FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

え~、じつは、
今日の記事は 「見るのもイヤ」 って人が多そうなので、
好奇心が恐怖に勝る方だけ、ご覧になったほうが宜しいかと。
はっきし言えば、今回の主人公はヘビです。
俺は平気だけど、ニガテな人が多いのも事実。
ダイジョウブ!って人だけ、↓↓↓をクリックしてくらはい。去年の秋、「ジャンプする魚たち」 の記事で紹介した、
梵字川の小さな堰堤。
そこには、いろんな物が浮いてたりするわけだが・・・。


070429 アオダイショウ1

  ・・・・・まさか、ヘビが浮いてるとは思わなかったな。
  川を泳いで渡ろうとしたのか、間違って落ちちゃったのか。


070429 アオダイショウ2

  小さな堰堤といえども、落水の勢いは強い。
  あるイミ滝つぼにハマってる状態で、脱出しようにも大変そうだ。


070429 シマヘビ3

  水からの脱出を何度も試み、何度も腹を見せて浮く。
  あぁ、もうだめか・・・そう思うとまた復活。
  体力が持つんだろか。
  というより、何も堰堤下の水の勢い強いところから脱出しようとしなくても
  流れの緩やかなところ行って、そこから岸に登ればいいじゃん。
  なんで堰堤昇りに拘るかなぁ、鮭やこいのぼりじゃあるまいに。
  

070429 シマヘビ4

  お、少しは知恵が付いたか?
  ところが、またしてもこいつは一番水流のきついところに戻っていった。
  せめてこちら岸だったら、枝かなんかで救って助けられるんだけどなぁ。


もうこいつの運命は決まってしまったのだろうか、
そう思いつつ、一旦この場を離れた。
辺りをぐるりと散策して1時間ほど経っただろうか、
戻り道、再び堰堤に来ると、


  
070429 シマヘビ5

  ヘビさん、まだ頑張ってました。
  あと少し、あとちょっと首を伸ばせ!


070429 シマヘビ6

  届かなかったようだ。
  向こう岸からの脱出は諦めたのか、今度はこちらに向かって泳いでくる。
  
  その後、岸にたどり着いたこのヘビの姿は
  護岸ブロックの影になって、俺からは見えなくなった。
  無事逃げられたのならいいけど。


  
070429 シマヘビ7

  ちなみにこちらは、ここから程近い別の場所で会ったシマヘビさん。
  倒れたアシの上を歩いてたら、いきなりアシが動き出したのでビックリ!
  ・・・と思ったら、ヘビ。
  間違って踏んじゃったら、どうすんだ?
  

このほか、なんか尻尾が見えるな、と思って摘んでみたらヤマガカシだったり、
穴のなかに頭だけ突っ込んでるシマヘビに会ったりと、やたらヘビさんに遭遇。
カナヘビは一回会ったかな、トカゲはまだだな。
あ、あとカメにも会いましたよ。
野生のカメさん、生まれて初めて見つけました。
GW前半の爬虫類遭遇記はそんくらいかなぁ。
スポンサーサイト



コメント

 この蛇はきっと竜になりたかったのですよ。でなけりゃ、あの枝につかまりますよね。
 それにしてもうらやましい。こちらでは蛇の密度がすごく低くて、めったにあえません。せいぜい年に2度。
 シマヘビはきれいですよね。私は大好きです。アオダイショウは気分がいいときはきれいな緑色なのですが、だいたい機嫌が悪くて深緑なのと、怒らすとなかなか怒りがさめないのでいやです。
 でもなんといってもヤマカガシのこどもの美しさにはいつもしびれます。
 
 子供の頃、米袋いっぱいに蛇をつかまえてきて、近所の公園の真ん中で全部一気に逃がした事があります。スッゲー面白かったけど、スッゲー怒られましたね。

蛇はへーき、乾燥肌だから。
拡大して見たけど拡大しなかった~ 
蛇といえども目の前で水難事故を見るのは嫌ですよねぇ。こういう時に手を出したら駄目なんてことを言う人もいるけど、手は出しますよね、きっぱり。助かってるといいけどね。
山に入らなかったせいもあり、何年も見ていません。

