野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンサクの花咲く姿に、もう厳しい寒さの季節は抜けたのだと思いを新たにした日曜日。
ほかにどんな春が来てるんだろうと、ちょっと目を配ってみた。


100307 ネコヤナギ

  河川敷に多く生えている、その中でも俺のお気に入りのネコヤナギの木。
  ほんのり朱く蒼く、銀色に艶やかな綿芽は大きく膨らんで。
  決して樹勢の良い樹ではないし、ちょっと増水すればすぐに根元が水没するような、
  そんな川岸ぎりぎりに生えている、いわば不細工でも逞しい樹。
  遠くから眺めれば、まるで白梅が満開となっているような風情を見せる。


100307 カワラヨモギ

  ついこないだまで積もってた雪に、背の高いススキや葦までもが倒伏していたというに。
  溶けて大地が陽に暖められ、冬前の姿をそのまま持ち越してきたかのように立ち起きる。
  そんな、小さなベルが沢山実ってるようなカワラヨモギの枯れ姿、
  本当の花が咲くまでの、ちょっとしたフェイクを入れてみました状態なのかな。


100307 タネツケバナ

  日当たりのいい場所では、ハコベが小さな花をつけ。
  まぁ彼らは季節に関係なく、条件がよけりゃ真冬でも花咲かす。
  だけどタネツケバナは、春を感じ取り、
  そしてロゼットを解きつつ、急げ急げと丈の伸びないうちから咲き出す花。
  爛漫の春を迎える前に、他の花に埋もれてしまわないうちに、
  真っ先に春を迎える準備を整えた、そんな小さな花。


最近、日が長くなってきて。
仕事を終え退社するころ、外に出てみればまだほんのりと明るい。
ま、家に着く頃には真っ暗になっちゃうんだけど。
それでもなんだか春めいてきた、そう思うこのごろ。
気付けば空の色は、真冬のそれではなくなっていて。
冬はもう終わり、と着々と季節の変わりを進めているよな、そんな空気の感じる秋田です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1041-27a97cdb

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。