野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結局、○○には出会うこともなく (いや、それでいいのだが)、
狭い小道で視界も狭いので、道端と足元だけに目がいく。


070203 アオキ

  冬枯れの中、青々としたアオキ
  それも、ずいぶん大きなアオキの木で、実が 「これでもかっ!」 ってなくらい
  鈴なりに付いていた (これはごく一部)。
  これが赤く熟したら、さぞや見ものなんだろなぁ。

  
070203 キノコ1

  小道を塞ぐように横たわった倒木に、変な形のキノコが生えていた。
  サンゴか貝殻のようなこんなのが、


070203 キノコ2

  やっぱりこんなにいっぱい。
  何ていうキノコなんでしょかね~。


070203 清水

  道の先から、チョロチョロという音が
  川から聞こえてくるんじゃない
  山肌を見ると
  地面にぽっかり開いた穴から
  水が流れ出していた
  この水はどこから来たんだろう
  上に沢なんてあったかな?
  
  その側からは 
  特大の 「ぢ、ぢ、ぢ」 声
  そう、“警報機”ミソサザイ
  わずか2m先から聞こえる
  確かに、笹の葉も小刻みに揺れている
  ときどきチラリと茶色いものが見える
  けど、全身を確認するに到らずじまい










070203 ウスタビガ?

  斜面に生えた木の枝に、場違いな色のものがぶら下がってた。
  たぶん、ウスタビガの繭
  吊り紐が小枝に絡まってはいるけれど
  雪や強風にも落とされずに、ちゃんとぶら下がったままだ。
  漢字で書くと 「薄足袋蛾」 らしい。 足袋の欲しくなる季節に羽化するからだそうだ。
  成虫はけっこう綺麗そうなので、孵ったところを見れないとしても
  繭があるということだけで妙に安心した。
  ところで、ウスタビガは秋に羽化するということは、するとこれは空っぽなのかな。


いつもと違う道をたどって帰ってみたら、やはりいつもとは違うものを見つけられた。
対岸から見ただけでは気付かなかったものがあり、結果ずぶぬれにはなったものの
新鮮な気持ちにはなれたし、面白かったかな。
今度は天気のいい日に歩いてみたいよ。
スポンサーサイト

コメント

無事ご帰還?

なにはともあれ、○○に出会わずよかったですね。
ウスタビガの繭、おもしろーい。
蛾は大の苦手なのですが、これはいいですね。
ゲゲゲの鬼太郎にこんな形の妖怪がいたような?
顔を描いてみたくなります。

いつもと違う道を歩くの、私も大好きです。
でも、足下や○○には、くれぐれもお気をつけて!
熊鈴持ってますか?

真冬とは言っても、初めて見るような新しいものがいっぱいあるんですね。
やはり、自然散策は楽しいものです。
でも、恐いのは嫌だなぁ~
家に帰り着いて冷静になってから、背筋がぞーって恐くなりませんでしたか?
ミソサザイさんは、可愛い鳴き姿しているんですよね~
見てみたいものです。

薄足袋蛾の繭、かわいい~!
サナギはエイリアンみたいな物が多いじゃないですか~ って言ってもわかって貰えないかもね、(^◇^;)
とにかく、こんなにカワイイのもあるんですね!
キノコは海にいる亀の手に似ている~
ちゃんと道はあるのですか?
無理しないで、、、でも楽しみ!

>白あずきさん
ゲゲゲの鬼太郎に出てくるのって、なんだっけ?
吊り目の奴だったかな。
皆さん、いろんなのを連想するようで、意見を聞くのも面白いですね。
それにしても、こんな形のサナギから、どうしてあんな蝶とか蛾が出てくるのでしょうかね。
不思議なもんです。
○○にはまだ、遭遇したことないんですよね。 爪痕とかは見付けるけど。
ま、会わないにこしたことはないんですが。。
山菜採りのときはちゃんと鈴持っていきますよ~。

>fumiQさん
真冬しか見れないものも、けっこうあるもんですね。
季節的なもの、葉が落ちて緑がなくなって初めて見つけられるもの、その時々の発見が面白いです。
あの足跡のことなんか、その後すっかり忘れてタヌキの足跡を辿ってみたりしてました。
家に帰ってから、ふと検証してみて 「もしかしてヤバかったのか?」 と気付きましたね~。
ミソサザイは写真でみると可愛らしいんですけどね、どうしてあの体格からあんな大声をだせるのかと常々思います。
しかも、いつも怒られてる気分になるし・・・そんなの俺だけ?

>アマゾンリリーさん
サナギはエイリアン・・・わかるような気がします。
小さいからいいようなものの、これが人間大だったら恐ろしくて近づけないでしょうね。
何が出てくるかわからんしw
あのキノコは、そのまま海中にあってもおかしくないような感じでしょ。
この小道は、山菜取りや柴刈り、山の手入れに入る人が行く道で、まぁ獣道みたいなもんですけど、ちゃんと道になってます。
昔は上の方にお墓もありました。
子供の頃は途中までよく遊びに行ったものです。
今は変な知恵がついて、なかなか踏み込めない所ではありますけどね。

ウスビタキガの繭、抜け殻に限るをお一つ下さいな。

今度見たら宜しゅう。予約1件御成立!?

>FLORさん
お、俺に小枝の先に登れとw
ちょっと手の届かないところにぶら下がってんだよね。
ビミョ~に身の安全を図ってるんだろなー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/190-64fdfbf9

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。