野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月最後の土曜日の散策。
しばらく前から超藪化して通れなかった、梵字川の突き当りから降りる河川敷の小道。
この日も期待せずして行ったら、なんと誰かが道を切り開いていてくれた。
誰だろう? 奇特なヒトがいたもんだ・・・・・と、気付いた。
そうか、カニ籠漁の季節か。
見れば数メートル置きに籠が沈められている、掛ってるかどうかまでは見れんかったが。

久しぶりにくぐった鉄橋、その位置から見る梵字川・・・・・ん? なんか様子が。
なんと堰堤下の水量が減っているではないか、岩見川の水門開けたのかなぁ。
そういえばこの時期と思い出す、ウグイの堰堤ジャンプ越え、見れるかな。


100925 梵字川のライズ1

  さすがに堰堤での滝登りジャンプは見れませんでしたが、
  堰堤から下のせせらぎでは、盛大にライズが始まっていて。
  しかしなんでこんなにビチビチ跳ねまくってるんだ?


100925 梵字川のライズ2

  ウグイたちなのかなぁと思ったものの、例の特徴的な赤みが見られない。
  とはいえ他に思いつく魚もいないし、きっとウグイなんだろう。

  
100925 カワセミ
 
  近くの枝では、カワセミ君が虎視眈々w


100925 梵字川のライズ3

  場所を替えてライズを見ていると、川床の黒い影がゆらりゆらりと形をかえて移動する。
  そしてライズは、その影の上で盛んに行われていた。
  そう、この黒い影とは、魚の群れ。
  まるで水族館で見る鰯の大群のような密な群れから、弾き飛ばされたかのように次々とライズが起こっていた。
  ・・・・・あぁ、投網ができたら大漁だったろうなw



100925 不明種1

  その場所の、岸に生えたおおきな樹の上に、何か見慣れぬ小鳥さんが飛んできて。
  遠目に見てホオジロかな、でもモズちんも鳴いてたしなぁ。
  何だか判らないまま、近づいてみる。


100925 不明種2

  ・・・・・近づいたところで、サッパリ判らん。
  一見ハクセキレイ若にも見えるけど、行動様式というか仕草は全く別物。
  大きさはホオジロくらい、左右に振る頭の動きはカシラダカちっくw
  一体、誰なんでしょうかねぇ。


この日の散策の最後、スゴイモノを見ちゃいました。
家も程近くなり、近所の家の庭。
急にヒヨたんたちが騒ぎ出し、ハクセキレイも慌てたように飛び出した。
一体何が起きたんだ? と見ていたら、大きな白茶けた鳥が。
なんと、オオタカがヒトん家の庭でヒヨドリを縦横無尽に追っかけまわしてました。
田舎基準では大して広いともいえない庭で、狩り。
オオタカも逞しく生きてるんですね(シッパイしてましたけど^^;)。
  
  
スポンサーサイト

コメント

大変ご無沙汰しています。
そろそろ昆虫採集の遠征シーズンも終わり
こちらも地元探索に切り替える時期になりました。
またよろしくお願いします。
で、最後のはエゾビタキじゃないかと思います。

>KOH16さん
いえいえこちらこそ、ご無沙汰しております^^;
そういえば思ったんですが、そちらでは冬場も虫探しができるんでしょうねぇ。
こっちじゃ、その前に雪掘りしなくちゃなんないだろなw
この鳥さん、エゾヒタキですかいな!
全く思いもよりませんでした、もっと近くで見たかった~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1153-a5cb07e1

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。