野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さいっ! 忘えだっだ!!
じだなや、おえ。 しょしなや。

いきなりイミフな文章だと思ったアナタ、ついでだから訳してみてなw
まぁだからといって、何も出ませんが^^;

ということで、間が空いてしまいましたが・・・。
先週の散策のお話、続きです。


地震から半年、いろんな思いを廻らしながら歩いた、フィールド。

そろそろ山から下りてきてもおかしくないのに、空にはトンボの影も薄く。
聴こえるのは、虫たちの静かな鳴き声ばかり。
すでに姿を消してもおかしくないはずの、ハグロトンボ。
気温が上がれば、まだ夏だといわんばかりのセミの声。


110911 トラマルハナバチ

  寝ていたのか弱っているのか、トラマルハナバチは動きが鈍く。
  触っても飛ばず、脚を上げて形ばかりの抵抗をし。

  
110911 コムラサキ

  角度が悪いのか、コムラサキの翅には小粋な江戸紫を見ること叶わず。


110911 ハエトリグモ

  獲物を捕らえてちょっと得意げな、ハエトリたん。
  

110911 クワカミキリ

  梵字川の川べり、桑の木のそばにクワカミキリ
  硬い上翅の片方は失われ、柔らかい翅はもはや折りたたむこともできず、
  身体はいびつに損なわれ、おそらくは間もなく命尽きる夏の虫。
  それでも最後の抵抗でもあるかのように、懸命に蠢いていた。

  
110911 ジャコウアゲハ幼虫

  沢山のイボイボを生やした、キモカワイイ小さな小さなジャコウアゲハの幼虫。
  この仔はこれから大きくなり、今年最後の成虫となって空を舞うのか。
  それとも、来年の空を見るために生まれてきた仔なのか。
  虫たちの季節は、命を継いで巡る。


夏という季節の終わりの淋しさは、
夏をあらわす虫たちの死、力尽きていく姿を見るにつけ殊更に強く思うようになった気がする。
彼らが去る、そして次の季節の虫たちが舞台に上がる。
分かってはいるけれど、そこに無常の寂しさのようなものを感じてしまうのだ。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪
牛柄さんが描くと虫さん達、キュートですね。
とくにキモカワの君。

無常の寂しさですか・・・
年とると次は自分の番、って思うから、
寂しさよりもちょっぴり焦りを感じたり
時には、そんなもんだって思ったり。
(いや、まだそんな年ではないか・・・)

でも、多くの命が奪われた今年は、余計に無常を感じることでしょうね。

>nionさん
なんだかここ数日の気象状況で、無常のなんていってられない状態になってしまいましたね・・・・。
そちらはどうだったんでしょうか、心配しております。
確かに歳食った分だけ、見るものに投影したり思いを惹起したりすることが多くなったような気がします。
きっと、それが「歳をとる」ことのいいトコロなんですよ^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1278-163df3b3

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。