野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日。
時系列予報では朝から強風、しかし起きてみるとほとんど風がない。
週明けから雪マークが並んでいるし、これは年内最後の雪ナシ散策かな、そう思いつつ家を出る。
梵字川の土手道にたどり着くと、お向かいの○センセん家の庭にはエナガの群れ・・・・・羨ましい。
その後は無音の土手道をテクテク歩く。

ばあちゃん家の集落に到り、先輩ん家の横の雑木が立つ荒地。
ふと見上げると、ナニカの鳥影がちらほら。


091213 シメ

  今季初の、シメ親分たちでした。

しめしめ、こりゃ幸先がイイぞ。
さらに土手道を下る・・・・・と、行く手を遮るかのように、


091213 アオサギ

  アオサギさんがボヘ~と突っ立ってた。
  前の週は一羽もいなかったのに、帰ってきたんかぁ。


しかし野はほぼ無音。
ときおりカラ類の声がするものの、鳥さんたちの絶対数が全くもって少ない。
いや、岩見川の方はニギヤカだ・・・・・・ハクチョウたちが。
遠くそちら方面を見ていると、十数羽の群れが何度も出現し飛び立っていく。
すると計するに、相当な数が入っていたようだ (ただし俺が岩見川にたどり着いたころには、全部飛び立った後だったが)。

三角地帯の藪を突き進み、突端まで到るころ、水面に白黒の水鳥。
カワアイサの、珍しくもこれまた十数羽の群れ。
・・・・・藪から顔を出したら、一気に飛ばれてしまいましたが。
しかたなく引き上げ、今度は岩見川の土手道へ。


091213 オオタカ1

  眼下の河川敷の藪から、白っぽいハンパな大きさの鳥が飛び立った。
  それは少し離れた木へ留まり、見てみるとオオタカ
  久しぶりだなぁ、ここで見るの。
  って、しっかりカメラ目線なのね^^;
  

091213 オオタカ2

  そういや一昨年? 三角地帯で超低空を飛ぶオオタカ幼鳥に襲われそうになった(←被害妄想w)。
  この日見たヤツは、まだオトナになりきってないような幼鳥。
  もしかして、あのときのヤツなのかなぁ。

  
全然警戒心のないようなオオタカを置いて(近づいても逃げなかった)、岩見川の土手道をさらに上る。
と、畑に下りてく脇道から、ヘンな音。
見るとキジが3羽、若いオスとメスが2羽だ。
兄妹かハーレムか、チョコマカと逃げ回ってカメラを嫌う(当然だ)。


091213 ツグミ

  種類も数もまるっきり少なかった、この日の鳥見散策。
  ツグミちゃんも、ひとりぼつねんと寂しそうでした。
  ま、居ることは分かってても普段見れない鳥さんに会えたから、いっか。


そんな、昨日でしたが・・・・・。
明けて今朝、雪がちらついてました。
日中は断続的に降り、会社を出るころにはしっかりと車に積もってて。
だけど準備万端! 雪かき棒持って来てたもんね~(というか年中積んでるw)。
しかし走れば道路はすでに圧雪状態、しかももさもさ降りやがる。
いよいよ秋田も雪の季節、ですな。
・・・・・こりゃ、明日の朝は思いやられるなぁ(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1000-21e1ee39

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。