野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あづい!
そりゃ一年で一番暑い時期だしな、竿灯も始まってるし。
でもここんトコちょっと、朝晩が涼しかった、というか寒いくらいで冬布団かぶって寝てたのに。
ま、この暑さ、夏だから我慢するけど。
あー、竿灯見に行きたい~。


朝からよく晴れた、日曜日。
梵字川の土手道を歩いていると、たびたびアオサギに出会う。
あるものは川に降り、あるものは藪に潜み、そしてあるものは


110731 アオサギ

  杉の天辺から睥睨し。


そうして、鉄橋をくぐり岩見川との合流点の近く。
広くなった空の上には、


110731 ミサゴ1
 
  ミサゴの姿が。


上空で何度も停空飛翔し、水中の魚を探す。
そしてちょっと場所をずらし、また停空飛翔。
そんなことが何回か続いたあと、急降下し(俺の位置からは見えない)岩見川に突っ込んだ・・・・・はずが!


110731 ミサゴとアオサギ1

  おそらくそこに居たのであろうアオサギさんを怒らせちゃった^^;


遠目では初め、同じ大きさの鳥さんが上がってきたなー、程度にしか思わなかった。
ところが一方は、グワーッ!ギャーッ!と、喧しい声で鳴き喚く。
あれー、ミサゴはそんな声で鳴かないよなぁ・・・・。
よくよく見ると、


110731 ミサゴとアオサギ2

  ミサゴさんに突っかかってるのは、アオサギさんだった、てワケ。
  ってかさーアオさん、結構ケンカッ早いのねw


110731 ミサゴとアオサギ3

  同じ、魚を食う者だけど・・・・・。
  一方は静の漁、置物のようにじっと固まって、忘れた頃に寄って来る魚を捕らえる。
  一方は動の漁、まさに鷹の目で獲物をロックオン、天の高みから急降下し水中に飛び込み捕らえる。
  ・・・・この動きの違いが、きっとアオさんを怒らせたに違いない。
  勝手にワシの静かな漁場に突っ込んできて、せっかくの静かな水面を掻き立てやがって、ってw


110731 ミサゴとアオサギ4

  ミサゴさんは防戦一方、さすがの猛禽も短気なアオサギには逆らう気もないのか。
  アオさんはしつこく抗議、というか怒りまくりw


110731 ミサゴとアオサギ5

  さんざん当たり散らしたアオさん、ようやくミサゴさんを解放。
  

カラスが猛禽にモビングするのはよく見るけれど、  
まさかアオサギという異種が猛禽に食って掛かるとは、なんとも不思議な光景。
気長な漁してるわりには短気、小心者のくせに強気なアオサギさん。
こんな感情に囚われたような行動をみるにつけ、意外とニンゲンくさく感じるのは俺だけだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1266-bf1a9e1b

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。