野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盆を過ぎた野を彩っていたのは、すっかり秋の花。
虫たちの姿といえば、まるで端境期のように影が薄く。
鳥さんにいたっては、・・・・・・。

というわけで、今回のは単なる記録、証拠写真。
何を見て何が撮れたかという、写りの悪さとか気にせずメモメモ。


100822 コゲラ

  梵字川の土手道、例の黄色い桜の木。
  近づいていくうちに、山から小鳥の群れが降りてくるのを確認。
  コゲラが2・3羽と、


100822 メジロ

  メインのメジロ(10数羽)。


100822 シジュウカラ

  そして後から追っかけてきた、シジュウカラ
  あぁお前さんは良いコだよ、アンタだけだピント合ったの(涙


100822 カイツブリ

  岩見川にはカルガモと、点のようなカイツブリ


カワセミには飛ぶルートをカーブさせるほどに避けられ、オオヨシキリにはフラれ、
オオタカにはこっちが気付く前に飛ばれ。
そして珍しく、コムクドリが10数羽の群れでいて。
あ、そうだ、前に岩見川の堰堤下で見たナゾの海鳥風のヤツ(アマツバメ?)、
これとシルエットや飛び方がそっくりなのが、こちらにも飛んでました。
ただし、前回見たのよりもそうとうに小さい、ツバメよりも小さい。
もしかして今回見たのは、ヒメアマツバメ、だったのかなぁ。


100822 ノスリ1

  あまり収穫がなくて疲れてしまい、帰り道はばあちゃん家の集落を抜け、舗装された一般道を辿る。
  と、線路の電柱になにやら猛禽の姿。
  久しぶり、ノスリでした・・・・・なにやら羽が乱れてるゾ。

 
100822 ノスリ2

  そのまま歩みを進め、別角度から。
  うーむ尾羽までズタボロ・・・・・・なんでこうなった?


緑が濃くて姿が見れない、んじゃなくてそもそも鳥さんの影がない。
秋の入り口でまだあまり動きがない、といわれればそれまでだけど。
でも・・・・・なんだかサビシイ散策だったなぁ。
スポンサーサイト

コメント

ノスリもカイツブリも上野動物園でしか見たことがありません。
カイツブリ、可愛いですよね。
水中に潜るシーンを30分くらいかけてスロー録画してました。
傍から見ると怪しい人ですw

しかし本当に野鳥が沢山いて羨ましいですね。
自分もそこそこ恵まれた土地にはいますが、流石に猛禽類には会えません。

>とらまたさん
いやむしろ、ノスリもカイツブリも動物園では、といったトコロな俺です^^;
しかしカイツブリはいつも遠い・・・・・怪しいヒトでもいい、とらまたさんが羨ましい。
猛禽もね、まさか身近な環境にそんなに種類がいるとは思ってませんでしたよ。
意外と居るもんですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1138-15f684f8

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。