野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の土曜日は、そういやヤマセミの今年の初認日でした。
しかも目の前を横切られ、カメラが追いつかないスピードで梵字川を遡っていき・・・・。
うーむ残念、なんて思ってたらもう一羽、
先のヤツを追いかけるように、これまた目の前を横切られ。
お、2羽か・・・・・もしかしてカポーかな。
しばらくすると、なんと3羽目が―――1日に3羽も見れたなんて、なんというラッキー! というかヤマセミ密度高すぎ?

そんな日の、本題は別のハナシ。

梵字川の土手道の突き当たり、鉄橋にぶつかる、少し広くなって空き地のようなところ。


100515 ホオジロ

  対岸の山から飛んできて、俺がいるにもかかわらず目の前に着地したホオジロ君。
  地面をトントン歩き回りついばみ、何かを咥えてパックンコ。
  俺が一歩踏み出したとたん、我に返ったか飛び去った。


それが、土曜日の散策の往路のこと。
岩見川を廻って、手にはワラビの詰まったレジ袋を提げて、復路の同じ場所。
梵字川の川岸から土手の斜面を登り、何気に振り返った。
小鳥のよく集まる大きな柳の木を、高い位置から眺めるためだ。


100515 キビタキ1

  すると、なんとキビタキがいた。
  2週間前の散策で初めて見、その色の綺麗さに感動した、そして残念ながら撮るに到らなかったキビタキだ。
  しかも、そのとき見たのとは違う個体らしい、色ののり具合(というか黄色具合)が違っていた。


100515 キビタキ2

  ちょっとだけ近づいてみた・・・・・枝が邪魔だ。
  おかげで頭は見れないけど、背中の色も見れた。
  なかなか複雑な色彩模様をまとっているようだw


100515 オオルリ 

  同じ木には、なぜかオオルリも。
  ヒタキ同士、何か通じ合うものでもあるのか?
  むしろ色の競演、というか好敵手?w
  オレンジ VS ブルー、なかなかいい勝負ですな。


冒頭で初認日のことを書いたついでに。
今日、休日出勤して会社に行ったら、カッコウに会いました。
秋田に戻ってから4回目の春ですが、このうち3回、カッコウの初認場所は会社。
ついでにいえば、ヒバリも会社で毎年初認w
・・・・・・なんだか悔しい気もする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1084-fd02f3d1

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。