FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

とある方のブログにお邪魔して、ふと思い出したことがあった。
おそらく誰もが小学校から中学の社会の時間、あるいは美術の時間に、
日本の伝統工芸についていくらか学んだことがあると思う。
例えば、漆工芸とか。
代表的な技法として、沈金・螺鈿・蒔絵などがあるだろ。
これを自分でやってみたいなー、とか思ったりしなかった?
俺は思ったね。

で、物まねというか、なんちゃって技法で試してみようとチャレンジしたことがあった。
時は中学3年の冬休み、受験直前の現実逃避な行動だったなw

蓋上面

   ← こんなのを作った




その頃どうやって作ったかを思い出してみよう。
模様の図案

まずは、社会科の教科書に載っていた文様を模写 (借用、盗用とも)。
これが載っていたのは、天平とかオリエントとかなんとかの章だったと思う。

小箱を作ろう
 材料 : 下敷き(アクリル板)、接着剤、油絵の具、水彩絵の具、ラッカー、トコブシ(貝)、彫刻刀

 製作法 1. 箱の図面をひいたあと、下敷きを加工して、小箱を作る
      2. 油絵の具(黒)を重ね塗りして、厚みをつける
      . 2に文様の図案を下書きする。 
      4. 彫刻刀で文様の通りに溝をつける
      5. 溝に水彩絵の具(金・銀)を埋める。
        螺鈿部分は、貝を削って埋め込む。
        金・銀箔を切り貼りする。
 
 ここで、ちょっと遡って下準備の詳細を。

  ・接着剤で練りこんだ水彩絵の具(金・銀)を、プラスチック板などに塗りつけ、乾燥したら剥がす 
                                    → 金・銀箔・・・蒔絵に使う
  ・トコブシ(貝)の裏側の光沢面を生かし、図案に則って形を加工(切り出し) → 螺鈿の材料
  ・水彩絵の具の金・銀色 → そのままで沈金の材料に
     
 以上までやって、全体が落ち着いたあと、    
      6. ヤスリをかけ表面を滑らかにしたあと、粉くずを丁寧に除く。
      7. 表面全体にラッカー(透明彩)をかける。

 大まかにはこんな感じだ。  
 乾燥すれば完成。

箱側面
  箱 (受け) の短辺側面の図柄
  真ん中の花模様が、貝を埋め込んだ螺鈿もどき




蓋左    蓋右
 蓋の上面、螺鈿もどきの一部

箱全体
  小箱の全体像
 20年余りの歳月を受け、一部破損。 劣化も激しいな。
 ま、中学生が作ったもんだし、今あらたに見れば稚拙この上ない。
 材料や制作方法なども十分再考の余地ありだ。
 再チャレンジして、今度はもうちょい丁寧に作ってみたいなー。
  
  
スポンサーサイト



コメント

すごーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーまだ叫んでる。凄いよー!
私 螺鈿好きだけど あの固い貝を切り出すのを考えただけで諦めてた。
写真ではとても美しくて稚拙には見えないよ。
だいたい文様がいいし。見直しました
m(__)m

現実逃避を超えている?

こんばんは!
なつかし~~~~
似たようなものを、私は授業で作りましたよ。
金箔とかは貼らなかったけど。
一生懸命ヤスリをかけたなぁ~
あぁ懐かしい。
でも、牛柄さんのみたいな立派なものではなかった・・・
牛柄さんお見事です!

昨日はお邪魔できなくてごめんなさい。
自分のブログの更新が終わって気が抜けたらしく、
パソコンの前で眠ってしまいました。
起きたら夜中の3時。首が痛いよ~

>florさん
トコブシは殻が薄いから、意外と簡単に削れますよ。
それでも硬いっつなら、予めヤスリで薄くしといてから型抜きってのもアリ。
さぁキミもチャレンジだ!
ちなみにこれの製作では、わざわざ新規に購入した材料はありませんでした(全部手持ちのもの)。

>fumiQさん
え、授業で作ったんですか?
そっちの方がスゴイよ!
なんちゅうウラヤマシイ学校だw

訪問はご自由ですからね、そんなに気負わないでくださいな。
でも、パソに突っ伏して寝ちゃったら、風邪ひくよ~。
これからどんどん寒くなるしね、無理しないよう御身大切になさってください。

正倉院のお宝かとおもわれ

いやぁ昨夜はうとうとしながら見てましたが一瞬目が覚めましたよ。
これだけ綺麗なものだもん 20年経っても取っておきますよねー納得。
油絵の具塗る前に 表面を軽くヤスリかけた方がいいのかな? って油絵の具持ってるって油絵やってたん? 私も中学から油絵やってましたよ。

中学校のとき、転校するまでは美術部(プッ)だったよ。
転校先にはそんな部がなかったので、運動部に入りましたが。
油絵を再開したのは、高校の選択教科に美術をとってからだなぁ。
>ヤスリ  密着率を上げるには、その方がいいかも知んないね。
下地=油絵の具、沈金=水彩絵の具 にしたのは、材質を変えることで色が混ざらないようにしたつもりなんだ。
まぁ、作るだけ作ってお蔵入りだからねーw

すごいですねぇ~~~。
手先が器用なんですね!!!
大人になってからの作品・・期待してますぅ~。

>cocoさん
器用は器用でも、世に言う器用貧乏なんすよ、俺は。
再チャレンジするとなると、今度は一から材料を揃えなくちゃなんないなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/105-2370452f

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング