野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日で連休も終わりですな、っても2日出勤すりゃまた休みだけど。
いやしかし、遊び倒した連休だったな、俺的には。
ということで、しばらくはGW中のお話が続きます。


春の休日は、忙しい。
連休2日目の日曜日も、朝から散策&燻製作り&山菜採りに山に入り。
そんな、山菜採りに出かけたときのこと(散策第2陣ともいえるw)。

この日の狙いは、コゴミとササダケとタラノメ。
いつも歩く梵字川の土手道の対岸、山側を歩いてたときのこと。


100502 タチツボスミレ

  およ、これもしかしてタチツボスミレ? 距が紅い。
  ここいらじゃオオツボが絶対優勢(というかほとんど)な中にあって、初めて見つけたかも?


100502 ツボスミレ

  その周りでは、気付くとツボスミレも沢山咲いていた。
  気付かないと、全然目に入らないんだけどね~w


100502 スミレ不明種1

  すぐ近くでは、なんだかやたら距が長く色の濃いスミレが。
  これ何だろう? ナガハシにしては・・・・・???


その後、場所を変えて山に入る。
するとすぐにリスがお出迎え、というか目の前に突然現れてビビッた^^;


100502 スミレ不明種2-1

  山の中では、花びらの細長いスミレ。
  うーん、俺には全然判りません。


100502 スミレ不明種2-2

  これも判らない、ってかスミレって見分けつかない(涙
  ただ花びらの先に切れ込みがあるのは判った、だからってワカランが。


100502 スミレ不明種2-3

  葉は大きくツヤあり、葉脈は赤く葉数は少ない。
  少なくとも見慣れたオオタチツボスミレと違うのだけは、さすがに判った^^;


100502 スミレ不明種2-4

  花びらがまるで桜のそれみたいに可愛らしい。
  だが、いまいち決め手に欠ける・・・・・。


うーむ、種類の多い科って、難しいよ。
スミレ判定は俺の、もっとも苦手なジャンルかもしれない(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

距の長いのはナガハシです!
ずいぶん色の濃いナガハシですね。綺麗です。
ちなみに最初の写真もナガハシだと思います。
距の長さにはかなり個体差があって、かなり短いのもいます。
雑種も少し短くなりますが、これは普通のナガハシに見えます。

でっかいスミレはスミレサイシンです。
葉がでっかくてつやがあり、花の時期にはピンと開かないでふにゃふにゃしているのが特徴です。

スミレは最初は全然わかりませんが、わかってしまうと面白いですよ~。

>kimさん
ナガハシだったんですか、ずいぶん色の濃いヤツがいたものだ、全然判らんかった・・・・。
で、最初のもナガハシなんすね、俺の普通タチツボとの初遭遇が遠のいたわw
スミレサイシンというのも、初めて見つけました、この次見て判るかなぁ。
あと別の山では、葉っぱが細長い、濃い色の花を見たことがあるんですが、
もしかしてそれがタダスミレだったのかな、やっぱりワカラン^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1072-e3f40252

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。