野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予報では、4日はあまり宜しくない天気だとか言ってた。
朝方に雨、その後は曇りの天気という。
ならば前日の遠出の疲れもあるしと、朝寝を決め込んだ・・・・・つもりだった。
くっそー、目覚ましが平日時間に合わせて鳴りやがった!
しょうがないので起きると、なんだ降ってないじゃん。


100504 カシラダカ

  カシラダカ、まだ居るの。
  頭もすっかり黒くなっちゃって~。


家を出てワラビの下見をしつつ、梵字川から岩見川へ廻る。
戻りの足でワラビを採り、来た道を帰ると、
通り過ぎてから目の端に異物感、というか異色感。


100504 オオルリ1

  河川敷に、オオルリがいました。
  しかも、逃げてかない。
  飛び回りはするが、半径5mくらいの移動であっちの枝コッチの枝へ留まりなおすだけ。
  なんだろう、縄張りかな? ってかもしかしてこの先ずっと居てくれる?・・・・・ムリだろな。


100504 オオルリ2

  正面ばかりでなかなか背中を見せてくれない、ようやく撮った青い背。
  腹さえ白くなければ、メーテルリンクの青い鳥の俺的イメージなんだけどなぁw


100504 オオルリメス? コサメビタキ?1

  そういやそばには、常にこのコがいました。
  最初メスなのかなと思ったんですが、もしかしてコサメビタキだった?


100504 オオルリメス?コサメビタキ?2

  目がデカイ上に、アイリングが白なんでなおさら大きく見える。
  その目で何を探してるんだろう?



岩見川の河川敷で見つけてラッキー、なんて思いつつ、梵字川へと戻る。
するとヤマゲラ・シジュウカラと一緒に居たのは・・・・キビタキ!
うっはー、初めて見ちゃったキレイだなぁ。
あの白と黒とオレンジに黄色、地味な梵字川周辺の背景ではかなり映えますねw

そして土手道では、ナゾの鳥が歩き回り。
さらに対岸には、またしても、


100504 オオルリ3

  オオルリ君。
  おや、さっき会ったコと違いますねぇ(当然か)。


100504 オオルリ4

  俺思ったの、オオルリってじつは見せびらかしなんじゃないか?
  だって逃げてかない、むしろよく見えるように面に出た枝ばっかしに留まるし。
  しかも一定の範囲内をグルグルいろんな枝に渡り留まるんだよな、そんでもって常に正面向くw


100504 オオルリ5

  俺を気にしてるんだろうか、その背中の瑠璃を見せて欲しいもんだ。


去年は一羽、それも一瞬にして消えてしまったオオルリ。
今年は同じ日短い時間に2羽、なんてラッキー。
もしかして今年の鳥運、少しは上向いてきたかな?
スポンサーサイト

コメント

オオルリ、入ってきてますね~。
ヒタキ類の枝から枝へ移る行動はフライングキャッチです。
飛んでいる虫を口で捕まえて枝へ戻るのです。
見やすい場所にいるのもそのためだと思います。

しかし夏羽のカシラダカは冬とは別の鳥ですね。

>kimさん
おお、なるほど!
そういや今年は羽虫が多い、それでいつもより多く(といっても2羽だけど)オオルリ入ったのかな。
とはいえ昨日はもう、すでに姿が見えなくなりましたが(´・ω・`)
カシラダカの夏頭、まるで怪傑ゾロのようですよねw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1075-1f5d5995

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。