野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日。
家を出てまもなく、集落の一番小さい橋のあたりまで来ると、
ひそやかな囁き声が聞こえ始めた。
そして、歩を進めるほどに、そこに居たとは全く気付かないところから飛び出す、まとまりのない群れ。


100328 カシラダカ1

  カシラダカの緩やかな集団が飛び出し、木に留まればぐぜりを始める。
  そうか、そんな季節だよなぁ。


100328 カシラダカ2

  一瞬、ミヤマホオジロかと思った一羽^^;
  あれだけの数だもの、なにか混じりモノが無いかと期待したのに、
  群れはみーんな、カシラダカでした。


100328 カシラダカ3

  雪の被った畑や田んぼやあぜ道で何かをついばみ、
  大して近づいてもいないのに、俺に気付くと一斉に木に逃げる。
  だけどアトリやマヒワのような密な群れではなく、ただなんとなく集まってるだけ。


100328 カシラダカ4

  一生懸命掘り出して、何をついばんでるんだろう。


100328 カシラダカ5

  そこに誰かが居ると、自分も自分も!ってな感じで集まってくる。
  そういう集合能力(?)って、スゴイとあらためて思う。


100328 カシラダカ6

  木に居るのもいいけれど、こうしてみんなで地面にいる光景って、なんだか新鮮。
  雪の上には、小さな足跡がいっぱい残されていました。


いずれまもなく、彼らはどこかへ帰っていくんだろうけど。
道中力尽きないように、沢山エサが得られてたらいいな。
そしてまた、この地に戻っておいで。
 (そして次のシーズンは、もっと近くで見られるようになってておくれw)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1049-3c512609

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。