野歩記・・・and so on.

牛柄的、野歩き。そこに在る生き物たちとの出会いと、彼らのありのままの姿を。・・・&その他もろもろ備忘録^^;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ何週間かの散策で、どうしても通り抜けられないルートがあった。
梵字川と線路とが交差するところの、土手道を下りて鉄橋の下をくぐるケモノミチだ。
滅多に人が歩かないので、草ボーボー。
ここを通れば合流点に近い。
そして俺は、合流点の様子が久しぶりに見たい。
どうしたものか・・・・・。
何が出るか分からないヤヴァげな道を切り開くより、
いっそ線路を乗り越えて行こうかな。
そう思った俺は、土手道から少し高くなった線路へと登ってみた。

うーん、ちょっとした高台、見晴らしがいい。
と、そのときだった。
目の前、それこそ5mほど視界の先の宙を、褐色の大きな物体が横切った。
そして、鉄道架線の電柱へと留まる。

初め、それが何だか判らなかった。
飛んでる大きさは、カラスくらい。
斑入りの白っぽい褐色。
妙にシャープな飛び姿。
だが、逆光の中でも、留まったそいつは異彩を放っていた。
  


070826 オオタカ

  オオタカだ。
  冬に見た、寒さに耐えた体格も、夏場の今はよりスマート。
  そのせいか、また違った精悍さが格好いい。
  まさか、目の前に飛んでくるとはなぁ。
   (画像はクリックすると、今回珍しく巨大化します)


じつは、ここはちょうど電線ホオジロの縄張り。
周りをうろちょろとホオジロが 「俺の場所!」 とばかりに飛び回っていた。
・・・・・天敵じゃないのか?
そんな強心臓なホオジロなんかに目もくれず、
その後オオタカは悠々と、梵字川対岸の山の方へと去っていきました。
  


さて、そのご俺はどうしたかというと。
結局、線路越えはせず、土手道を下りて藪のなかを漕ぎ、
鉄橋をくぐって合流点側へと抜けました。

合流点の藪の凄さは相変わらず。
と思ったら、その藪を切り開いて誰かが一本道を作っていた。
釣り人かな?
とりあえずその道を進み、出たのは岩見川の川岸。


070826 カルガモ

  久しぶりに見た岩見川は、増水中。
  遠くでカルガモグループがのんびりと泳いでました。



070826 アオサギ1

  散策の帰り道、高速下の柵にアオサギ
  ゲリラのように遮蔽物に隠れながら、そっと近づく。
  しめしめ、俺は風下、いつも以上に近づけたぞ。


070826 アオサギ2

  と思ったら、やっぱり目ざといアオサギさん。
  その気の小ささは何とかならんのかね。


070826 アオサギ3

  飛んでいった先には、高速道路。
  目の前にその巨体が現れたら、ドライバーがびっくりするだろ。
  ったく、アブねーなぁ。


暑さもひと段落、というかすっかり涼しくなってしまったせいかな。
そろそろ鳥さん復活です (多分)。
秋が深まるにつれ、今度はどんな鳥が姿を見せてくれるんだろう?
スポンサーサイト

コメント

オオタカだ~
先日、オオタカを見たのですが、あれよあれよという間に空高く行ってしまいました。
この時期は草が生い茂って、河川敷なんか壁と化していますよね。
サギの仲間はあっという間に逃げますよね~

皆既月食は見れませんでした、なんか雷なっているし(T_T)

こんこん。
お久しぶり^^/ ただいまです。まとめ読みしていますが、どの記事も面白いなぁ。なんとかキジラミだっけ あの顔面白いなぁ。見てみたいです。 
今から布団3枚ワロタ..冬を越せるのか!?(笑)
鳥、人間の作ったものも一緒に写ってるでしょ。身近にいることがよくわかって 何時物音ながら羨ましい環境ですよ。最後の写真好きだな。最近 鳥海山行ってみたいなぁと思うけど..きっと登れない...海水の張ったルートが有ったら泳ぐんだけどな(阿呆か)
そうそう私はムラサキサギだっけな、紫のサギを(カメラを持ってない時に)見ましたよ~ 微妙に綺麗な色でした。

>かげさん
ええ、オオタカですよ。
冬に出会って以来、次はいつかいつかと待ち望んでた出会いでした。
ここに棲むのは恐らく森林型、ちょっと電柱が似合いませんけどね^^;
散策から帰るたび、今度は鎌持参で行こうかなとも思うんですが、まぁ、身ひとつで切り拓いてますw
あ、そちらは雨だたんですか? せっかくの天体ショーだったのに・・・。

>florさん
お、おっ帰り~!
ベニキジラミ、florさんなら気に入ると思ったw
こちらは朝晩、そーとー涼しく(寒く?)なってますよ、日中はそれなりだけど。
鳥海山なら、麓までは海から行けます、なんせ海から一気に頂上まで駆け上がる稜線だから。
って、海からがキツイってか^^;
人工物と野生の生き物、思えば妙な取り合わせですよね。
ここまできたら、上手く折り合いをつけてやってくしかないんだろなぁ。
ムラサギサギって、画像検索してみたら・・・色違いのアオサギ!?
いや、貴重な鳥さんじゃないですか、いいなぁ。

ご無沙汰です。

オオタカいいですね~。
私もよく見かけるのですが、止まってる姿はなかなか見れないです。
大体は森の上を飛んでる姿のみ。
一度近くで見てみたいものです。

秋は渡りの時期なので、面白い鳥が見られるかもしれませんよ。
写真期待してます。

まだオオタカ見たことないんですよ。
近くで見たら、その存在感に圧倒されるんでしょうね~。
ファインダー越しに睨まれてもドキドキするんだろうなぁ~。^^
動物園で見たハヤブサはあんまり恐くなかったです。
(檻の中だし。^^)
アオサギさんって、近くを車や自転車で通っても逃げないのに、
人が歩いて近づくと絶対飛び去りますよね!
しかも、いつも同じような距離を保ちながら去っていくような気がします。
きっとドキドキしながらこちらを見ているんでしょうね。(笑)

>kimさん
お、ご無沙汰でしたな、帰ってきたんか、夏休みは終わったんかなー?
オオタカ、俺はまだ2回目だけど、なかなか舞っている様子を拝見できません。
というか、飛んでたら、未熟な俺はそれと判らないかも?
オオタカもいいですけど、前にkimさんとこで見たクマタカ、あれも見てみたいなぁ^^
どうでしょう、今年は秋が早いかな? 渡りの鳥さん、寄り道でいいから面白いのを見つけてみたいですね。

>fumiQさん
夏場のオオタカさん、冬に見たのとはまた違う眼光の鋭さでしたよ。
射すような、というのが身を持ってわかる感じです。
阿蘇の山頂付近だと、サシバとかいないかなぁ、あれもカッコイイですよね。
アオサギの危険/大丈夫距離って、ゼッタイあると思うw
確かに車ビュンビュン通る道路脇とかにはへーきでいるのに・・・ヒトの目 (視線?) がダメなんでしょうかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://usigara751.blog74.fc2.com/tb.php/404-099fa3e3

牛柄

Author:牛柄
生息地:秋田
スローライフを満喫したい
若年寄。

小さい画像は概ねクリックすると大きくなります

記事内の生き物など種類・名称は頑張って同定していますが、専門家じゃないので間違ってるのもあるやもしれません。 お気付きの点などがありましたら、ゼヒゼヒご一報ご指摘ください。 宜しくお願いします。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

ファイト一発!

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。