野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
111023 アオジ

  しばらく前から、庭のあちこちでいろんな鳥さんの声が聞こえ始めていた。
  それはシジュウカラだったり、アオジだったり。
  

気付いたら、もう10月も末という日曜日。
ありゃ~、1ヶ月近くも散策に出てないんだ!
まぁ週末っちゃあ天気悪かったり、バスケ観に行ったりしてたからなぁ。
フィールドもだいぶ様子が変わっただろうな、もうとっくに渡り鳥も来ているだろう。


111030 カシラダカ

  そして今朝、梵字川の土手道を歩き出すと、さっそく密やかなチッ、チッ、という沢山の声。
  カシラダカだ。
  だよなぁ、来てておかしくないし、俺が出遅れてるだけ^^;


111030 ハクチョウ

  小1ヶ月の間に、鉄橋下の藪には誰かが小道を切り開いていてくれて。
  おお、久しぶりに迂回ルートを取らなくて済む、ラッキー。
  くぐったところで、上空からコウコウいう声が。
  ハクチョウたちがやって来た、だが残念、岩見川はスルーのもよう。


111030 マガモ・カルガモ

  その岩見川。
  そろそろ大集団を作り始めたカルガモに混じって、マガモが。
  ガンカモの先陣を切ってここにやって来た、まだまだ少数派。


111030 ベニマシコ

  道々、方々から聞こえていたピ、ピ、ピルッ、の声。
  だがなかなか撮らせてくれない、ようやく姿を確認した、ベニマシコ


今年も、彼らはやって来た。
今年も、この地を忘れずにいて戻ってきた。
なんの目印も特徴もないようなこの土地に、彼らはどうして毎年選んでやって来るのだろう。
いろいろ想像を廻らしてみても、やっぱり不思議、そして驚嘆。

思う。
還る地があの原発事故のあったところでも、彼らはやはりそこに戻るのだろうか。
いろいろ思いを廻らして、なんだか哀しみをも覚えた、彼らの帰還を認めた日。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1286-a616e3de

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。