野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろしようか、まだ大丈夫かな。
そんな気温なので、まだタイヤ交換を躊躇している11月も半ば過ぎ。
週間予報を見てまだいけると思ったので、この週末も交換せず。
土曜日は普通に起きて、外へ出てみた。

起きたときは晴れていたのが、だんだん曇ってくる。
気温の上がりも鈍い、風がないからいいもののやはり寒い。


101120 鳥海山

  遠くには雲の切れ間から白くも雄大な鳥海山が。
  ってことは、雨が降るんだろな。


101120 ミズナラ1

  梵字川の土手道脇に生えていて、以前から目を掛けているミズナラの幼木。
  いちど切られてしまったけど、そこからまたヒコバエが伸び今年も真っ赤に染め上がり。


101120 ミズナラ2

  来年また少し伸びていることだろう、今度は伐られないといいな。


101120 カルガモ

  梵字川の鉄橋をくぐると、カルガモの群れが入り込んでいるのを見つけた。
  が、ヤツラは目ざとい。
  速効で逃げていく・・・・・。


そういえばこの日は、動かぬ空気にしんとした静けさ。
鳥たちの声もほとんどせず、ましてや姿も殆ど見ることなく。
ただ黙々と足元を濡らして散歩路。
渡り鳥たちは抜けてしまったんだろか。


101120 ウグイ

  カルガモたちが居たあたりに立ち川面を見下ろすと、またしても魚の死骸。
  ウグイかな、水の中というのを差し引いても20cmは軽くあるよな丸々とした死骸。
  しかしなんでこんなトコに沈んでんの?


101120 セイタカアワダチソウ

  結局、この日は往路では目新しい出会いもなく、ただ藪越しに四足君が歩き回ってるのを見ただけ。
  うーむ、これじゃほんとの散歩だけだな、そんな思いで道を引き返す。
  あまりの静かさに、心の裡で“誰か居ないのか~” と叫んでみたくらいにして。
  心の裡で、ちょっとだけ淋しさに涙ぐんでみたくらいにして^^;


すると、とある方が俺の願いを聞き入れてくれた(ように、そのときマジで思った)。
そのハナシは、また後日。
スポンサーサイト

コメント

最後の写真は荒涼感があっていいですねぇ。
誰か居ないのか~って叫んでる写真。
荒んでいる気持ちがあるのでしょうか?

後日談に続くのか・・・

>nionさん
荒んでるキモチ・・・・・ノーコメントでw
後日談は、もうちょっと後日でございます。
その前に、わずかばかりの面白いシーンでごまかしてみたりして^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1181-1c5c2203

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。