野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厚着して出たのにもかかわらず、寒さにやられた10月最後の散策日。
復路では、次回は必ず手袋してこようと誓ったくらいに凍え。
そんな、指先の感覚がなくなってシャッターのボタンを押すのすら難しくなってきたころ。


101030 シロハラ?1
 
  梵字川の対岸の林に、ハンパくさい大きさの鳥さんがちょろまか舞っているのが見えた。
  そしてそれは、ひらけた枝に留まる。
  大きさはムク大、最初カケスと思ったシルエット。


101030 シロハラ?2

  逆光だし、鳴き声を上げてなかったんで自信がないが、
  もしかしてシロハラさんだったんだろうか、だとしたらツグミちゃんより先に記録しちゃったな。


自分トコの集落まで戻り、もうカメラ仕舞おうかな、寒いし(フシンシャに見られるし)。
なんてカメラを首から外したら。
田んぼの上で、チョウゲンボウがカラスのイジメに遭ってるのを発見。
逃げ惑うゲンボウ、そして。


101030 チョウゲンボウとハシボソガラス1

  そばのアパートの、壁の出っ張りに身を寄せて。
  確かになぁ、カラスは壁際には攻撃できないか。
  とはいえ屋上から見ているぞ。


両者、引くも押すも出来ない状況?
しばらく事態は膠着し、


101030 チョウゲンボウとハシボソガラス2

  カラスが急降下、捨て身の攻撃か!?
  ・・・・・・そんな一瞬のゲンボウ君の表情がw


しかしどうやら、カラスがあきらめて立ち去っただけのようでした。
けっこう根気ないのねw
スポンサーサイト

コメント

うわぁー、緊迫の一瞬でしたね!
ゲン坊のその時の表情、よく見えなかったので、
写真保存→拡大して見てみました(笑)。
なんか、警戒!というより、キョトーン、に見えるんですケド・・・。

カラスくん、あきらめてくれて、良かったです。

>白あずきさん
緊迫というか、ゲンボウ君もなかなか知恵回るじゃん、ってなw
逃げ場としてベターですよね、見張るカラスもしつこいですが。
であの瞬間、実際は遠くて判んなかったんですが、拡大すると表情が。
思わずゲンボウGJ! って噴出しましたもんw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1173-65f58c98

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。