野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝、新聞を読んでいると、ある写真がデカデカと載っていた。
何かというと、雄物川のゴミの山の写真だ。
上流から少しずつ量を増やし流れ着き、最終的には下流域にゴミの川原を形成しているというのだ。
今さら、と思ったのと同時に、記事にした勇気にエライと思い、
そして県民に蔓延するモラルの低さに、あらためて嘆息。
何度も俺は、ここで指摘してきた。
正直いって、前に住んでた土地と比べてしまう、その汚さを。
こんなんだから(以下自粛、なわけだ。
捨てる住民は、まったく意識してないんだろう、そこが悔しいし憤りを感じる。
なんとか、啓蒙する術はないものか・・・・・。

とまぁ、チョト思ったことを久しぶりに書いてみた^^;
で、本題。


枯れ葉枯れ草だらけで薄い茶色の世界だった、梵字川や岩見川の土手や斜面に河川敷。
少しずつ緑は増えてきたけれど、地面はまだまだモノトーンに近い。
それでもこの時期になると、ところどころハッとするような、目にも彩かな緑のかたまりが出来る。


100418 野良スイセン1

  何がってーと、スイセンです。


誰が植えたわけでもないだろう、薄茶の大地のあちこちで濃い緑の葉をこんもりと茂らせ、
そして黄色い花が咲き、そこだけ先駆けて春になってる。


100418 野良スイセン2

  しかもなぜか、1種類だけではない。
  先の白いスイセンや、普通に庭先で見れそなラッパスイセン、
  花弁の尖ったの丸いの、大きいの小さいの、ラッパの色が赤いの白いの黄色いの、
  そして、


100418 野良スイセン3

  原種に近いとか聞いた(ホントか知らん)、八重咲きのスイセン。
  このスイセンは、花びらが緑色掛かっているんだよね。
  園芸種だとしたら、野良で生きてくうちに先祖帰りしようとした色なのかな。
  花びらも元々は葉から進化したものなんだなぁ、そう思わせるグラデーション。


100418 野良スイセン4

  んでもって、八重というだけあって花びらの量は多いわけで。
  蕾も大きなものになるんだねぇ。


きっと、庭で植えられてたものが(ここらの人の悪い癖でポイポイ)捨てられたり、
水が出たときに流されたりして、自然と根付いてきたのだろう。
もしかしたら、元から自生してたのもあるのかもしれない。
毎年のように同じ場所に生え、伸び、花を咲かせている。
当たり前ようにそこに在り続けているけど、よくよく考えてみれば、
その逞しさに脱帽、してしまうんだよな^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1063-8a66d471

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。