野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四月の末は連休前半の土曜日、同級生の家の裏でニュウナイスズメたちを見たあと。
梵字川の土手道を高速をくぐり、さて例の空き地へと向かって歩いていたら。
田んぼの、畦の陰になっていた水溜りから、突然カルガモが飛び出した。


110430 カルガモ
  
  そんなところに潜んでたなんて知らなかったから、超ビックリした。
  まぁカルガモも突然ヒトの姿が見えたんで、ビックリしただろうけど。
  そんで飛び立っても、すぐに着地。
  

梵字川の橋の下では、アオサギさんがザリガニ?を食っているとこ目撃。
岩見川の土手道では、モズちんが百舌っぷりのモノマネで楽しませてくれ。


110430 エナガ

  エナガは相変わらず、ヒトを人とも思わぬ警戒心の無さで近寄らせてくれ。
  あら、何咥えてんのかな、クモ?


そんなエナガたんを満喫していると、背後で何かが大きな音を立てて飛び立った。
なんだと振り向くと、カルガモ。
こんな岡地で何してたんだ? あ、もしや・・・・・。


110430 カルガモの卵1

  土手の緩やかな斜面の、藪の中。
  藤蔓でドームのようになった、その中には窪み。
  そして、1個の白い卵。


110430 カルガモの卵2

  角度を変えて見てみた。
  地面に穴を掘り窪ませたところへすっぽりと納まった、卵。


110430 カルガモの卵3

  さらに角度を変えて見てみる。
  落ち葉や枯れ葉で隠されているようにも見える。
  以前、カルガモの巣を見つけたときは、それこそリアル羽毛布団が掛っていたけど、
  卵一個目じゃ、まだ羽毛布団の準備はないのかな。


この先、何個タマゴが増えていくかな。
ってかそこ、ワラビホダ場のど真ん中なんすけど。
ワラビ採りが始まったら、親御さん落ち着いて抱卵できないんじゃないか。
そんな心配をした、4月最後の日。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1230-006af8eb

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。