野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺はいつも、岩見川の土手道を下流側から進んでいく。
しばらくは河川敷の林で視界が悪いが、やがて林が切れ、
川面を見下ろせる、砂利の敷かれた広々とした土手道に変わる。
そして連休2日目の、その日。
その視界の広がった土手道の上、白っぽい地べたの上にふたつ、黒い異物が転がってた。


100502 ヒミズその1-1

  なんだと思ったら、ヒミズでした。
  ・・・・・なんでこんなトコで死んでんだろ。


100502 ヒミズその1-2

  棒切れで突付いてみた。
  硬直してた。


その第一のヒミズから2mほど離れたところに、


100502 ヒミズその2-1

  もう一匹、ヒミズが・・・・・あれま~。
  なんでこんな近い場所でお亡くなりになってる?


100502 ヒミズその2-2

  ところでヒミズ、一見ネズミっぽいけどモグラの仲間、食虫類ですな。
  ご覧のとおり、手はモグラほど特化してないけどね。
  そして歯、意外と小さい。
  鼻は長いw


二度あることは・・・・・なーんてコト考えながら、さらに道を進む。
すると、10mも歩いただろうか、


100502 ヒミズその3-1

  第3のヒミズが転がっておりました(´・ω・`)
  なんだ、なんなんだ? どうしてこんなにヒミズの死骸があるんだ???


ところでヒミズ、モグラの仲間だけあって、目が退化してるんでしょか。
そういや目を見たことが無い、毛に埋まってるだけかな?なーんて思ったんで、


100502 ヒミズその3-2

  つまんで起こしてみました^^;
  いや、周りに適当な棒っ切れ無かったんすよ。
  そんでもって判るだろうか、コケの切れ端の下、ケガがあり出血してるのを・・・・・いやソコは触ってないよ?
  で肝心の目なんですが・・・・・毛に埋まってるわけでなく、むしろ目の周りの毛は薄い。
  そして、申し訳程度の小さい小さい目、まるで針で突いたような目です。
  ・・・・・一応、あったんだな。


この第3のヒミズを最後に、俺の目に入る限りは死骸は見当たりませんでした。
だけど、もしかしたら草の陰とかに転がってたのかもしれない。
しかしなんだって、一日に三匹もの死骸を、こんな狭い範囲で見つけなくちゃならないんだ俺(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1071-2e8ad029

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。