FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

再び吹雪に巻き込まれる前に、家路へと急ぐ。
梵字川の土手道へと上がり、川沿いを進む。
三日月湖を通り過ぎ、高速の下をくぐり、以前屋根にシロサギが舞い降りた同級生の家の裏まで来た時だ。

200mほど離れた山から、白っぽい大きな鳥が近寄ってきた。
田んぼの上2mほどをひらひらと飛んできて、すうっと上昇し電柱に停まる。
こ、これはもしやっ!?


070204 オオタカ1

  トビよりは幾分小さいが、寒太りしたハシブトガラスよりは確実に大きい。
  オオタカだ。
  すっげー、やったぞ!
  まさか、こんなところで見つけるなんて!
  

以下、感動のあまり全てを見せたく、無駄に写真が多いです。 ご了承ください。


070204 オオタカ2

  高性能な視力を生かして獲物を探しているのか、
  あたりをさかんに見回している。
 

070204 オオタカ3

  虹彩が黄色く、眉班がはっきりしている。 そしてこの大きさ、メスだ。
  感動しつつも気になるのが、爪先に鳥の羽がこびり付いてること。
  ハンティングの直後なのかな。
  
  あ、ちなみに画像が曲がってるんじゃなくて、電柱が斜めに建ってるんですよ。

 
070204 オオタカ4

  やばい、雪が降り出した。
  けど、魅入られたように、この場を離れることができない。
 
  次第に降りが激しくなってきた。
  しかしオオタカは飛び立つ気配も無い。


070204 オオタカ5

  鋭い眼光と、凛々しい姿がかっこいい。
  それにしても、なぜこんなところに?
  秋田県の準絶滅危惧種に指定されてる鳥が、
  高速道路から7・80m・国道から300m弱の地点、
  しかも人家の裏の電柱、俺ん家からすらたった200mほどのところにいる。
  おまけに、目の前20m足らずの距離。
  脅威だ、いや奇跡だ。
  さすがミラクルワールド・梵字川!


070204 オオタカ6

  風が出てきた。
  それでも、オオタカは動じず。
  やはり大物だ。  


070204 オオタカ7

  ・・・・・吹雪に俺が根負けしそうだ。
  降りしきる雪に画像も霞みがちになるので、


070204 オオタカ8

  ハイライトにしてみた。
  うーん、やっぱりかっこいい。

いいかげん姿が見えなくなってきたので、近くの橋を渡って向こう岸に回ってみた。
電柱の下までくると、さすがにお邪魔だったのか、


070204 オオタカ9

  飛ばれてしまった。
  俺の周りをぐるぐると、高速で飛び回る。
  はっきし言って、カメラは (というか俺の視線は) 追いつきません。
  やっとこ捉えた飛翔の様子も、すっかりシルエット。


その後、オオタカは吹雪をついて山へと帰っていった。
せっかく山から下りてきてくれたのに、物見高い奴がいてゴメンね。
いつかまた、会えますように。

                    糸冬
スポンサーサイト



コメント

興奮しましたねー! 刻々と雪が強くなるのに写してる牛柄さん面白いというか 気持ちがよーく伝わりました。千載一遇こんなチャンス逃せないですよね。
ポンポンの萌えな姿と比べると 精悍で引き締まった顔が全く違います。足の黄色いのもカッコいいな。

いや~普段なら、はた、と「・・・俺何やってるんだ?」と思った状況でしょうがね
このときばっかしは、ちっとも気にならなかったですよ。
遠くにいて、何だろな? と思いつつあとで気付くというのではなくて、もう、目の前ですからね。
こんなカッチョイイ鳥に出会えて、鳥見のビギナーズラックというにはあまりにも幸運でした。
こうやって鳥見にハマっていくんだろか。

すごいっ!

オオタカをこんなに大きくはっきりと捉えるなんてっ!
吹雪が強くなるにつれ、写真もはっきりとなってくるのがすごいですね。
オオタカは、他の猛禽に比べて、環境適応にすぐれているので、鉄橋やヘタすると都会の近くでも営巣することがあるとか。
トビ化してきているようなので、
梵字川の環境であれば、十分生活圏域になるのでしょう。
小鳥も多いし、雑木林もある(あった?)ので、エサとなるネズミ類も多いでしょうからね。
それにしてもこの近さ!迫力~!
私は1m以内の近さに、チョウゲンボウを見たのが、猛禽の最接近記録です。

おめでとー

カッコイイ!!!
やったね!牛柄さん♪
出会えた喜びと興奮がよ~く伝わってきます。
天候が悪かったから、出会えたのでしょうか?
写真で見ても、存在感ありますね~
トビとはえらい違いだなぁ。
目が合ったら、恐怖を感じるでしょうね。

やりましたね!オオタカ!
車なしでここまで近づけることはなかなかできませんよ!
実は獲物と見られていたりして…(笑

オオタカは生息域が幅広いので、どこにいてもおかしくない鳥なんですよ。
こちらでも、たまに札幌市のビル街上空を飛んでいます。
カラスに追われながら(笑

オオタカ…まだ撮ったことない…撮りたい鳥です。

こんにちは。
♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ カッコイイ-!!!凛々しい♪
出会えた喜びに興奮しちゃうのとっても良く分かります(笑)
目の前で見れたなんて羨まし過ぎます~。
良いな~良いな~。
猛禽類(種類わからず)は、シバシバ見かけるんですけど車で移動中の事が多いので撮れないんですよ(泣)
吹雪の中、ご苦労様でした<(_"_)>

PS.リンクさせて頂きました。
ご都合が悪かったら仰って下さい。直ぐに外しますので。

>白あずきさん
オオタカも最近は都市型が増えてきている、とは聞きます。
とはいえ、絶対数が少ないし、ここらはとても「都市」とはいえない所だし、こんな中途半端な場所で会うとは思いもよりませんでした。
どこかには居るが、ここには居ない鳥、と思い込んでましたよ。
1mの近さでチョウゲンポウに会うって、どんな感じですか?
というか、どういう状況だったのかなぁ。
曲がり角で出会い頭ってわけじゃないっすよねw

>fumiQさん
んん、そうか、もしかしたら天気が悪かったのが幸いしたのかも!?
天気や場所なんか考えたら、まぐれ当たり的な遭遇なんでしょうねぇ。
この調子で宝くじなんか当たりたいなw
実際この目で見て、オオタカの精悍さはトビの比ではありませんでした。
あの目つき、眼光、という言葉の意味がよ~く解りましたよ。
恐怖どころか、思いっきり高揚してしまいまいたね。
ニンゲンって、動物的本能を好奇心が上回るんだな~。

>kimさん
そうか! 周りをぐるぐる周回されたのは、ターゲットと思われてたのか!
・・・なんてねw
とはいえ、タヌキなんかも捕食するらしいですからね。
いや、俺はタヌキより随分大きな獲物ですけど。
ビル街のオオタカ、逞しさを感じますね~。
そうやって環境に適応して生き延びていくんでしょうね、野生は。
そういえばkimさん、まだオオタカ撮ってなかったんでしたっけ?
お待ちしてますよ エヘヘ。

>みけさん
リンクありがとうございます。
こちらからもさせてもらいますね。 いや、させてくださいw
俺も出勤途中にいい鳥を見つけたりしますが、いかんせん運転中はクヤシイっすよね。
判らない猛禽ならなおさら。
確かめたいのに、停められない、ヽ(`Д´)ノ てな状態です。
・・・・・ま、安全第一ですな。
落ち着いた状態できちんと遭遇したいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/195-87b439ef

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング