野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こないだ日曜日に出かけた、久しぶりの岩見川サイクリングロード。
世間では連日猛暑日だ熱中症だ、とか騒いでおりますが、
この日の秋田は25℃前後、曇天。
しかもときおり雨がぱらつき。
おかげでツーリングするには、程よい気温・・・・・ただし雨が上がれば不快指数アカマル急上昇^^;

そんな、チャリ行の途中で出会った鳥さんたち、順番に紹介。


100725 カルガモ

  岩見川といえばこちら、いつもの場所にいつものカルガモたち。
  そう、普段は対岸の土手道から眺めている中洲の、連中です。
  じつは帰り道、同じこの場所で意外な鳥さんを間近で見ることになる・・・・・。


100725 アオサギ

  アオサギさん、片足上げて何してるんだ。


アオサギさんの背景にある屋根は、岩見川の堰堤。
この堰堤から下流は、普段の散策では見ることのできない景色。


100725 不明種

  その堰堤の下流側、瀬というか急流となった川筋の上空に、見たことのない鳥が飛び交っていた。
  はじめは2羽だけだったのが段々数を増やし、気付くと10数羽が縦横無尽に飛び回る。
  大きさはカッコウからチョウゲンボウ小ぐらい、飛び方はツバメ。
  体型は、超痩せたチョウゲンボウw 翼は細く長く、全体のイメージとしてはナイフのよう。
  そして全身黒(暗褐色?)なのに、背側の腰が白抜き状態。
  なんだろう、海鳥、それも海洋性な印象がまとわりつく。
  とにかく高速で飛び回り、すぐにファインダーから消える。
  かろうじて撮れた一枚、誰かこの鳥がナニモノか判るヒト、いないだろうか。


豊成小橋を渡り、さらにロードを下る。


100725 オオヨシキリ

  風邪でも引いたか、声の出ないオオヨシキリ
  ずっと ゲ・ゲ・ゲ・ゲ・・・・と呟いてましたw

  
100725 アオジ

  木立の天辺から、聞きなれないさえずりが。
  ここらじゃホオジロも違うメロディで鳴くのか、なーんて思ったらアオジさん。
  へぇ、おまえさんのさえずりって、そうなんだ。


100725 コムクドリ

  遠くの枯れ枝に、縦留まりをしている鳥のシルエットが。
  誰だろうと拡大したら、コムクドリ
  そういや近くにいたムクドリの群れに、なぜかコムクさんが混じっていたな。
  ムクドリって混群するんだ、あのウルサイ連中によく付き合えるなw


岩見川と雄物川の合流点に到着し、そこからUターン。
雨にあたった服を乾かしたいと、ひたすら風を受けるようにチャリを漕ぐ。
そして、最初にカルガモを見た中州のそばまで戻ると、

  
100725 カワウ

  なんと、カワウが居ました。
  ってか、デカッ! 元から居たカルガモが迷惑そうなのが笑えるw
  そしてこれだけ近いのは初めて、なので確認・・・・・ホントに目がエメラルド色だ。
  きっとアユ・ウグイ狙いなんだろけど、定着するようなら通報した方がいいかな。
  確か今年、県でカワウ生息状況を調査するとかいってたような・・・・・ドコに連絡すりゃいいんだ?


100725 カワセミ

  そしてそのそば、以前足湯に浸かったオオタカが湯上り気分で留まってた流木に、カワセミさん。
  近くからは、カイツブリの物悲しくも美しい声が、響き渡っていました。


漕いでるときはそんなに疲れを感じなかったけど、
家に帰り部屋に上がり、ふたたび階段を下りるとき・・・・・足がカクカクした。
うーむ、日ごろの運動不足、恐るべし(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

いいなぁ……鳥がいっぱい…
カルガモ、アオジ、カワウ、カワセミ、アオサギあたりはこちらにもいるんですけどねー。
でもアオジ、カワセミあたりはあまり見られません。

>3枚目
ちょっとこれじゃ特定できないですねw
図鑑もってはいますが無理です!
首元が白いのがポイントなのかな?

岩見川増水前ですね。
今週はだいぶ水量も多く濁ってますねぇ。
小鳥たちはダイジョウブ??

>とらまたさん
あ、やっぱムリですか・・・・・。
だよなぁ、あんなボケボケ写真じゃ何って判断できないっすよね。
ただ印象としては、鳥だけ見てるとここは大海原の上か? というような錯覚を覚える感じでした。
今回の野鳥はわりとヒトの生活圏にダブるのが多かったですね。
やはり廻ったところが、そういう場所だからでしょうか。
でも・・・・・カワウはまだ要らんよなぁ。

>ロンリーさん
そう、R13土砂崩れの前の週ですからね。
しかし・・・・・梅雨、明けたんじゃなかったけ?
鳥さんたちはまぁ、ダイジョブでしょう。
ある意味ヒトより逞しいかも^^

3枚目について

3枚目の画像ですが、個人的にはアマツバメだと思います。
ヒメアマツバメという種類もいますが、大きさがもう少し小さいはずです。
尾羽がツバメのように深い凹型というのが確認できればはっきりします。

梅雨明けしたのに、蒸し蒸しした日が続きますね。
カラッとした天気が欲しい、今日この頃です。

>かずさん
お久しぶりです^^
アマツバメですかー、なるほど!
言われていろいろ画像検索しました、確かに見たのと似てたです。
尾羽については、ぴちんと閉じてたのか、目にしたときは切れ込みを確認できませんでした。
大きさからいったら、やはりアマツバメなんでしょうかねぇ、
しかし低地の秋田平野のど真ん中、何を思って立ち寄ったのかw
同定、ありがとうございます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1126-858a422c

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。