野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつのまにか、12月になってました。
今年ももう残すところ、1ヶ月ナシ。
うーむ、何もしてない気がするぞ。

それはさておき、もはや先月のこととなったおハナシ。


3連休の中日、土曜日の朝はしこたま冷え込み。
その一方で、しこたま綺麗な青空が広がり・・・・・・放射冷却ですか。

そんな、耳の先がピリリと痛くなるよな気温の中を、歩く。
寒すぎたのか早すぎたのか、鳥さんの声も姿もあまりない。
ただし、岩見川の方からは沢山のハクチョウの声がする。
梵字川に入り込んでたカルガモたちは、突然陰から現れた俺にパニクって飛び去る。

岩見川の土手道を歩いていると、普段からうるさいカルガモたちの、
普段とは違う鳴き声が、突然響き渡った。


101127 オオタカ?ハイタカ?

  そして急に現れた、なんだか判らないタカ。
  逆光なのが残念、オオタカにしては小さかったような、茶色かったような・・・・・。


ほとんど鳥さんを見ないまま、三角地帯をまわり梵字川へ戻る。
水量が多いせいで淵のようになった梵字川、その対岸の川べりは崖状になっている。
こちら岸はコンクリ護岸、その上を歩いていると・・・・・・カサカサチャポン。
え、と振り向くと、


101127 カワアイサ1

  対岸の、何もなかったハズのところから、カワアイサ
  びっくりした、急に目の前にいるから。


正直、びっくりしすぎてポカーンと、しばらくカメラのことなど忘れただ見つめ。
そんな俺を尻目に、いそいそと泳ぎ去っていく彼女。
・・・・・飛ばないんだw

  
101127 カワアイサ2

  今回これだけ近くで見れて初めて知った、カワアイサの顔って可愛いじゃん。
  この丸い目が、なんか優しくて好きだなー。
  (わずかに上がった口角、勝気な瞳、細い顔にヘアスタイル、ローマの休日のヘプバーンを連想した^^;)


101127 カワアイサ3

  しかし彼女自身は必死らしい、大きな波を作って逃げていく・・・・・泳いで。
  ときおり振り向いたりしながらも、一生懸命遠ざかろうとする。
  

101127 カワアイサ4

  こんな格好も一瞬、やっぱり飛ばない。
  結局最後まで飛ばず、とにかく泳ぎきって合流点にたどり着き、岩見川へ廻りこんでいきました。
  

しかし登場のカサカサポチャンは、何だったのだろう? まさか崖から転がり落ちた???
そんでもって、まさか梵字川にまで入り込んでるとは。
しかも飛ばないとはw
いつものカワアイサらしくない行動(と、意外にも可愛らしい顔つき)に、ちょっと驚いた出会いでした。
スポンサーサイト

コメント

うわ近っ!!

カワアイサ? こんな可愛い顔してたんですね~。
今、アヒル口が流行ってるらしいから、この子はきっとモテモテですね。
ミコアイサってのもいますよね~。
やっぱりアヒル口なんだろおか?

>白あずきさん
俺も見違えました、というか見直しました、カワアイサがこんなにも可愛い顔してたなんて^^;
ミコたんって、けっこうサイケな柄したコですよね、見たこと無いけど可愛いんだろな~。
って、アヒル口が流行りって!?
うーむ、世についてけてない俺・・・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1186-9263a15f

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。