野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここんところの散策は、道程が長い。
というのも、梵字川の土手道の突き当たり、
鉄橋を越すために土手を下りて河川敷を歩かねばならないのだが、そこの小道が藪と化しているためだ。
ときおりそこは、誰か奇特な方が草刈をして小道を作っておいてくれる。
だがそれが持つのはせいぜい2週間、ほっとけばすぐに藪に覆われるわけで。
で、すっかり藪となった河川敷、他力本願な俺は、誰かがこの次草刈をしてくれるまでは通らないことにしたw

そんなわけで最近の散策は、鉄橋まで来たらUターンして、ばあちゃん家の集落を通って岩見川に行くパターン。
集落に入りばあちゃん家の敷地の横を通ったとき、それを見つけた。


100829 キボシアシナガバチの巣1

  ばあちゃん家には、小屋が2つある。
  古い家を改造した小屋(ボロボロ)と、昔からの小屋(超ボロボロ)だ。
  その昔からの小屋の壁から、何か突き出たものが・・・・・・。
  そんなの、あったっけ?


帰りに見ればいいや、そのまま岩見川へ向かう。
戻り道、ばあちゃん家に寄り小屋へと廻りこむ。


100829 キボシアシナガバチの巣2

  地上わずか20cmほどのところから生えた、蜂の巣でした。
  しかしヘンなところに作ったなぁ、しかもアシナガバチの巣では結構大きい。
  さてさて、何アシナガさんでしょかね~。


100829 キボシアシナガバチの巣3

  腰を屈めて、近づいてみる。  
  するとアシナガさんたちは一斉にこちらに向き直り、睨んできた!
  顔の白いオスの姿(攻撃的)が見えないとはいえ、さすがにこれ以上は近づけません。
  なので、


100829 キボシアシナガバチの巣4

  拡大してみた^^;
  キボシアシナガバチかぁ、巣のフタの色が黄色くなかったんで一見では判んなかったよ。


とりあえず攻撃はありませんでしたが、刺激しないようにそっとその場を離れ。
ところで伯父貴、ここに蜂の巣があるの、分かってんのかなぁ(黙っとこw)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1141-0fac2642

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。