野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月最初の散策は、気温の上昇とともに沢山の虫たちが出て来。
穏やかな秋晴れの下、沢山のトンボたちが舞う。
そんな、散歩道。


101002 ホソヘリカメムシ

  じっと見つめると、そそくさと葉裏に隠れるヘンな虫。
  葉をめくると、また裏側に逃げていく。
  前々から思ってた、コヤツ何者なんだろう?
  調べてみたら・・・・・・カメムシ、ホソヘリカメムシ(涙。
  

101002 ニホンミツバチ

  三角地帯の藪を漕いでいると、耳元で無数のブンブンいう声がする。
  センダングサの花の林には、ニホンミツバチたちが盛んに働いていた。
  今年も秋になってようやく沢山のミツバチを見、安堵感で肩の荷が下りたような。
  心の裡で、よかったな頑張れ、とエールを送る。


101002 ルリタテハ

  その三角地帯では、なぜか黒いチョウに気に入られ。
  たまたま、というのではなく俺目掛けて向かって来、意地でも俺に留まろうとする。
  肩に留まり、襟元に留まり、腹に留まり・・・・・なんか俺、いい匂いでも出してた?
  もっともそんなところに留まられても撮れないから、と動いたら飛び。
  誰だろうと思ったら、それはルリタテハでした。
  こっちが困るくらいに何度も留まりにきた、いったい何の用事だったんだろう。


101002 クモガタヒョウモン

  見事なヒョウ柄と、陽に虹色にきらめく翅が素晴らしかった、クモガタヒョウモン
  そういや今年の秋は、キタテハの数がやたら多い。
  春から夏にかけてはジャコウアゲハ席巻の野だったけど、特定の種類が大発生ってのは何かあるのかね。

    
101002 ゴマフカミキリ

  例の不思議な空き地を取り囲む、ササダケの葉の上にちょこん。
  とっても地味なくせに、その長いオヒゲで居るのがバレちゃうゴマフカミキリ
  久しぶりに見たカミキリの類、そういえば今年はカミキリをろくに見ていなかったことに気付く。


虫といえば、先日。
風呂から上がって何気なく脱衣場の窓を見たら、ヤブキリさんが居たんですよ。
・・・・・・サッシと網戸の間に挟まって、身動きできなく。
いったいどこからそんな隙間に入り込んだんだ? というか何故入ったんだ???
で、しょうがなく救出作戦、窓を開け網戸をずらし・・・・・逃げるなこら。
それでもなんとか窓の外に追い出し、ふと見たら手が風呂はいる前より汚れてました(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1157-d7a2605d

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。