野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月になりましたね、また寒波というか強風吹き荒れてますけど。
そういや10月最後の週も、すわ雪か!?というような寒波に襲われ。
いやまだ降ってもらっちゃ困る、まだ10月だしタイヤ交換してないし、と思ったくらいに。
ま、さいわい雪にはならずでしたが、それでも寒いものは寒い。
それでもこの寒波1号に、鳥さんの入りを期待してみたりして。


101030 カシラダカ1

  そんなわけで、10月最後の土曜日は当然外に出る。
  耳をすませて聞こえるは、カシラダカにホオジロ、一向に姿を出さないベニマシコ。
  お、ツグミちゃんも来ているようだ^^


101030 カシラダカ2

  合流点は三角地帯の藪に入ると、ジョウビタキの声も聞こえる。
  ヒヨドリは今年は大きな群れをよく見かける、渡り組だろうか。


そのヒヨドリのモワッとした大きな群れが発ったとき、その群れに向かって突入を試みる鳥が。
チョウゲンボウだ。
おおスゲェ、狩り見られるかな、浮き足立ったヒヨの群れは散りじりになる。
そしてその中の一羽を、執拗に追っかけまわすチョウゲンボウ、縦横無尽のアクロバット飛行。
・・・・・・・残念、シッパイしてました。


101030 ノスリ

  合流点も遠く離れた岩見川の土手道にいて、それでも届く合流点からの大きな声。
  ピーイユゥ、ピーイユゥと、まさかのこんなに通る声で、何を呼ばわってるんだろう?
  ノスリは無口だとかいうけれど、ホントはけっこうおしゃべりでウルサイ。
  下手すりゃトンビよりやかましいw


101030 アオゲラ1

  そのノスリには、裸眼で視認できる距離に近づく前に飛ばれ。
  替わりに近づけたのが、アオゲラさん。

  
101030 アオゲラ2

  ま、こちらもやかましく鳴いてたんですけどね、どんなコトをしゃべってたんだろう。


そのまま梵字川の土手道を戻る途中。
土手の藪から飛び出した、白黒ギンガムチェックの鳥さん。
一瞬でもすぐ判る、ヤマセミだ、もはやお馴染みさんといっても過言ではないw
ヤツは別の木に留まり直し、そしてこれまたキョキョキョと姦しく鳴き散らし、
再び飛び立って、住宅地(!)へと向かっていきました。
何だろう、この日は大声で鳴くのが鳥さんなかでハヤってたのかな?  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1172-7316f4f0

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。