野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
070503 タニギキョウ1

  この花、何だか判りますか。
  昨日やっと正体が判ったんで、今日もう一度見にいってみました。

  
070503 タニギキョウ2

  草丈は10cmもない。
  仄かに色の差した、白い小さな花。
  開けっぴろげなところでは咲かない、これはタニギキョウの群生。
  キキョウの仲間だとは思いもよりませんでしたよ。

  
070503 アオキ

  タニギキョウのすぐそばで咲いていた、アオキの花。
  暗い茶紫に、黄色いオシベがやけに目立つ (色が飛んでるけど)。
  じっと見ていると、3Dで夜空の星を見ているような気分になる。


070503 アケビ雌花

  同じく濃い茶紫の花、これはアケビ
  手前の大きな花が雌花、奥のちょうちんブルマーみたいのが、雄花。
  雌雄別花だったことはもちろん、ひとつの枝に分かれて花がつくなんて初めて知りましたよ。


070503 ヘビイチゴ

  危うく踏みつけそうになった、でも黄色くて目立ってたヘビイチゴ
  密やかに咲きながらも、妙に自己主張のある花だ。


070503 ヤマブキ

  黄色いといえば、ヤマブキ
  色は目立つけど、他の花たちよりも奥まったところに咲いていた。
  

070503 スズメノヤリ

  丈は短くても花は地味でも、妙に気にかかる花、スズメノヤリ
  漢字で書くと、雀之毛槍といったところか。
  写真では表しきれない、一風変わった花でしたよ。


  《 お ま け 》
  
070503 シダの仲間

  ほぼ真円? な、シダの新芽。
  自然の造形って、すごいな。


野や山に咲く花は、人の手が加わったものとは違う美しさ、新鮮さがある。
誰かが見てくれるとは限らないし、見てもらうことを前提に咲くわけではないだろうけど。
人の目には密やかに奥ゆかしげに咲いているように見えても、
じつは彼らなりに強い自我をもって咲いているのかもしれない。
そんな姿にむしろ、人は惹かれるのかなぁ。
スポンサーサイト

コメント

花盛りですね~
タニギヨウ、確かにキキョウの仲間には見えませんね。
アケビは雌雄別株と思っている人が結構いるみたいですね。

この可憐な草花は、み~んな梵字川の土手に咲いているんですか?
もし、そうだとしたら、いや、そうでなくても驚きです!
牛柄さんの周りは自然の宝庫なんですね♪
どんなにがんばっても、園芸植物は自然の花にはかなわないように思えます。
ちょうちんブルマーには笑いました。あれも自然の美ですね。(笑)

休みなので、ゆっくりとブログ内を徘徊させてもらいました。
鳥も撮られるんですね。ピントも合わないデジカメ初心者としてはビックリです。
写真や植物のこと、いろいろ参考にさせていただきます。
何十年ぶりに聞いたでしょうか”ちょうちんブルマー”。東洋の魔女辺りまでしかさかのぼれません。

>かげさん
アケビが異花だったってことすら知りませんでしたよ。
実はおなじみだけど、花も面白いもんですね。
けっこういい色で、上手く撮れると絵になりそうな花でした。
そういえばこの若芽も食えるんでしたよね。

>fumiQさん
そんな驚くほどのことではないですよ。
たぶん、どこの野山でも見られるはずです。
ただ、それに気付くかどうかですよね。
関心がなければ見逃してしまいそうなもの、今までだって見てたはずなのに目に入ってなかったもの、
ブログをするようになってから、あらためて気付くことばかりです。
アケビの雄花って、不思議な形してますよね。
シロスグリの実の色違いにも見えたんですけど、これはむしろブルマーの出番でしょw

>ミケナさん
いらっしゃいませ、どもです。
自分もカメラは超~初心者ですよ。
なんたってついこないだまで、携帯電話のカメラ使ってたんですから。
でも、ヘタはヘタなりにいろいろいじる楽しさ、
何かを発見したときに写真で伝えれる嬉しさってのが面白いんですよね。
ちょうちんブルマー、その時代まで遡れれば十分ですよw

ぷちオヒサw タニギキョウ惚れてしまいますね、なんて可憐なんでしょ! 欲しい...いけないいけない...
この間、アケビの花に騙される所でした。馬酔木の花の間からアケビの花が混ざって見えてて、@@こんな木見た事無い!!ってびっくりしたんだよね。えへへ
今日はスズメノヤリが一番驚いたかな。
こんなにちゃんとした花になってるとは知りませんでした。 木いちごをこれに刺してた!

>florさん
タニギキョウ、いいでしょ。
他の野草とはちょっと違った、趣のある姿でしたよ。
雰囲気のいい花で、もっと綺麗に写してあげたいのに・・・。
スズメノヤリ、このあと庭を徘徊したら、さらに見つけました。
庭ではホントに雑草扱いになるんだろなぁ、きっとおふくろに抜かれるぞ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/284-d20cb004

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。