野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バスケシーズンが終わりました。

昨日、民放で今シーズンの総集編を放映したんですよ。
で、そこにちらっと映った俺の姿・・・・え、俺そんなにデブッチョだったっけ!?
・・・・・がーん。
だよな、秋から冬、そしてつい最近までほとんど運動らしい運動してなかったし。
(バスケの応援もそりゃあ体力使いますけどね、でも運動じゃないしなぁ)

なので、というわけでもないけれど、
今朝は久しぶりにフィールドを歩くことにした、野歩き。


梵字川の土手道を下り、鉄橋の手前で川岸に降りる。
と、前方から、バキッ! という音。
何だ?


120603 カモシカ

  目の前12~3m、俺の進行を妨げるかのように、細い逃げ道のない野道のど真ん中に、カモシカ
  う、これヤベェ。
  対岸でこの距離ならなんともないが、よりによって同じ土俵(?)。
  ヘタすりゃ突進くらって頭突きされる恐れあり・・・・。

そぅ~とバックして離れようとするも、カモシカさんたら全く俺に気付いてないかのようで、
普通にこちらに(ヤツの行きたい方向だった)に歩いてくる。
10m、5m、目が合う、しばしのにらめっこ・・・・3m。
俺が道をゆずり(要は避難して)、すれ違う。
助かった・・・・。


カモシカの去った鉄橋下をくぐり、岩見川との合流点付近。
突然、穏やかな川面が急に荒れ・・・・ド派手な水音が。


120603 コイ

  コイたちが、集まってきていました。
  そうか、もうすぐ梅雨だもんな、コイの季節だよな。


岩見川の土手道に廻ると、今年はあまり聴こえない、オオヨシキリの声。
ただ、つがいが一生懸命、一緒に巣材を運んでいる姿なんか見て和んだり。
と、ちょっと大きめの鳥さんがやって来た。


120603 ゴイサギ

  首長くないからアオサギさんじゃないしなぁ、
  なんて藪越しに見ていたら、留まったのはゴイサギさん。
  姿は可愛らしいが、相変わらず眼光鋭いw


120603 トンボ1

  土手道の路肩には、繊細で美しいトンボの姿。
  羽化したてなんでしょか、とても綺麗な個体でした。


120603 トンボ2

  眼はミルク色、そしてイトトンボじゃないのに、翅を閉じる・・・。


岩見川から、再び梵字川へ。
カモシカさん、まだ居たら俺帰れないな。
そんなこと思いながら歩く、ほっ、どうやら居ない。


120603 アオダイショウ1

  だが、土手道を遮るかのように、アオダイショウさんが長々と寝そべりw
  頭はさすがに路肩の中、130~40cmはゆうにある立派な個体。
  体の青い部分がまるでヒスイのように、美しい色合いをしていました。

  
120603 アオダイショウ2

  つい出来心で、ボディタッチw
  ん? と振り向いたアオダイショウさんのお顔、なんだかラブリー(はぁと


そういや、岩見川の土手道を歩いてたとき、
気付いたら足元にノウサギが、居たりして。
知らず蹴りそうになって、ようやく俺もノウサギも気付いたというw
空にはサシバが飛び交い、ときにトビやカラスとケンカしたり。
久しぶりに出たフィールドは、なんとも楽しい道行きでした。
来週も、歩けるかなー?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1295-1fc49a2e

まとめtyaiました【6月3日のFN】

バスケシーズンが終わりました。昨日、民放で今シーズンの総集編を放映したんですよ。で、そこにちらっと映った俺の姿・・・・え、俺そんなにデブッチョだったっけ!?・・・・・が...

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。