tu4477さんにげらげら笑ってしまったです。

>tu4477さん
なんちゅーコトしてたんですか、子供のtu4477さんたらw
俺はせーぜー青大将をぶら下げてきて婆ちゃんに怒られたり、
カナヘビを家に持ち帰っておふくろに叱られたりしたくらいなのに・・・。
シマヘビの怒った姿、見たことありますか?
同じシマヘビと思えなかったですよ。
シマは歪んで無くなり、むしろマムシ模様、
おまけにガラガラというかシャラシャラというような音まで出すんです。
怒らせて申しわけなかったけど (ちなみに怒らせたのは、家の犬)、
なかなか見れないものを見せてもらいました。
最近は青大将、見ないですね。
ヤマガカシは綺麗なんすけど、けっこう攻撃的なんで取り扱い注意対象にしてます。
(尻尾つまんで引っ張り出しちゃったけど)

>florさん
乾燥肌とヘビと、どういう関係がw
・・・いやきっと、女性の美容の何かに関係あるんだろう (←勝手にナットク)。
もっと大きい写真欲しかったですか、ヘビですけど。
山といわず家の庭にもよくヘビが出るんですが、おふくろがヘビ嫌いなんですよ。
だもんで、散策に行くと 「今日は何見た?」 と聞かれるんですが
いちおう気を使って 「ヘビに会った」 とは報告しませんでした。
お役立ち生物なのに、けっこうカワイイのに、チト残念。

泳ぎ上手!

爬虫類も活発に活動するようになるほど、
あったかくなったんですねー。
うちの庭にも先日遂にヒッキーガエルちゃんが出没・・・

ヘビは、水の中に入ると、動き早いですよねー。
水田とか大きい水たまりに入ると、
ささぁーっと逃げてしまいます。
ほんとは両生類なんじゃねーの?
なんて、つい思ったりします。

うっ

こんばんはです。
そんなにヘビさん居ます?
昔に比べればほとんど見たことないですけど。
って、車に乗ってアスファルトばかり歩いて
ちゃ見ること無いか。。。

みなさん、凄いことをなさってきたようで・・・
私の場合、自転車で2回轢いたことくらいですね。
突然草むらから出てくるんだもん、仕方がなかったんです。^^
(へびさんは、その後も元気でした。)
今では、年に1,2回見るくらいかなぁ~。
たくさん出てこられても困るし。^^;
ちなみに、ヘビの見分けはさっぱりです。
あのへびさん、冬眠から醒めて寝ぼけていたのかな?

>白あずきさん
あったかくなりましたよ~。
寒がりの俺はフィールドに出るときはいつも厚着ですけどねw
大物ガエルはまだ見てませんが、アマガエルはあちこち。
昨日は庭で、穴から出たてで砂まみれのアマガエルを見つけました。
ヘビって、脚もヒレもないのに泳ぐのうまいですよね。
地上ならともかく、よく体をくねらせるだけで水面を進むことが出来るものだとカンシンです。

>仲村さん
え、よくペチャンコになったヘビさんとか、見かけませんか。
かくいう俺も、去年はあまり見なかったんですけどね。
今年はすでに何匹も会ってるからなぁ、当たり年なのかな。

>fumiQさん
大丈夫でしたか?、今回の記事。
ダメな人はとことんダメだからなぁ、ヘビは。
俺はさすがにヘビ轢いたことないですよ^^
踏んだ瞬間って、ついペダルから足を離したりしませんでしたか。
なんとなく想像してしまいます。
轢かれたヘビさん、無事だったんですね、意外と踏まれ強いのかなw
普段見られるようなヘビはそう多くない(3・4種類)ので、簡単に見分けが付くようになりますよ。

乾燥肌というのは ミミズやナメクジみたいにべちゃっとしてないからです。
軟体のぬるべたが腰が抜けそうな程気持悪いのですよ。(ナメクジとか植物触ってて偶然触ったことあるでしょ?)
えへへ 美容には関係なかったです。

>florさん
あぁ、そういうことか。
てっきり男には解らぬ女性の美容術とか化粧技とかの世界かと^^;
爬虫類、とくによく会うようなヘビの質感はツヤツヤ系ですもんね。
同じウロコでも、魚のそれとは違うもんな~。
ナメクジは・・・記憶にある限り触ったことがないような。
いや、触りたいとも思いませんけどねw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/281-22b240e3

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング