野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月10日。
チャコが、神様の元へ旅立ちました。

昨日、週末は金曜日。
いつも以上の残業に帰宅が遅くなり。
部屋へ上がると、普段なら出迎えてくれるはずのチャコがいない。
ただ、声はする、ベッドの下の隙間から、悲痛な声が。

灯を点けると、部屋中に粗相の跡が。
何があったんだ!?
ベッドの下を覗き込むと、助けてと言わんばかりの貌。
そして、這って出て来た、前脚だけを使って。

チャコは、下半身が麻痺していた。

動けない体で、前脚だけを使って移動し、なんとしても俺の傍へ居ようとする。
そして、痛いよう苦しいようと、救いを求めて鳴き声をあげる。
呼吸は荒く、胸が大きく荒く上下する。
下半身が麻痺しているから、抑えようはなく。
俺はなにもできず、ただ一晩中、チャコをなだめ傍にいて抱いてあげることしかできなかった。

まんじりともせず、夜明けにうつらうつらとしたくらいか。
動物病院の診療時間が始まり、連れて行く。
結果は、人間でいうところの心筋梗塞、
血栓が下半身、太ももの付け根に詰まるという、猫に起きやすい重篤な症状。
そして、経過時間からおそらくもう、だめだろうとの。

肋骨の奇形(漏斗状なんとか)もあり、肺も負担が掛かり水が溜まっているとのこと。
下肢の壊死も始まっており、入院投薬してもおそらく回復(再び歩くこと)は望めないだろうと。
このまま、苦しみを長引かせてでも延命を選ぶことがよいものなのか。


チャコは、俺が営業職をしていたときに、ご贔屓さんから貰った、山形生まれの猫。
彼女を見た人は誰もが驚く、なんて美人な猫だと。
飼い主の贔屓目だけだとは思わない、齢13を超えた今でさえ、まるで子猫のような童顔フェイスの別嬪なのだから。

そう、俺んところへきて、もう13年以上も経ってたんだ。
山形から、秋田へ。
数字にすれば長い歳月、だけど、あっという間の年月。
決して、長いとは思えなかった、チャコと添って暮らした日々。

病院で何時間、見守り彼女を撫で続けたことだろう。
診ていただいた先生も、看護婦さんも、悲しんでくれた。
縋るチャコと、どうしようもなく何もできない自分と。
あまりの苦しみ様に、もう頑張らなくてもいいからと、心引き裂かれるような思いで彼女を撫で続ける。
そして彼女は、痛みを苦しみを遠ざけ、穏やかに逝った。
俺を置いて。

世間でいうところの老齢猫だから、いつかはその日が来るのは分かっているつもりだった。
だけど、本当は解っていなかった。
最後の最後に苦しみを訴えて、俺に縋って、そしてあっけなくも穏やかに解放されたかのように、
チャコは逝ってしまったのだ。

チャコを送った今も、こうしてPCに綴りながらも、
振り向けば当たり前に彼女が居るような気がする。
ストーブの前で丸まるどころか、長々と伸びているチャコが。
チャコ何してるかな? ドコ居るかな? と探してしまう自分がいる。
そして彼女を撫でようと、自然とスツールから腰を浮かせ“チャコの居場所”に向かおうとする自分がいる。

彼女の居ない生活に馴れ、居ないことに気付いても涙しない日が来ることが、あるのだろうか。


チャコとの星の数ほどの思い出は、俺だけのもの。
今はただ、チャコを失ってしまった悲しみに、哭くことしかできない。

それでも願わくば、
彼女の最後の痛み苦しみの時間が短く済んで、その苦痛から解放されて、
神様の御許にあってゆるりと、癒されていることを願いたい。

チャコ、こんな不甲斐ない俺といつも一緒にいてくれて、ありがとう。
神さま、チャコをお返しします、どうか彼女をよろしくお願いします。


俺の手元から旅立った彼女の貌は、安心しきった様子で、
穏やかにただすやすやと、眠っているかのようだった。
スポンサーサイト

コメント

 お気持ちお察しします。かつて私と暮らしてくれた猫たちも同じところにいるはずです。穏やかで温かいきっと春の野原のような場所だと私は信じています。
 チャコちゃんは牛柄さんにしっかり愛され、最後の瞬間まで幸せだったのだと思います。安心して神様のもとに帰ることができたのだとおもいます。
 何かうまくコメントすることができなくて歯痒いのですが、
どうぞあまりお気を落とされませんよう。
 
 リコメント不要です。

牛柄ちゃん(>_<。)号泣しちゃった…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/1300-69ba18b5

まとめ【片翼、逝く。】

11月10日。チャコが、神様の元へ旅立ちました。昨日、週末は金曜日。いつも以上の残業に帰宅が遅くな

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。