FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

3週続けての、野歩き。
よしよし。

隣の会社のトラックが煩くて目が覚めた、3時50分。
外はまだ薄暗い、飯食って顔洗ゃ夜も明けるだろ。
そんなこんなで、家を出たのは5時半前。
すぐに足元びっしょり、梅雨ならぬ朝露塗れ。

梵字川の土手道を歩き、山の神様の下あたりを過ぎたところ。
前々からちょっと気になってた、川床に生えた水草。
なんと、

120708 コウホネ

  花が咲いていました。


こりゃコウホネだな、ってかマジでコウホネ!?
俺今まで植物園でしか見たことないし、聞けば池とか沼とか、穏やか~な水域の植物らしいが・・・・。
梵字川って、けっこう流れ速いぞ? なんせカルガモさんだってドンブラコと流されてしまうくらいだし。
よく根付いたな~。

なんかイイモノ見つけちゃったなー、なんて思いながら、少しだけ歩を進める。
と、コンクリ護岸に留まったのは、


120708 キセキレイ

  ちょっと黄味の足りない、キセキレイさん。
  このあと、ほぼ垂直に切り立った護岸を、そのまま真上に真っ直ぐ登って行きました。
  ロッククライマーも顔負けの見事な登坂w


120708 ワルナスビ1

  同じく梵字川の土手道の、某所。
  バナナの花が咲いていました。
  間違えた、ワルナスビの花です。


120708 ワルナスビ2

  いやしかし、美味しそうなバナナが房生りでw


120708 ワルナスビ3

  このワルナスビ、外来種でしかも強壮。
  草刈しても、千切れた根からさえどんどん増えるそうで・・・・おまけにこのトゲ!
  葉の裏にさえ、こんなに鋭そうな棘があります。


今年はクスサンが大量発生、山ほど生えているヌルデが軒並み丸坊主。
それどころかまだまだ足りないと、クルミの木にも手を出し。
あぁヌルデの木、このまま枯れちゃうのかなぁ・・・マジですごい食欲、すごい幼虫の数。
しかも奴らデカイし、見た目はミルクグリーンな綺麗な色なんだけど。


120708 キボシアシナガバチ

  キボシアシナガバチさんよ、君たちのエサ(肉団子)には・・・・大きすぎる相手かなぁ。
  誰かちょっと調整してくんないかな、スズメバチさんとかに期待するほかないのかな。

    
そういや前日、七夕だったらしいが・・・・。
んなことすっかり忘れてた、彦星織姫さんたち逢えたのかねぇ。
スポンサーサイト



2週続けての、散策。
うーん、2週続けて、だなんてそうとうに久しぶりだな。
そして前の散策後からのこの1週間、梅雨時だっちゅーに一滴も降らず。
カラカラお天気、快晴の日々が続き。

そんな、朝からすでに暑い中は土曜日、よりによって長袖長ズボンという格好。
・・・・・汗だくでんな、でも野歩きはできるだけ肌を露出しないようにしないと。


120630 ゴイサギ

  梵字川の土手道、高速をくぐるとたった1枚の田んぼに、5羽ものアオサギが。
  そしてそれに混じって、なにやら小柄、というか首の短い連中が。
  ゴイサギさんが珍しくも2羽、来ていたのでした。


ケンカっ早いくせに肝っ玉の小さいアオさんに比べたら、あんまし警戒心のないのがゴイさん。
それでも、ある程度まで近づいたら、飛ばれまして。
・・・・まぁいいや。

合流点から岩見川を廻り、再び合流点から梵字川へと引き返し、
行きにゴイさんたちを見かけた場所まで、戻ってきたときのこと。


120630 ゴイサギ幼鳥1

  見慣れたゴイさんの大きさに等しい、でもなんか薄汚い(失礼!)、しかも不釣合いなくらいデカい嘴の鳥さんが。


120630 ゴイサギ幼鳥2

  首を伸ばしてもらっても、アオさんにはとうてい及ばず。


120630 ゴイサギ幼鳥3

  何じゃろな~? と思いつつ、足場の都合でぎりぎり近づけるところまで行ってみる。
  背後のアオさん、珍しく飛ばない・・・・きっとまだまだ世間知らずのオコチャマだな。

  
120630 ゴイサギ幼鳥4

  正面を向くと・・・・ヘンなカオw

  
120630 ゴイサギ幼鳥5

  ここまで近づいて、ようやく判った。
  真っ赤な眼、ゴイさんのお子サンじゃん。
  そうか、行きに逢ったゴイサギさんたちのコかしらん。
  周りに大人が見当たらないようだったけど、もうちゃんと独り立ちできてたのかな。
  いっぱいドジョウ捕まえて、立派な大人になれよ~。


この日、低地(低山帯)である我が家の上空には、珍しくもアマツバメたちが飛び交い。
鎌形の美しい弧を描く翼、黒いボディに目立つオケツの白。
それよりもわずかに低高度を飛び交うツバメたちとの競演、乱舞。
なかなか面白い光景にも出会えた、土曜日でした。  

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング