FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

合流点で、変なものを目にしました。


070602 揺籃1     070602 揺籃2

  左はヤナギか何かに付いてた奴、右は野イバラか何かに付いてたのです。
  これってもしかして・・・そうだ、あれがいるに違いない!


070602 オトシブミの仲間1

  いました。
  オトシブミ (の、仲間) です。
  噂には聞いてたけど、実際に見るのは初めてです。
  こんなにちっこかったとはなぁ。


070602 オトシブミの仲間2

  しばらく見てると、葉を切り始めました。
  揺籃の作成開始です。
  まずは葉の片側を切り、


070602 オトシブミの仲間3

  次に反対側に回り、


070602 オトシブミの仲間4

  同じく切ります。

  途中で何を思ったのか、


070602 オトシブミの仲間5

  先に切ってたところに戻り、微調整してます。

両側とも中央の太い葉脈まで切ったあと、今度はその葉脈自体を齧ってました。
きっと葉を弱らせてるんでしょう。
気が短い俺は、遅々として進まない作業に飽きたので、
別の連中を探すことにしました。


070602 オトシブミの仲間6

  その、別の連中です。
  先ほどのヤツよりも、作業が進んでいます。
  2匹いるけど、共同作業なのかな。
  
一個の揺籃を作るのに、どれくらいの時間がかかるんだろう?
それほどヒマじゃない俺は、最後まで確認できませんでした。

それから一夜明けて、日曜日の朝。

070603 揺籃作りかけ?

  前日の夕方、葉を切ってるところを見て終わったやつ。
  翌日の様子がこれです。
  作りかけ? まさかこれで終わりじゃないよね。
  突貫工事じゃないんだなぁ。


以下、牛柄的備忘録。
こやつらを観察してるときのことです。
ちょうどそこは梵字川の川岸だったんですが、
水面を跳ねて潜る何かの姿が目に入りました。
カルガモがいましたが、そいつではありません。
カイツブリも棲んでますが、潜り方が違います。
マスもいますが、明らかに捕虫ジャンプではありません。
例えていうなら、プールの中にいて、そこから水中に潜ろうとするときに
床をちょっと蹴ってジャンプする、そうして潜る
そんな感じです。
印象としては、ケモノのような感じでした。
・・・・・あれは一体、何だったんだろう?
スポンサーサイト



コメント

オトシブミって体で大きさはかったりして器用に作りますよね。
いつも感心しますよ。
先日の観察会でエゴノツルクビオトシブミを見ることができました。
写真を撮れなかったのが残念です。

カッパw 河童さん。
いきなし しょうもない事を書いてるなぁ。
オトシブミの揺りかごって切り落とす種類もいるし 葉にくっついたままのもいるから それはそれでもぉオッケって思ったものでは!?
あーでもいいなー 葉を切ってる所を見れるなんて しかもそいつをスルーしても他にも見つかるとは! 羨ましいけど 凄い時間がかかってるんでしょうね。

オモちゃんが帰ってきたんだ!
住所変更で「梵ちゃん」がふさわしいかな。^^
そーか、冬が終わっても北に帰らなかったのかぁ~。(笑)
オトシブミの作業、TVで見たことはあるんですが、
実際は、相当時間がかかっているんですね~。
直線で切るのが上手いなぁ~。

>かげさん
え、そんな器用なことしてるんですか、オトシブミってヤツは。
言われてみれば無計画に作れるもんじゃないですもんね、こんな米俵のような揺籃。
虫もいろいろ知恵を絞るんだなぁ。
エゴノツルクビオトシブミ、画像検索してみました。
なんだあの首はw

>florさん
河童ですかw
俺はもしかして先週見た青黒い素早い生き物かな?と想像してみたんですが。
どっちにしろ、プチUMAですよね。
オトシブミの作業、見てたのは20分くらいかなぁ。
俺にとっちゃ、それくらいが限度ですね、黙って見てられるのは。
あちこちに揺籃があったんで、それなりの数がいるに違いないと踏んだんですよ。
勝ち目の無いギャンブルはいたしませんw

>fumiQさん
Σ(゚Д゚) ぼ、梵ちゃんですか。
アザラシなら面白いけど、そのネーミングは・・・w
オトシブミの作業、TVで見たんですか。
あれ撮ってる人、そうとう根気強そうですね。 あ、定点カメラかな。
ああいうふうに葉を切ってくのって、結構大変だと思うんですよ、アゴに対して直角だし。
しかも綺麗に線を引いたように切るんだもんなぁ カンシン。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/318-b350e609

オトシブミオトシブミは一般にオトシブミ科の昆虫の総称、または、チョッキリを除くオトシブミ科の昆虫の総称。産卵の時に広葉樹の葉で卵を包む習性があることで有名である。種類によって包み方は異なり、チョッキリと呼ばれる仲間は包み方が雑だと言われている。名前は、江

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング