FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

携帯で写真を撮っていたころに比べ、
デジカメになってからは、それなりに撮り方を考えるようになった。
・・・・・考えるようになった、だけなんですけどね。
正直、いまいち撮り方というものが解らない。
まぁ基本的にここでUPしてる写真は記録用という意味合いで載せてるんで、
備忘録的にはそれでいいんだが。
というのも、こんなのを見つけたよ、こんなことがあったよ、
それを画像付きで紹介した方が、俺の発見や驚き・感動をより端的に伝えられるかと思うからだ。
 (そのわりには無駄な文章がイッパイなんだけど)
だから、構図的に綺麗な写真・美しい写真・展覧会に出品されるような立派な写真というものは
俺は撮ってないし技術的に撮れない、優先順位も低い。
でもな、たまにはお遊びもいいじゃんか。

などという導入の文句にはあまり関係なく、2回に分けて野の花・庭の花をUP。
半分はやはり記録保存の気持ちで撮ってるんで、まぁイマイチなんですけどね。



070512 コンロンソウ1

070512 コンロンソウ2

  土手っ腹やあちこちのちょっとした空き地で
  そこを埋め尽くすかのように咲く、コンロンソウ
  幾年も変わらずにそこにあり咲いてきただろうに
  それに気付いたのは、この春が初めてだった。


070512 勿忘草

  田んぼの畦に、場違いなほどに蒼く散らばる無数の花。
  そのひとつひとつを見れば、少し淋しげな様子の勿忘草


070512 サワハコベ

  花びらの深い切れ込みが、凛とした雰囲気を作り出す
  これはサワハコベの花。
  小さくとも気高く咲こうとする姿に、野の花としてのプライドがにじみ出る。


070512 トウダイグサ1

070512 トウダイグサ2

  ひと塊の群れになり、濃い黄色から淡い緑までのグラデーションでひときわ目立つ
  これはトウダイグサの仲間。
  その大振りの姿全体が見せる華やかさの中で、本当の花はとても小さい。


と、いきなりここで切ったりしてw
今回は野の花だけでしたけど、明日は庭の花が加わります。
さて、見ただけで何の花か分かるかな?
スポンサーサイト



コメント

トウダイグサの仲間って涼しげで好きです。
よく花のまとめ売りの所で抱えて買って来ています。生けるんだお。
サワハコベってめちゃ切れてるじゃない、きりっとした花だねぇ、初めて見ました。
コンロンソウも普通に生えてるって 素晴らしいよ。 牛柄さんのお花情報って やっぱり普段見ないものも多くて 興味津々です。

野草って奇麗ですよね。
園芸品は「人工物」という色眼鏡で見てしまうからか
どうも派手に見えて苦手です。同じ色は自然界にもあるのに・・・。
写真のスタンス、すごく良く分ります。
マクロレンズを付けるとついつい寄り過ぎちゃうんですけど、
それだと標本と変わらないし、
平坦な写真しか撮れない腕前では写真としてもいまいち納得がいかない(^ ^;;
自分が見た記録と、生き物がいた環境の記録。
そこら辺でもぞもぞやっていこうと最近思ってます。

トウダイグサの仲間はノウルシですかねぇ、さすがにタイゲキの仲間ではないですよねぇ。
雄花に花粉がいっぱいあって、雌花はまだ杯状花序の中ですね~
サワハコベの花、ミミナグサに似ているんですね。
後編が楽しみです。

構図には、シャッターを切るたびに悩まされますよね~。
私の場合、誰から教わったわけでもなく、本を読んだわけでもなく、
思うがままに撮っているだけなんですけどね。
(誰か教えてくれ~^^)
へんに意識することなく、自分らしく撮るのが一番だと思いますよ。
(自分もそうやって開き直りました。^^)

野草の凛とした姿には、目を見張るものがありますね。
最近の園芸種は、バラ咲き(八重)ばっかり!
みんなバラになってどうすんの?と言いたいです。

 私は、このブログ楽しみにしている読者ですから、牛柄さんの写真に対するスタンスは素敵だと思っています。撮影されておられる環境とか、そこに生きる生き物の生き様がありのまま感じられて、お気に入りのブログです。

