野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜大工に精を出していたときのこと。
突然、ウワ~ッ!という叫び声・・・・・・家の周りの草取りをしていたおふくろだ。
なんだ、ヘビでも出たんか、大したことじゃないだろ。
すると第二声、「なにこれスゴイ!」。


100605 日本ミツバチ分蜂1

  駆けつけてみると、家のはずれに植えてあるヒバの葉からぶら下がる、不思議な物体。
  これってもしかして・・・・。


100605 日本ミツバチ分蜂2

  手前には灯油タンクや花壇があるし、反対側は急斜面、なかなか近づけない。
  それでもだいぶ手前からみても判る、ニホンミツバチの塊だ。
  へぇ、分蜂かな。


100605 日本ミツバチ分蜂3

  タンクを廻りこみ花壇に踏み入り(おふくろゴメン^^;)、ちょっとだけ近づいてみた。
  ときおり数匹が飛び立ち、数匹が戻ってくる。
  新しい住処を探しに行ってるんだろか、どこかいい場所はないものかと。


100605 日本ミツバチ分蜂4

  大きさは縦径10cmくらい、横径6cmくらい。
  よくテレビとかで見る大きさには、遠く及ばない。
  そして、なぜか黒い個体が数匹いる、オスだろうか。  
  この日はこれ以上近づけず。


面白いモン見ちゃったな、そう思って少し調べてみた。
分蜂は2回3回とあること、回数を重ねるごとに小さくなること。
それで、このくらいの大きさだったのかな。
さらに分蜂中は基本、刺さないらしいこと。
なるほど。


100606 日本ミツバチ分蜂

  翌日曜日、散策から戻ってまた見に行った。
  前の日よりも、少しだけ房が大きくなっているような気がする。
  そして刺さないという話を信じて、ぎりぎりまで近づいてみた。
  これだけ居るんだから、さぞや羽音がうるさいと思いきや全然聞こえない。
  さて、女王蜂はどこにいるんだろうか。


最初に見つけたとき、正直俺はホッとした。
というのも今頃になって、今年初のミツバチ確認だったから。
おふくろと二人して、これで安心だね、ホントに絶滅しちゃったのかと心配してたよ、
どこに巣を作るの? 箱用意してあげようか、などと話す。

そして今日現在、ミツバチの球はまだ、葉にぶら下がったまま。
この先どこに移っていくのか知らないけど、元気でいて欲しいもんです。

 
スポンサーサイト

コメント

分蜂、初めて見ました。
こんな球になるんですね~。壮観です。

ニホンミツバチ、減ってますよね…。
セイヨウに押されて、見かけることも稀になりました。
そんな中でニホンを見つけると嬉しくなります。いるのが当然のはずなんですがね。

>kimさん
ニホンどころか、セイヨウさんなんか今年未だに見てませんぜ。
ほんと、どうしちゃったんだろ・・・・・そういやスズメもアシナガも、まだ2・3回しか見てないし。
この分蜂、この先どうしたものかと。
巣箱を作ってやろうにも、古い板材なんて今どきそうそう見つからず。
ミツバチの方も、なかなかいい住処が見つけられてないようです。

なにかないかな~。古い牛乳箱なんて小さいよね。なにかないかな。ベニヤ合板は全然だめだしね。古い板、古い板、でぇく のところに行ってわけてもらえんかのぅ。大工さ~ん。はちみつはちみつはちみつがとれそうだもの。あきらめんといて~。

>ピッピさん
お? お帰りなさい^^
蜂たちはその後、後ろを振り向くことなく新居へと移っていきました。
・・・・・庭にもたまには遊びに来てくれよ^^
なので来年に期待、ですかね。
でぇぐで思い出した! じいちゃんトコ行きゃ、いくらでも古い材があったんだよなぁ。

帰ってきました。イングランドとスコットランドより。ビデオ撮ってきたけど、編集の仕方を学んでからでないとHPに載せられない。写真も山ほどでボチボチやるしかない。しかし、ピントのあってない写真やらで、これってなにがいけない?と自問自答。
も少し高いデジカメこうたろか~とかブツクサ言ってます。

>ピッピさん
旅行の後は、まとめがタイヘンですよね。
とはいえそれも、旅のおもひで^^
さてはて、どんなトコロを見てきたんだろな~。
機材については求めたらキリがないので、ボチボチがいいんじゃなかろか・・・・・そんなの俺だけ?w

犬やら猫やら撮ってきましたです。
やっぱ、こりゃデジカメ安いの買ったからいけない。なんでこうパッキリせんのばかりかのう。なさけなや。

>ピッピさん
そういやイギリス人は犬好きな国民性でしたよね。
きっとオリコウさんたちがいっぱいだったんだろなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1094-d0b6e3f2

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。