FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

ある日、おじいさんが土手道を歩いていると
梵字川に、なんだかどんどん流されていくものが浮いていました。
この日は前日からの大雨と山からの雪解け水で、川の水は大増量中。
おまけに流れも通常の3倍・・・かどうかは分りませんが、とにかく速い。
急流並みです。


070415 カルガモ1

  なんだと思ったら、カルガモさん。
  いつもなら俺が気付く前に飛んで逃げるくせに
  この日はやたらと 「グワ、グワ、」 と鳴きつつも、飛び立つ様子もない。
  とりあえず俺の存在には気付いたようで
  必死になって流れに逆らい、上流 (画面右) へと泳いで逃げようとするんだけど
  油断すると、どんどん下流に流されていく。
  やがて、しょうがないと思ったのか、
  今度は下流に加速度付けて泳いで逃げていく。
  そのスピードたるや、早足でも追いつかないほど。


070415 カルガモ2

  流されつつ逃げた先、その途中には
  不法廃棄されたゴミが枝に引っ掛かり溜まって、水面が途切れている箇所が。
  見てると、なんと!そのゴミの山を歩いて乗り越え、さらに下流の水面に。
   (枝が邪魔になって、ピンボケですいません)


070415 カルガモ3

  その後、水流の速いところを避けるかのように、淀みに行こうとするんだけど・・・


070415 カルガモ4

  やっぱり戻されて、流れに乗ってしまうw


070415 カルガモ5

          ――― もう、ほっといてよっ!

  いや、見てると面白いもんでw


このカルガモさん、さらに流されて
ここからちょっと下がった、少し流れの緩やかになったところにいた群れに合流。
お仲間ができて気が強くなったのか、ようやく飛んで逃げていきました。
彼女 (彼?) がこれまで飛んで逃げなかったのは、流れがきつくて飛び立てなかったのか
はたまた本当に気が弱かったのか・・・・・
俺には知る由もありましぇん。
スポンサーサイト



コメント

カモの遊泳力ってそんなに強くないんですね。
雪解けの時期は流れも速いでしょうけど。
ほんと、なんで飛ばないんでしょうか。
流れに翻弄されていたに一票w

わたしはねぇ、飛んで逃げるなんて考えつかなかったに1票w
んなことあるのかーって? いやぁ、なんかカルガモさんて幸せ楽しそうで...
あまりものを考えていない様な気がして..
こっちのカルガモは人間怖がらないか、近寄ってくるから嘘みたい^^

私も先日、ものすごいスピードで川を流されていくカルガモを見かけました。
気になって見ていたらどんどん鳴き声が遠ざかっていって、やがて見えなくなりました(笑)
カモって、あんまり速い流れに巻き込まれると飛べないんですかね…?

わははは・・・カルガモさん必死ですねぇ~
泳ぐことに必死で飛べることを忘れたに一票^^

>kimさん
ほんと、なんで飛ばなかったのかなぁ。
結局、最初に見つけたところから、150m以上も流されていきましたw
ふつう、こんな流れの速い水面にはいないっしょ、何をこの水域に固執してたのか、俺には???です。
ま、流れに逆らって泳ぐのは大変でしょうけどね、だったら下流に向かって飛び立てばいいのに。
変な方向で頑固なのかなぁ。

>florさん
それはマズイでしょ、野生に生きるものとしてはw
まぁ、いつもニヤリ笑ってるような顔つきですからね、頭ん中お花畑と思われてもしょうがないでしょうな。
ここらのカモたちは天然、ちゃきちゃきの野生っ子なんで、なかなか近寄れないんすよね。
カモさんには申し訳ないけど、存分に見れてラッキーでした。

>かんさん
じつはここだけではなく、岩見川 (梵字川の注ぐ本流) でもあの広い水面を流されてくカルガモさんを見つけました。
流れに抵抗するでもないその様子、ゴミと一緒ですね。
なにもそこまで 「川の流れに身を任せ~♪」 を地でいかなくてもいいのにw

>かげさん
見てると、そうとう必死だったみたいです。
己の意思とは違う方向にどんどん行っちゃうんですからw
鳥さんの頭では、泳ぐのに必死で飛び立つことを思いつかなかったんだろか、と思えるくらいですね。
飛び立ち逃げる = 本能 じゃないのかなぁ。

初めは急流すべりを楽しんでいたけど、
牛柄さんを見つけたときに、飛ぶことを忘れるほど慌てまくって流された。
そんなところではないでしょうか。(笑)
カモというと、「すぐ飛んでいく」というイメージがありますが、
変わった子もいるもんですね~。
案外あの体型だと、流れが緩やかでないと飛び立てないのかも。^^

>fumiQさん
急流すべりですかw
なんかあちこちに引っ掛かりそうだなぁ、あの川は。
正直どこまで流されていくのか、興味津々でしたね。
ていうか、流されてくままでいいのか!?
確かにあの下半身太り系の体格じゃ、飛び立つのにおぼつかなさそうですよねぇ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/269-28412554

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング