野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪解けが、かなり進んだ岩見川の河川敷。
降りるなら、今の時期しかない。
真冬じゃ雪に埋もれて遭難しちゃうだろうし、春になれば藪になってしまう。
ということで先週の日曜日のこと、
なんとなく降りてみた。



100228 ネコヤナギ1

  どこにでも生えてるネコヤナギだけど、ひときわ大きくなったネコがテンコ盛りの樹をハッケン。
  植物なのにケモノの毛並みで装う、この不思議。


100228 ネコヤナギ2

  雪がしばらく降らない代わりに、霜が降りた朝。
  鉛空の向こうからの弱々しい日差しに、露へと変わってネコはヌレネズミに。


100228 ネコヤナギ3

  大きく膨らみ、フカフカになったネコの向こうにはほら、春が足音をたてて近づいている。
  このネコたちが黄色や赤のブラシに変わるのは、きっともうすぐだ。



そんな、もうすぐ春らしい春がやってくるだろうこの季節。
あと少しすれば色とりどりの花に迎えられただろうに、
俺の知り合いのじいさんがおとつい、亡くなった。
御歳100、俺の父方のじいちゃんの親友だった。
おまけに俺の同級生のじいちゃんでもある。
ついでにいえば、父方のじいちゃん家や俺ん家を建てた大工の棟梁でもあった。
腕の良い職人として知られ、50年経つじいちゃん家は未だに堅牢、
じいちゃん家を建てるときに一緒に山から切り出し、25年も寝かせた木材を使った我が家も、もちろん殆ど損じはなく。
毎日のようにじいちゃん家にチャリで遊びに来、
じいちゃんが90ン歳で亡くなってからしばらく後、往来が途絶えたのはいつからか。
そうか、そんな歳だったんだなぁ。
懐かしき人がまたひとり逝き、
春を迎えるにはちょっぴり少し寂しさの加わった、今年の季節。
スポンサーサイト

コメント

郷愁をさそうねこやなぎ
春がきたんだなと実感しました。
いつの間にか我が庭の蕗の薹が全開だったのでびっくりしていたのですが、ここのねこやなぎを見た方がしみじみと春を実感しました。
牛柄さんの喜びが伝わってきたからでしょうか。
春の到来と入れ替わりに逝く人がいて、その人の生きて来た証しを思う牛柄さんのやさしさがいいですね。
ちょっぴり泣けます・・・

>nionさん
そりゃもう、ついこの間までは春来る! だったんですけどね~。
なんですか昨日からこの、とっても春の淡雪とはいえないような降り方は。
しかも全国的ぽいじゃないですか、nionさんトコでも降ったんだろなぁ。
今日は棟梁の葬式だったんですけど、棟梁この雪に驚いてるカモ!?
いや、「まだまだぢゃ、生ぬるい!」って言いそうだなあのじいちゃんw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1038-ace2e2ee

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。