 私のブログは、虫に興味がない人にも虫の良さが伝えられたらいいなと思ってやっているブログです。だから、これまで勉強した物は全て突っ込んでできるだけきれいに撮りたいと気負いすぎて、もしかしたら変な方向に行っているでしょうか。なんだか不安になってきました。ちょっと考えてみます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>florさん
え、トウダイグサ系、花屋さんで売ってるの!?
今時なんでもアリなんだなぁ、この仲間毒草なのに・・・。
何でもアリといえば、いけばなするん? あぁまたflorさんのイメージがw
よく見るハコベのようだけど、ハコベじゃなさそな・・・それがサワハコベでした。
そこに在り続けるもの、それに 「気付く」 と「気付かない」 の差なんて、きっと紙一重なんでしょうな。
「目がいいと人生は愉しい」 なんて、マスターキートンの科白を思い出したりしてw

>KOH16さん
そうそう、どうしても園芸モノは人為的・人工的に感じられてしまう部分が俺にもあります。
綺麗なのはわかるんですけどね、なんていうんだろう? 居心地が悪くなるような?
写真の撮り方、思いの寄せ方は人それぞれなんでしょうね。
美しい画は人から見せてもらえるだけで十分なんです、俺の場合。
自分にできる撮り方・残し方があるんだってこと、気付いたのはごく最近なんです。
なんてね、カメラ歴5ヶ月の俺が何言ってるのやら ┐(´~`)┌

>かげさん
あ! それそれ!
ノウルシ、ですね~。
調べると、なんとも不思議な草のようで。
場所によっては絶滅危惧種!? 信じられん、あっちゃこっちゃに生えてるのに・・・。
ちなみに今日見たら、葉はすでにてっぺんまで濃い緑になってました。
雌花は別なんですか、かき分け探してみればよかったな。

>fumiQさん
いやむしろ、俺に教えてクダサイw
つねづねfumiQさんの真似っこして素敵な写真を撮りたいと思ってるんですがね。
そんで、毎回美しい写真をみるたび俺もとチャレンジしてみるんですがね。
どうやらヒトには得手不得手というものがあるようなんですよ (←もっと早く気付けよ俺)。
だもんで、好きなよーに撮ろうかとw
こないだホムセンに行ったら、なんですかねあのバラモドキの数々は。
おかげで花の種類も名前も一向に覚えられません、似たモンばっかで・・・。

>tu4477さん
そ、そんなにオダテないでくださいよ、いや~照れるなぁw
秋田を飛び出して、結局Uターンして、おそらくこの先一生この土地を離れないでしょう。
正直、あまり秋田という土地柄は好きにはなれないのです。
けど、この自然があるから、まだまだいろんな生き物が棲める環境があるから、彼らに混じって俺はここに居ることが出来ます。
せめてそこに棲んでるヤツラのこと、知りたいじゃないですか。
ヒトのわけワカラン活動をよそに、こんなに小さくともここで根を張って生きてる姿、それを見たい識りたい、ただそれだけなんです。
残念ながら俺はそれを写真ではうまく伝えられないことが多くてチト悔しかったりもしますが、
tu4477さんのブログや写真を見て、それをスッゲー面白れー!と興味深く思うこと毎回、さらに自分も精進を誓うこと毎回です。
俺的にはtu4477さんの方針・志向、変えないで欲しいなぁ^^
なんで、リンク、こちらからもお願いします、というか俺にもさせて下さい m(__)m

あ、トウダイグサの仲間は雌雄同株ですよ~
5枚目の写真で花のようなのが杯状花序で、中に雄花数個と雌花1個が入っています。
しばらくすると花序から丸い子房が飛び出てきますよ~

>かげさん
え、そうするとピョンと飛び出たオシベ、あれの下に見えないけど雄花の花びらがあって、
そのほかに雌花も隠れてるってことなんでしょか。
あの小さなカップに、そんな秘密がw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/300-f6183f69

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング