれだけじゃないよ?


090404 マナーの悪い釣り人車

  ナンバー隠さず晒しage(・∀・)



戻り道、梵字川の土手道から下りて、またもばあちゃん家の外れの林から敷地侵入。
そういや伯父が、“畑の外れに大きな黒い羽根が沢山落ちてた” とか言ってたっけな。
前の日の話を思い出し、探してみる。


090404 トビの羽根1

  伯父とおふくろの要領得ない話では、なにかトンでもない鳥さんかと思ったら、
  なんだ、トビの羽根(左風切)じゃんか。
  しかしこの様子、これでは左翼はやられたな、もう生きてないだろうな。


090404 トビの羽根2

  なぜか右翼と本体は見つからない。
  しかしここで、一体なにがあったのか。
  ここから前に林の中で見つけた白骨たちとは、2・30mほどしか離れてない。
  別物だと判るだけに、もしかしてここは“紛争地域”なのか?と思考が飛躍しました^^;


新年度直前からの仕事パニックで、なんだかマジに壊れそうな日々が続いています。
おかしいなー、普通の月なら第二週は少しラクなのに・・・・。
もしかしたらこの先、ときおり更新が滞るかもしれません。
そのときは、あぁ牛柄果ててるな、そう思ってくだしぃ。
・・・・・くっそー、働き分のサラリー寄こせ!
スポンサーサイト



牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング