野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・・・・明日の出勤が決定いたしますた。

もうね、やってもやっても終わらん(涙。
しかも明日出たところで、終わりそうにもない雰囲気。
仕事が来年に持ち越しそうだなんて、流儀に合わんのだけど。
世間じゃとっくに年末休暇に入ってるだろうに。
ここ2・3日の朝の渋滞がないのだけが、救いな俺の年の瀬・・・・・。

今さらジタバタしてもしょうがないので、ここで先日の日曜のお話。


鉄橋をくぐって顔を上げると、梵字川の小さな堰堤の先の淵には、
カルガモ集団が入り込んでました。
・・・・・・・すーぃと泳いで逃げてく(´・ω・`)

ところが1羽、全く動じないヤツが。


091227 オオバン1

  ありゃ、オオバンだ。
  初めて見てから一週間、まだ居たの。
  しかも梵字川に入り込んでるなんてねぇ。

それでも俺の歩みに合わせて、下流へと泳いでいく。
その姿、まるでヒョコヒョコとニワトリが歩いているみたい。
本当は歩いてるんじゃないか? (どんだけ足長いんだってw)。


091227 オオバン2

  それでも追いかけ、俺の足は三角地帯へ突入。
  藪が視界を遮り、俺も見難いがヤツも警戒心が薄れたようだ。
  あぁその白面を真っ向から見てみたい(`・ω・´)


091227 オオバンとアカハジロ

  オオバンはそのまま首を前後にヒョコヒョコさせながら、岩見川へと泳いで行き。
  気付くと仲間と合流? いや、なんか違うぞ。


091227 アカハジロ

  仲間だと思ったのは、アカハジロたちでした。
  ってか、アンタたちまた来たの? 
  去年も今頃ちょびっとだけ居たんだっけ、寄り道とはいえ岩見川が気に入ったのかなぁ。


岩見川の土手道を散策し、ふたたび三角地帯に戻る。
梵字川の水面が見えるや否や、ボチャンと水面が暴れた。
残されたのは水紋と、何かが水面下を泳ぐ細波。


091227 オオバン3

  そして、たかだか俺の目の前5m先に姿を現す・・・・・全然遠ざかってないじゃんw
  しかもこの後は、ただひたすら泳いで遠ざかるのみ。
  ・・・・・こんな目の前に敵?が居て、それでも飛んで逃げてかない根性に┐(´~`)┌  
  

091227 オオバン4

  ときおりのんきに、こんなこともしたり。
  ・・・・・こやつの警戒心って、この程度なんすかね。


091227 オオバン5

  あぁ、結局最後まで正面顔を見れなかったよ。
  一度ちゃんと見てみたいな~、その白面を。


091227 オオバンの居たところ

  ちなみに、オオバンがボチャンと潜った、その現場。
  生活ゴミた~っぷり。
  こんなトコで、何してたんでしょかねぇ。


外は今、土砂降りの雨。
子供の頃は冬の雨といえば、驚天動地モノでしたが・・・・・。
今じゃナンとも思わんわな (それじゃイカンのだろうが)。
この雨が明日起きてみれば、雪に変わってたりするのかなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1010-34f47986

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。