FC2ブログ

野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

日曜日。
天気予報とは全く正反対の、いいお天気。
気温もぐんぐん高くなっていく中、梵字川の土手を歩いていると。


070610 猛禽1

  何気なく上空を見やると、タカの姿が。
  見つけたときはそれほど高度がなかったけど
  それまでマクロにして虫を撮ってたせいで、
  カメラを急遽望遠にしても間に合わず。
  どんどん上昇していくタカは、待ってくれちゃいない。
  何とか捉えてみたけれど・・・・。


070610 猛禽2

  見上げてると、空中で停止してたりする。
  糸で釣ってるんじゃないか、というくらい。
  あとで写真を見て驚いた。
  これは別の写真、かなりの上空にいたもの (肉眼ではかすかな点にしか見えない) を
  超拡大 & トリミングしたやつだけど。
  あんな高みから地の一点を見下ろしてるようだ。
  タカの眼って、すごいんだな。


070610 ミサゴ1

  散策の途中、じいさんばあさんの墓に寄ったとき。
  またしても何気に上空を見やると、ミサゴ
  でっけー! トビかそれ以上にでかい。
  
  ミサゴって、見つかるとじつは撮りやすいんじゃなかろかと。
   (まぁ俺の写真の拙さはさておいて  _| ̄|○  )
  トビのように旋回して空中で待つのではなく、
  固定されたように一点停止状態、移動なく宙に浮かんでたりする。
  羽ばたきも前進するためではなく、浮揚状態を維持するためのようなもの。
  よく宙に浮いてられるな。


070610 ミサゴ2

  ちょっと影になってしまいましたが。
  それにしても、翼がでかくて長い。
  とっても見ごたえのある猛禽です。


このミサゴ、山からやってきて、岩見川の方へと去っていきました。
出勤途中だったのかな。
スポンサーサイト



コメント

こんにちはです。
鳥すごいです。ミサゴって初めてお目にかかりました、トビより大きいなんてねーー
虫も知らないものがおおいです。関心しました。すばらしいです。

牛柄さんちの周りは もうずっとミサゴが出没してるんじゃない? その辺りで営巣ってするの!?
写真でもわかりました、翼が大きいの。
飛ぶのが上手な鳥なんだねー
怖いね、遥か上空からじーっと見つめてる姿。
ぞーっとしますよ(狩られる方ならね)
一度、猛禽になってみたいなと妄想。

猛禽の飛び方ってやっぱ違いますよね~
浮いた状態で獲物を探すんですかね。
ホバリングよりも探せる確率が高そう・・・

またしても・・・

私もホバリングのこと書こうと思ってたんだけど・・・
最近、かげさんのコメントと完全にカブってしまいます・・・。

猛禽の写真撮れるなんてすごいなー。
私も望遠レンズ買ったけど、
現場には持って行きたくないし、
全く使ってません・・・ぐすん。

ミサゴの出勤かぁ~。ネクタイ姿を想像してしまいました。^^
出勤といえるかどうかは不明ですが、
毎日同じ周回ルートがあるのかも。
牛柄さんの近くは生き物が豊富だから、軽く回るだけで満腹になりそうですね。
タカは、牛柄さんを狙っていたのかも!?っと思いましたが、
違う所を見ているようで、一安心です。

最初のノスリとか次のミサゴ、このあたりの猛禽はよくホバリングをしますね。
チョウゲンボウのホバを撮った動画を見たことがあるんですが、驚きました。
カメラを固定して撮ってるはずなのに、頭が全く動かないんですよ。上下にも左右にも。
そりゃ羽ばたくたびに揺れていたら獲物も見つけられないわけですけど。
あれは感動モノですよ。

ミサゴの飛翔姿は堂々としていてカッコイイですね。
結構近くまで寄ってくれる猛禽です。

ミサゴ。
初めて聞く鳥の名前です。
ネットで調べてみると以外に有名な奴だったのですね。
あの長い翼でホバリングする姿、見てみたいです。

 またミサゴにあったんですね。うらやましいです。かっこいいでしょうね。
 いつまでもここに居て欲しいですね。

>natutubakiさん
いらっしゃいませ、どもです。
意外と皆さん気付かないだけで、大空にはいろんな鳥が飛んでるものですよね。
今まで見過ごしてきてたものを再発見するのって、面白いんですよ、虫にしても。
きっとnatutubakiさんの身近にも様々な生き物がいらっしゃるハズ^^

>florさん
たぶんね、ミサゴはこの辺のどっかに定住してるんでしょうな。
どこら辺で営巣してるかは、ノスリのようにはまだ検討が付かないですけど。
はるか高みから見た地上の様子、タカの眼にはどう映ってるんでしょうね。
下から見てても、あの高さにありながら確実にある一点を見てるってのが判るんですよ。
飛行機から下を見るのとは大違いなんだろなぁ。

>かげさん
姿かたちではなく、もはや飛び方で猛禽と判ってしまいますからね、彼らは。
あの宙に浮いた様子、実際に見てもらいたいものです。
こういうときはビデオとか動画が欲しくなるよなぁ。
まあ、動画で撮っても、静止画のような状態で浮いてる画になりますけどねw

>白あずきさん
カモメやトビのホバリングとは全く違う感じでしたよ。
とても不思議な光景でした。
一眼の望遠、持って歩くには大変そうですね。
一体で何でも撮りたい俺には無理そうです^^;
でも、白あずきさんの環境 (お仕事?) だと、じつはその望遠がすっごく活躍できそう。
ぜひ鳥さんも覚えてUPを!

>fumiQさん
いや、ネクタイの似合いそうな鳥ですよ、ミサゴさん。
なんていうか、白と黒のすっきりとした体型だしw
出勤というか周回というか、確かに同じようなルートで見かけますから、狙ってればいいシーンが撮れるかも?
確かに岩見川上空で急降下をかけてる、
で、途中でやめるなんて場面を何度か見てますから。
・・・粘り強くない俺には、撮るのはムリポ

>kimさん
あ、あれはノスリでしたか。
低空にあったときはそれっぽい印象があったんだけど、
早くカメラ切り替えしなくちゃと視線をそらした隙に、
あっという間に上空へ行っちゃったんで、確信持てずじまいでした。
あとから写真を見ても、・・・? ってな感じで^^;
動画なのに静止画状態、これ今回、よく解りました。
うまく言葉では表現できない感動ですよね。
ミサゴには冬場にかなり近い距離で会ったので (襲われるかとw)
見つけるたびイイ画を期待してしまいます、姿もカッコイイし^^

>dada042さん
ぜひお会いして欲しい猛禽ですよ。
あの翼、あの姿、ちょっと他の猛禽にはない優雅さというか、スマートさ余裕さが素敵です。
こんなのも いかがですか?
  http://usigara751.blog74.fc2.com/blog-entry-246.html

>tu4477さん
カッコイイでしたよ。
こんな鳥が大空を飛んでいる、それを見ることができるなんて、
俺ってなんてイイ所に住んでるんだろう、ってね。
トビのように見慣れた親しみではないけど、すっかり憧れの対象となってしまいました^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/326-240db802

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング