野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月も半ばを過ぎて、本格的な冬となった最初の日曜日。
防寒にと厚着をしたのが間違い、雪道を歩くのは意外と暑い。

雪の梵字川の土手道は、先輩の家を過ぎるとホントに無人。
ってか、普段でも誰も歩かないってw


091220 足跡・梵字川の土手道

  その先輩の家を超えたあたりから、ヒトの代わりにケモノたちの足跡が増えてくる。
  この辺はまだ少ない方、場所によっちゃ “ここは街中ですか?” と思えるほど雑多な足跡が。


091220 合流点のハクチョウ

  雪道最大の難所、土手道を下りて鉄橋をくぐる路程、あるイミ関所だw
  ラッセルのように雪を漕ぎ、ようやくカーブ向こうの合流点が見えてきた。
  そこにはハクチョウたちがたむろし。


091220 ハクチョウの食い散らかした跡

  ふと梵字川の水面を見下ろすと、ハクチョウたちの食い散らかした跡が。
  って、梵字川まで入り込んでくることに躊躇しなくなったんだね。


とりあえず合流点の突端までラッセルしてみる・・・・・ハクチョウたちはとうに岩見川へ逃げ込んで居ず。
戻って、今度は岩見川の土手道だ。
・・・・自分でも思った、道々ずっとラッセルで疲労困憊だっちゅーに、さらに進むかw


091220 フジの食痕1

  岩見川の土手道は、さらにニギヤカなことになっていた・・・・・足跡が。
  そのひとつを目で辿ってみると、ヘンなもの。
  フジの蔓が誰かに削がれてました。


091220 フジ蔓の食痕2

  どうやら噛みちぎった痕、ウサギか何かかなぁ。


ときおりパラつく雪の下、今しがた通ったばかりのような、なんだかとっても新鮮な足跡が。
さらに進むと目の端、眼下の河川敷で何か動く物。
あ、ウサギだ!
真っ白い、それはそれは巨大なノウサギが、俺から逃げるように遠ざかっていきました。
・・・・・あんまし巨大で、最初ウサギだとは思えんかったな、中仙町のジャンボウサギが逃げてきたのかとw


091220 ウサギの足跡

  そんな、ヤツの足跡。
  足跡もデカかったなーw


実は昨日、散策の戻り道。
梵字川の土手道の自分で漕いできた跡を遡っているうちに、左膝に鈍痛が。
積もった雪道を歩いたことがあるなら分かると思いますが、けっこう足を上げて歩かなきゃならんわけですよ。
しかも、雪を纏わりつかせて。
その雪の重みが耐えられない、とにかく膝が上がらない。
それでも何とか家に帰り着き (だってここで倒れても、誰にも気付いちゃもらえない^^;)、
・・・・・・階段が上れん(涙
それが今朝、出勤するまで続き、
気付くと筋肉痛もろとも消えてました。
雪道初回はツライことが多いけど、それもこうして段々カラダが慣れてくんだろなー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1004-8ee3ebdd

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。